見栄っ張りの人とは、自分の持っているものをより良く見せようと無理をしたり偽ったりする人のことを言います。

自分の身近にこのような見栄っ張りな人がいると、もっと等身大でいれば良いのにと不思議に思うことがあるかもしれません。また、その対処に困ることもあるのではないでしょうか。

そこで今回は見栄っ張りの人の心理とその対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

1.人から認めてもらいたい

見栄っ張りの人の多くは、自分を認めてほしいという思いが強くあります。プライドが高く、負けず嫌いでもあるといえるでしょう。そのため自分をより良く見せたいという思いから見栄を張ってしまうのです。

例えば仕事での話。

  • 「パソコンは得意かい?」「はい。パソコンは上級レベルです。」
  • 「プレゼンは出来るかい?」「はい。前の会社ではプレゼンをよく褒められていました。」
  • 「お酒は強いかい?」「はい。ある程度の量をなんでも飲みます。」

上司から聞かれたことには、自分の実力以上のことを答えます。しかし、見栄を張って言っていることなので依頼されたことをこなせない結果になってしまうのです。

「できないなら言わないでよ・・」と周囲の人は思いますが、本人は認められたいがためについ言ってしまった見栄なのです。

できないことをできると言う人の対処法

プライドが高くて負けず嫌いな人は、依頼されたことにNOは言いません。なんでも「自分は出来る」と見栄を張り、引き受けてしまうのです。

このような人は褒めて伸びていくタイプです。プライドを傷つけないように、得意なことを褒めて伸ばしてあげましょう。「本当は出来ないくせに!」なんてプライドを傷つける発言はしないようにしてください。

2.自分に自信がない

野生の小さな動物は、大きな動物がくるとどのような行動に出るか知っていますか?

自分が小さいことを知っているので、なめられないように大きな声を出して威嚇するのです。自分は強いんだぞ!小さいからって負けないんだぞ!実は凄い牙を隠し持っているんだぞ・・と言わんばかりに威嚇します。

しかし、そこには本当は怖くて不安で仕方ない、自信のなさが隠れているのです。この動物の本能が人間にもあります。自分に自信がない人ほど、自分を大きく強く見せようとしてしまうのです。そのため、見栄っ張りな言動をしてしまうのです。

虚勢を張る人の対処法

このように自信のなさから見栄っ張りになってしまっている人には、そのままの相手を受け止めてあげましょう。見栄を張らない素の部分が十分であることを伝え、肩の力を抜くことを教えてあげましょう。

自信がない部分をフォーカスせずに、一人の人として尊敬できる部分や優れている部分を見つけてあげることで、見栄っ張りは少しずつ解消されていくはずです。

3.話を盛る癖がある

悪気はないのだけれど話を面白くするために、そしてより興味を持ってもらうために話を盛る癖がある人もいます。これも見栄っ張りの心理の一つなのです。例えば、「昨日の誕生日はどうやって過ごしたの?」という質問をしたとします。

本当は旦那がケーキを買ってきてくれて家でお祝いをしてくれたという場合でも、「昨日は旦那がバラの花束とネックレスとケーキを買ってきてくれたの。それでお寿司の出前をとって家でお祝いしてくれたわ」なんて答えをします。

バラの花束もネックレスも出前のお寿司もなかったはず・・話を盛っていますね。全ては見栄っ張りであるが故に話を盛ってしまうのです。

話を盛る人の対処法

話を盛る癖がある人は、どこまで本当の話かわかりません。もしかしたら人のことを盛って悪く言う人もいるかもしれません。このような人の話を全部真に受けていては真実がわからなくなってしまいます。

返事だけして、話半分。右から左へと流して聞くようにするのが良いでしょう。

4.自分中心に物事を進めたい

見栄っ張りの人は基本的には自己中心的な人がほとんどです。全て自分中心に、自分優位に物事を進めていきたいという心理から見栄を張っているといえるでしょう。

自分が出来ると宣言することで、物事は自分のペースで進めていけます。出来ないというと他の誰かのペースになってしまうため、それが許せないのです。

また会話の中でも見栄を張ることで中心にいることができます。他の人が注目されて中心にいることが許せないのです。

主導権を握りたがる人の対処法

このように自己中心的な見栄っ張りは、近くいると非常にやっかいな人物ですね。このような人には『あなたが見栄っ張りということは全てお見通し』という態度をとった方が効果的かもしれません。

何を言おうと、その人の思い通りにはさせないのです。そうすることで見栄を張ったところで自分中心には進んでいかないのかと理解してくれることでしょう。相手のペースに巻き込まれては思うツボです。気をつけなければいけません。

このような彼氏に悩まされている方は、自己中な彼氏を改善させる7つの方法を参考にしてみてください。「もしかしたら、私の事かも・・」と思った方は、あなたは大丈夫?周りから嫌われる自己中女の特徴10選でチェックしてみましょう。

5.羨望の目で見られたい

  • わざわざ朝のゴミ捨てに行くのにも、ブランド物を身に付ける近所の奥さん
  • 子どもの送迎に、わざわざ実家の外車を借りてくるママ友
  • 同窓会のためにローンを組んでまで高級スーツを購入して出席した友人

どれもこれも見栄っ張りでうんざりしますね。でもこんな人、あなたの周りにもいませんか?

