あなたは運命の人の存在を信じているでしょうか?なんとなく運命の人の存在を信じている人もいれば、そんなものは実在しないと決めつけて、現実の妥協点を探している人もいるでしょう。

しかし、運命の人は必ずいます。そして運命の人に出会う方法もあるのです。今回は素敵な結婚をしたい女性のために、運命の人かどうか見極めるポイントを6つ紹介します。

それができるようになることが、運命の人に出会う近道です。幸せな結婚がしたい方は、この方法をぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

1.劇的な出会いが運命の人の条件ではない

必ずしも劇的に相手に一目惚れをするだけが、運命の人との出会いではありません。むしろ一目惚れで付き合ったカップルは、別れる可能性も高いでしょう。

相手のことを全然よく知らないまま、直感や第一印象に頼って相手を選んでしまったのですから、その結果は当然と言えます。

運命の人はドラマチックな出会いがあって二人が結ばれると考えがちですが、何年も友達付き合いをしていた人が運命の相手である可能性もあります。また、何年か付き合ってはじめて運命の人だとわかることもあります。

うまくいっている夫婦に二人が出会った頃の話を聞いてみると、意外にお互いに冷静な気持ちで相手を見ていたりします。「初めて相手の目を見た瞬間からドキドキしていた」なんてことは少ないのです。むしろ自然に二人の距離が縮まっていったほうが、夫婦になってもうまくいきます。

あまりにも映画やドラマに影響され過ぎて、身近な運命の人を逃さないように気を付けてください。

2.運命の人でも何かしらのトラブルは発生する

運命の人と付き合うことができたのならば、あるいは結婚することができたのならば、まったくトラブルを抱えることはないのでしょうか?

パートナーと一緒にいて問題に直面するたびに、「もっと自分に合う人なら良かった・・」と思うことがあるかもしれません。しかし、そんな相手は絶対にいません。

「運命の人」=「一緒にいてトラブルがない人」ではないのです。たとえ相手が運命の人だったとしても、二人の間にトラブルが発生しないなんてことは絶対にありません。

問題に直面することで、二人の関係はより良いものに成長していきます。問題が起こらない二人の関係ならば、なんの成長も起こらないでしょう。

例え相手が運命の人だったとしても、トラブルは起こります。むしろ、何か問題が起きたときに、その人が運命の人なのかどうかが問われるのです。

3.花嫁修業をして白馬の王子さまを待っていても現れない

「私が一生懸命に花嫁修業をして、自分磨きをしていたら、運命の人が迎えに来てくれるはずだわ♡」そう考えて、ひたすら相手を待ってはいませんか?

女性なら誰しもシンデレラストーリーに憧れます。しかし、白馬の王子さまは、向こうからやってくることはありません。ただ待っているだけはダメなのです。

特に現在では、草食系男子と言われるくらい男性が消極的になっている時代です。女性自ら動き出さないと、運命の人には出会えませんよ!

4.運命の人を見つけるためには、結婚につながる恋愛をしなければならない

運命の人を見つけるためには、結婚につながる恋愛をすることが必要です。これは、どんどん恋愛をして経験を積んでいったら良いという意味ではありません。むしろ恋愛経験の数は重要ではありません。結婚につながる恋愛をしているかどうかが大切なのです。

「とりあえず恋愛を楽しみたい、結婚はあとでいい」そう考えているのなら、結婚につながる恋愛をすることはできないでしょう。たとえ運命の人と出会ったとしても、大切な結婚の機会を逃してしまうかもしれません。

また、自分は結婚についても考えているけれど、相手は全然考えてくれていない・・ということもあるかもしれません。一般的に男性は結婚について考え始める時期が女性より遅いので、こういうことはよく起こりえます。

そういう時は、女性からパートナーに真剣に将来のことを考えてくれるように言ったほうがいいでしょう。そのとき「あとでね」と曖昧にして、真剣に考えてくれないのなら、その男性との今後の関係を考えたほうが良いでしょう。

5.偽物に騙されない!男を見る目を養う

運命の人と結婚するためには、その人を見定める目を養う必要があります。ダメな男性ほど好きになってしまう女性は注意してください。今まではダメ男のネタが増えた程度ですみましたが、結婚したら取り返しがつきませんよ。

一生一緒にいるパートナーを探すのなら、ダメ男は絶対に避けるための男を見る目が必須なのです。

  • 単にかっこつけているだけの男性
  • 恋愛を遊びだと思っている男性
  • 女性をアクセサリーのように思っている男性
  • 口だけはいいことを言うけれど、全然実行しない男性

一見運命の人に見えても「偽物」な男性はたくさんいます。しかし、こういう人に限って女の人を口説くテクニックだけはあったりします。今までのように甘い言葉で騙されないように、男を見る目を養ってください。

6.年収は参考程度に!真実を見極めよう

男の人を見極めるために必要なことは、相手のうわべには騙されないということです。

  • 相手がイケメンかどうか?
  • どんな仕事をしているか?
  • どれくらいの年収があるか?
  • どんな趣味を持っているか?

このようなうわべだけの条件を見るのはやめましょう。それらは参考程度にはなるかもしれませんが、あなたが一生一緒にいる人を決めるために必要な条件ではないはずです。

パートナーを選ぶときに絶対にこれだけは譲れない!という条件があることは良いことですが、「誠実な人」であるとか、「家庭を大切にしてくれる人」であるとか、人格的な条件を設定するべきです。うわべに騙されてしまっては、理想とのギャップに後悔することになります。

そんなことをいつまでも繰り返していては、運命の人に出会うことはできないでしょう。

運命な人と結婚するために、真実を見極めるようになろう

運命の人は必ずいます。でもそれは必ずしも劇的な出会いをする人とは限りません。それに自分磨きを頑張って待っていたら、白馬の王子様が迎えに来てくれるわけでもありません。自分から積極的に動くことも時には必要でしょう。

また、運命の人と幸せな結婚をするためには、結婚につながるような恋愛をしていく必要があります。ただし、偽物には騙されないように気を付けてください。

これらのことを理解して、その人のうわべだけの条件ではなく、冷静に人格を見て判断できれば、きっと運命の人と幸せな結婚をすることができるでしょう。

スポンサーリンク