レストランでメニューを持ったまま固まり続ける男性。注文をとりに来たウェイトレスもイライラしだしてしまうほど、メニューとにらめっこを続けてしまう・・。そう、優柔不断な男の日常的な行動です。このような男性は何を決めるのにも時間がかかってしまいます。

それが小さなことであれば良いですが、結婚のような重大なシーンにおいても優柔不断が発揮されてしまえば、女性としては困り果ててしまいます。そして実際に優柔不断な男は、なかなかプロポーズの決断をしてくれないものです。

そこで今回は優柔不断な男の心理を紐解き、プロポーズをさせるための方法を紹介していきたいと思います。なかなかプロポーズしてくれない優柔不断な彼氏に、イライラしている女性必見です。

スポンサーリンク

1.メリットを刷り込む

優柔不断な男と言っても、その中身は様々です。なかでも多いのが、自分の行動に対してとにかく慎重なタイプで、失敗を恐れるあまり決断をするのに時間がかかってしまうタイプの男性です。

慎重な男性は、得てして頭が良いものです。確実な判断をするため、仕事においては堅実で、着実に結果を出して出世するでしょう。しかし、女性としては少し物足りなさを感じてしまうことも多いです。

このようなタイプの男性にプロポーズをさせるためには、あなたと結婚することで発生するメリットを実感させることが大事です。そのため女性は、家事や料理などを行い、男性にメリットをさりげなくアピールするようにしましょう。

男性がメリットが大きいという考えを時間をかけた末に導き出せれば、プロポーズをしようと決断するでしょう。

2.プレッシャーの解放と自信の底上げ

自分に自信が無いことが、優柔不断という性格に繋がっている男性も多いです。自分の決断がどうしても正しいと思えないために、決断力がなくなってしまうのです。

このような男性に対しては、多くを望まないということが大切です。なぜならこのような男性は、収入や気遣い、父親としての資格、ということにこだわります。そして、自分はそれほど立派ではないと思い込み、結婚はできない・・という結論を出してしまうのです。

そのため女性は普段から男性に対して、プレッシャーの解放と自信の底上げを狙う言葉をかけてあげる事が大切になります。

「あなたと結婚できるのであれば、それだけで良い」という言葉はプレッシャーを取り除き、「結婚してから父親としての資格は出てくるものだよ」という言葉は自信を植え付けることができます。

植物を育てるようなやり方ですが、このタイプの男性には、このようなやり方が一番効果的です。

3.彼氏の友達が結婚したタイミングを狙う

優柔不断な男性の中には、人が決断をしてくれないと自分も決断できない、という男性が存在します。そのような男性は、赤信号をみんなで渡れば怖くない!というタイプの人間であり、あまり自我というものが存在しません。

みんながそうしているのであれば自分もそうしよう、と決断する人間ですので、プロポーズをしてもらうためには、環境の変化が大切になってきます。

はっきり言ってこのような男性に対しては、女性からできることはあまりありません。しかし、唯一できることがあるとすれば、彼氏の友人が結婚したタイミングなどで、過剰なほど結婚の話をするということです。

彼氏の友達が結婚をしたのであれば、その影響を優柔不断な彼氏も少なからず受けることになります。そのタイミングで結婚の話をすれば、「ならば自分も!」と彼氏は乗ってくるのです。

4.普段から相手に決断をさせる

優柔不断な男性の性格は、生い立ちによって形成された性格である可能性もあります。つまりは、幼い頃から大事なことは両親や教師などが決断し、そのレールに乗って生きてきた男性のため、優柔不断になってしまった可能性が高いのです。

このような男性は、経験が少ないだけの人です。決断をすることに慣れていけば、優柔不断な性格が変わり、プロポーズも自分の意思で行うようになります。

そのため、普段から彼氏に様々なことを決断させるようにしましょう。どこにデートに行くのか?どのホテルに泊まるのか?明日は何時から会うのか?ということを彼氏に決めさせれば、徐々に性格は変わっていきます。

最初は時間がかかるのでイライラしてしまうかもしれませんが、リハビリだと思って我慢しましょう。

5.勝手に話を進めてしまう

無気力ゆえの優柔不断、という男性も存在します。何事においてもやる気がなく、休みの日は一日中家の中にいる、というタイプの人です。このような人は結婚を面倒だと感じているため、なかなかプロポーズもしてくれません。

このような男性に対しては、勝手に話を進めてしまうと良いです。自分からは何も行動を起こさないので、「地元に行ってみたい」「兄妹に会わせて」「両親にご挨拶だけさせて」と言って、後はプロポーズをするだけという状況を作り上げてしまうのです。

そうなってしまえば、彼氏も両親からいつ結婚するのか?と急かされることになりますので、無気力な男性も行動を起こさなければならなくなります。

周りの環境を利用し、自ら背中を押すというよりは周りが彼氏の背中を押すように仕向ける、ということが大切です。

6.極端な選択を迫る

優柔不断な男性の中には、決断をすると自分の責任になってしまうという理由で、人に決断をさせるという人も存在します。このような男性は、結婚という責任も取りたくないと考えているため、なかなかプロポーズをしてくれません。

はっきり言ってどうしようもない男性です。それでも結婚したいということであれば、「時間を無駄にしたくないから、結婚してくれないなら別れる」というような、極端な選択を迫ってみましょう。

そうすれば、彼氏が慌ててプロポーズをしてくれることがあります。彼氏は別れたいわけではないので、思わず「じゃあ結婚しよう」と言ってしまうのです。

このようなプロポーズが嬉しいのか?という問題はさておき、これを実行すれば、結婚という目標を達成できる可能性が高くなります。ただし、「じゃあ別れよう」と言われてしまうリスクも忘れはいけません。むやみやたらには使わないようにしましょう。

優柔不断にも様々なタイプがある

優柔不断とは一言でいっても、様々な優柔不断な人が存在します。大切なのは、どのようなタイプなのかということを見極め、それに伴った作戦を練るということです。

タイプと作戦がズバリはまれば、今まで結婚の話から逃げていた彼氏が突然プロポーズをしてくれることもあります!まずは、彼氏がどの優柔不断のタイプなのか?ということを見極めるようにしましょう。

スポンサーリンク