職場やバイトに一人はいるタメ口を使う年下女性・・。イライラして注意しようと思っても、「空気が悪くなるかも・・」「小さい人間って思われそう・・」とストレスを押し殺している女性は少なくありません。あなたもストレスを溜めていませんか?

そんな悩める女性のために、今回は職場やバイトにいるタメ口年下女性の対処法を10個紹介します。最後まで読めば、タメ口に悩むことはなくなりますよ。

スポンサーリンク

1.ジェネレーションギャップが必ずあると認識する

生まれ育った時代背景や価値観の違いは必ずあります。ゆとり教育と呼ばれていますが教育現場も時代ごとに変化し、LINEやフェイスブックなどのSNSも年々進化しています。

相手の時代背景の理解もなしに対話しようと思ってもすれ違うだけです。タメ口年下女性も自分が生きてきて大事にしてきた価値観を持っています。

それを頭ごなしに否定して自分の生きた時代や価値観だけが正しいとは思わないようにしましょう。時代によって価値観が違うことを理解していれば、年下女性のタメ口にも冷静でいられるでしょう。

2.鈍感になる

自分がイライラする事は、相手にとっては何でもない事かもしれません。昔自分が言われた嫌なことやトラウマになってしまう程の事でも、言った相手からしたら何気ない一言であり、その人の人生には全く影響していません。

それなら気にすること自体に意味があるのでしょうか?職場は自分の人生で半分、もしくはそれ以上の時間を過ごす場所です。その時間をイライラして過ごすのはもったいない。

年下タメ口女性の言葉を一言一言気にする時間があるなら、その時間を自分の楽しい時間に使いましょう。

  • 今日は帰ったらあの映画を観よう
  • この週末はあの店のランチに行ってみよう

このような楽しいことを考えいてた方が幸せですよ。

3.イライラの対処法を持つ

イライラを抑えるコツは、すぐに心を落ち着かせる自分なりの方法を見つけることです。

  • 場所を変える。(一度トイレに行き鏡を見て笑顔になってみる)
  • おまじないを唱える。(昔観たアニメのタイトル、歌詞の一部等)
  • 呼吸法を試してみる。(3・4・3呼吸等。3秒息を吸う、4秒息を止める、3秒息を吐く)
  • 目を閉じ瞑想してみる。(呼吸をしながら周りの音を聞いてみる。年下女性の声だけでなくパソコンのキーボードの音、上司の声、車の音、水の音、いろんな音に意識を向けてみる)

このような自分なりの心を落ち着ける対処法を持っておけば、年下女性のタメ口ごときに悩まされることはなくなりますよ。

4.上司に相談する

上司にタメ口をする年下女性について相談しましょう。自分がその年下女性に注意をしても彼女の耳には入らない、もしくはうっとおしがられるだけかもしれません。

自分の仕事に差し支えるなどと理由を付けて、悩みを思い切って相談してみましょう。男性は理解してくれない人がいるかもしれませんので、できれば女性上司が良いでしょう。

その女性上司から直接彼女に注意してもらえれば、スムーズにタメ口をやめさせることができるかもしれません。自分よりずっと年上で長年会社に勤めている上司の言う事なら彼女も受け入れるはずです。

5.相手のいいところ探しをする

まずは相手を好きになってみる事から始めましょう。相手の性格の長所も短所も実は表裏一体です。短所は長所とも言い換えられるのです。

あなたの『タメ口をされて、イライラしてしまう性格』も『良識を持っていて、それに反する事をする人を見ると許せない、正義感の強い性格』とも言い換える事ができますね。ではタメ口年下女性の場合はどうでしょうか?