特に女性は、注目されて他の女性に羨ましいと思われたいという意識が強い生き物です。そのため、ほんの少しのことでもお金を費やして見栄を張るのです。「わー凄いね。羨ましいな!」という言葉が何より好きで快感なのです。

人からチヤホヤされたい人の対処法

相手がどんなにブランドで身を包んでいようが、高級車に乗っていようが、羨望の目で見ることはやめましょう。けなすこともせず、褒めることもせず、何もふれないのが一番です。

「いいなぁ」なんて言ってしまうと相手の見栄っ張りはどんどん加速していきますよ。

6.愛情に飢えている

実は見栄っ張りな心理とは、幼い頃に形成された場合が多いのです。大人になってから見栄っ張りになったわけではなく、小さい頃から見栄っ張りなのです。

では、どうしてそのようになってしまったのか。その多くの人は親の愛情を感じることが出来なかったためです。親の愛情を感じることができず、愛情に飢えてしまい、見栄を張って相手の気を引くことに必死なのです。

相手の気を引こうとする人の対処法

このような傾向を感じる人には、その見栄に付き合ってあげましょう。興味を持って話を聞き、その話を称えます。あなたは凄いと自信をつけて満たしてあげるのです。そうすることで見栄っ張りの人の心情は落ち着いてくるでしょう。

笑顔いっぱいで受け止めてあげてください。

7.マウンティングの頂上に立ちたい

『マウンティング』という言葉を知っていますか?これは女性の間で頻繁に行われている女性の中での格付けのことです。外見や学歴、身に付けているもの、生い立ち、家族構成など、全ての要素でマウンティングが決まるのです。

このマウンティングの頂上にいるのは美人で高学歴のお嬢様。旦那は医者で父は会社経営、息子は有名私立に通っているなんて人でしょう。もちろん女性であれば少しでも上にいたいと思うのは当然の心理です。

出来ることならその頂上に立ちたいと誰もが思うでしょう。そこで見栄を張ってしまうのです。自分がマウンティングの上に行くためにも、あることないこと虚像を作り上げてしまうのです。

マウンティングで優位に立ちたがる人の対処法

このマウンティングを気にしないというのが一番でしょう。人は人。自分は自分。集団でばかり動かずに自分を持っていればマウンティングの中に入ることもなければ、見栄っ張りと関わることも少なくなるはずです。

それでも女性であれば関わりを絶つことは難しいことです。そんな時には当たりさわりなく、その見栄を称えてあげましょう。それで満足するのであれば、それが一番穏やかに過ごせるはずです。

興味のある方は、マウンティングする女の心理と対処法7つを併せてご覧ください。

8.自分に言い聞かせている

見栄を張ることで、自分への戒めにしているという人もいるでしょう。

「私は家事が好きで、子どもには手作りのお菓子をいつも食べさせているの」なんて言うことで、市販のお菓子を買うことができなくなります。仕方なく本当にお菓子を手作りしてあげることになるでしょう。

そうやって自分のハードルを上げることで、自分がそのハードルに見合うように努力することが出来るのです。自分に言い聞かせるために敢えて自分を大きく見せる心理が働いているのです。

自制心を聞かせるために見栄を張る人の対処法

このような人の見栄っ張りには付き合ってあげましょう。例えそれが明らかに嘘だとわかるような見栄であっても、それを尊敬してあげるのです。

そうすれば見栄っ張りの人もあとに引けなくなります。そして出来ないことは言わないようにしようと肝に銘じてくれることでしょう。

見栄を張る人に隠された心理

見栄っ張りの人の心理とその対処法を8つ紹介しました。見栄っ張りの人には、それぞれ色んな隠された心理があるのをわかっていただけたでしょうか。

見栄を張るのは悪いことではありませんが、決して良いことでもありません。またその見栄を全て受け入れるのも正しいことではありません。

どのような心理で見栄を張っているのかを読み取り、それに合った対処をしていくようにしましょう。そして自分自身が気付かないうちに見栄っ張りにならないように気を付けて過ごすようにしてください。

スポンサーリンク