彼の行動がどうしても我慢できなくて別れ、その後別の人と付き合うことになったけど、やっぱり元カレのほうが良かった・・。そんな経験ありませんか?

人は失って初めて今の幸せに気付くものです。そのため、彼氏の良さや優しさに別れてから気付かされることもよくあります。しかし、自分から別れを切り出しておきながら、もう一度やり直したいというのは虫が良すぎる話です。

簡単には元カレも許してくれないだろうし、どうしたものか・・。

そこで今回は元カレと復縁するための方法を5つ紹介していきたいと思います。忘れられない彼氏がいるそこのあなた!必見ですよ。

スポンサーリンク

1.いきなり復縁の話をしてはいけない

元カレと復縁したい場合、絶対に守らなければならないことがあります。それは焦らないことです。いきなり復縁しようと言われたとしても、相手には相手の事情がありますし、気持ちもすぐ復縁しようとは思わないものです。

あなたが復縁したいという気持ちになっていたとしても、相手もそうだとは限りません。まずは相手が復縁しても良いという気持ちになるまで待つか、その気持ちがあるのかどうかを確かめなければなりません。

そのため、ひさしぶりに連絡を取ったとしても、いきなり復縁しようなどと言ってはいけません。お互いの近況を話し、友達付き合いとして一から始めるようにしましょう。

明らかに相手にも復縁をしたいという気持ちがあるのであれば、そこで話を切り出しても構いませんが、それはかなりリスクがある行為です。

一度復縁を申し込んで断られると相手の気持ちが離れてしまうばかりか、友達として会ったり連絡を取ることもしづらくなります。場合によっては、相手に完全に拒否される可能性もあるので注意してください。

2.印象をガラリと変える

元カレと復縁したい場合、連絡を取り合って久しぶりに会うことになると思います。このとき、前付き合っていたときとは違うあなたの魅力を、相手に感じさせるようにしたほうが良いです。

なぜなら、相手は振られているわけですので、少なからずあなたに対して恨みのようなものがあるはずです。さらに元カノである、あなたのことをよく知っているはずですから、ひさしぶりにあっても既視感を覚えてしまいます。

それはそれでプラスに働くこともあるのですが、そこに何か新鮮な感情があれば、相手は懐かしさと新しさの両方を感じることになるため、今までのイメージが一新して、再度あなたに恋をする可能性が高くなるのです。

印象を変えるために一番大切なのは髪形です。できるだけ、元カレと付き合っていたときと印象に差がある髪型を選ぶようにしましょう。そして、服装も大事です。しかし、できれば清楚な服装が良いので、前からそのような服装を着ていたという人は無理に変える必要もありません。

3.定期的に連絡を取っておく

元カレに復縁を求める前に、定期的に連絡を取っておくことも大事なことです。復縁を焦って迫ってはいけない!と先程紹介しましたが、その後は定期的に連絡を取って、相手の気持ちや彼女の有無などを確認することが重要になってくるのです。

この時には自分が復縁をしたいということを、相手に勘付かれないように注意しましょう。それが伝わってしまうと、相手は自分から振ったくせに・・と嫌悪感を覚え、拒絶してしまうかもしれません。

連絡を取る中で様々な話をすることになると思いますが、その際にはできるだけ付き合っていたときの良い思い出を話すようにしましょう。そうすることで相手も昔を思い出し、あなたへの好意を思い出すことになります。

4.後悔をちゃんと言葉にする

元カレと長く連絡を取っていく中で相手に恋人がおらず、まだ自分に多少の好意を持ってくれているということがわかったら、決行の時です。実際に自分の想いを言葉にして、復縁を望んでいることを伝えましょう。

ただし、このときに重要なことがあります。それは落とし前をつけるということです。落とし前というと何か怖い感じがしますが、そのようなことではなく、しっかりと筋を通すという意味です。

この場合における筋の通し方は謝罪です。以前自分から振ってしまったことを謝り、どうかしていた!と自分の非を認めましょう。そのことを本当に後悔している、と相手に伝えてください。そうすれば、相手も冷静な判断ができるようになります。

逆にこのような筋を通さず復縁を申し込んでしまった場合、相手には怒りが沸いてきます。特に男性の中には、筋を通すということに関して厳しい人が多いです。

何の謝罪も後悔の言葉もなく、自分の気持ちだけを相手に押し付けるような行為は、フラれた男性にしてみれば受け入れがたいでしょう。復縁の意志を伝える前には、必ず謝罪をするようにしましょう。

5.男は引き止めたくなる生物であることを利用する

復縁を申し出る際には、男性特有の引き止めたくなる原理を利用しても良いです。引き止めたくなる原理とは、言ってみれば男性の男気のことです。男性はある状況におかれると、格好つけたくなってしまう生物なのです。

例えば、告白をする際に女性側が「私なんて可愛くないし気も利かないから、どうせ無理だよね。ごめんね。聞かなかったことにして・・」と言ったとします。すると、男性は「ちょっと待って!」と思わず言ってしまいます。これが男気であり、引き止めたくなる原理です。

そのため、復縁を申し込む際にも謝罪をしてから好意を伝え、自分を卑下してから離れる、という流れを踏めば、男性は思わず「ちょっと待って!」と言いたくなってしまいます。

もちろん絶対にうまく行くとは限らないですし、やり方を間違うとあざとさを見抜かれてしまう危険性もあります。しかし、このような気質がある男性には高い効果を発揮するでしょう。元カレがそのようなタイプなら、試してみることを検討してみてください。

復縁のための道のりは罪滅ぼし

復縁を成功させる方法を紹介してきましたが、基本的に自分から振った場合は女性側に非があります。そのため、復縁を成功させるための道のりは、罪滅ぼしという感覚で行うべきです。

場合によっては、復縁は普通に付き合うよりも難しいことです。そのため、作戦を立ててゆっくりと実行していく必要があります。決して焦らないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

今すぐ元彼の本音を知りたくない?

復縁するためには客観的な第三者のアドバイスが必要です。あなたは一人で暴走して撃沈する?それとも、復縁相談のスペシャリストに元彼の本音を予測してもらう?

まだ元彼を諦めてないなら、今すぐレビューを確認しよう!