『タメ口を聞く生意気な後輩』→『人懐こく話しやすい後輩』

お堅い年下の後輩よりも仲良くなりやすいかもしれません。仲良くなってみれば、いいところも見つかりますよ。さらに仕事もスムーズに進んで一石二鳥です。

6.相手に興味を持つ

距離感を感じているからこそ、タメ口をされてイライラするのです。仲の良い友達なら年齢に関係なく、タメ口でワイワイしていませんか?まずは自分から壁を取り払って相手に興味を持ちましょう。

そこでおすすめなのが職場でなく、居酒屋などの会社外で話し込むことです。社内だとどうしても後輩感が強くなってしまいますからね。

飲みながら相手のことを知って距離感を縮めれば、お互いの考え方も変わるでしょう。話しやすくて頼りになる先輩だと認識されれば、自然と敬語が出始めますよ。

7.相手の「取扱説明書」を作る

  • どんな事が好きなのか?
  • どのように褒められるとやる気が出るのか?
  • 好きなお店はどこなのか?

このようなことを普段の会話から意識してメモしておきましょう。相手がどのような人間なのかを知ることは、相手を自分の思うように誘導するために必要なことです。

後輩が仕事のミスをしたときに、厳しく叱るのか?やさしくフォローするのか?後輩のタイプで使い分けますよね。それと同じように、どのようにタメ口を直させるかは、その年下女性のタイプによって変わってくるのです。

例えば、直接タメ口を注意しても効果がなさそうなタイプには、「あの○○部長は言葉にはうるさいから、社内ではもう少し敬語を使った方がいいかもね」というように、アドバイスしてあげるほうが効果的ですよ。

8.接触を増やし慣れる

『イライラさせる嫌な存在』とレッテルを貼っているなら、それはあなたの思い込みです。タメ口をする年下女性の事を愛している人は必ずいるはずです。家族や友達、結婚相手・・。

彼女にも良い部分があることを受け入れて、苦手意識を取り払う努力をしましょう。タメ口を使っている年下女性のほとんどが、嫌悪感からそうしているわけではありません。

今まで敬語を使う習慣がなかったのか、あなたに親しみを感じているかのどちらかです。そう考えれば、いちいちタメ口にイライラしなくなりますよ。

9.守ってあげたという既成事実を作る

人は自分の最も弱い部分を受け入れてもらった時に安心感を得ます。例えばタメ口をする年下女性が、上司に怒られて落ち込んでいる現場を見てしまった時がチャンスです。相手を一生懸命励ましましょう。

自分の経験を交えてアドバイスしたり、飲みに連れて行ってあげたり・・。そうすれば、あなたを「頼れる先輩」と認識するでしょう。人間は守ってもらった相手には、自然と敬語がでてしまうものです。

タメ口のまま変わらなくても、そのような関係性になっていれば自然と注意ができるはずです。相手も素直に改めることでしょう。

10.憐れむ

タメ口女の話を聞くときは、右から左に流しましょう。もしくは相手が話し出したら「敬語も使えない憐れな子・・」と、自分とタメ口女の会話を第三者の視点で客観視しましょう。

冷静に考えれば、誰にも常識的なことを指摘されずにここまで生きてきたのです。もし自分がそうだったら、ぞっとしませんか?怒りからではなく、憐れみから敬語を使うように指摘してあえげれば、相手にもスムーズに伝わることでしょう。

タメ口でイライラするのは自分の問題

職場やバイトにいるタメ口年下女性の対処法を10個紹介しました。殆どのものが、相手をどうやって変えるかというものではなく、自分がどう受け止めるかというものでしたね。これはとても重要なことなのです。

年下女性のタメ口にイライラしてしまうのは相手の問題ではありません。イライラしてしまうのは、あなたの受け止め方の問題なのです。まずは、あなたの受け止め方の問題を解決することをおすすめします。

そのうえで職場での規律を損なうと感じれば、敬語を使うように『指導』しましょう。感情的になって正論を振りかざしても、殆どの場合で上手くいきません。本当の意味での『指導』ができるようになれば、相手は素直に受け入れてくれるでしょう。

 

スポンサーリンク