恋愛に駆け引きはつきものです。どんな男女でも少なからず駆け引きをしています。あなたも駆け引き上手な男に翻弄された経験はありませんか?

そこで今回は駆け引き上手な男の6つの特徴と駆け引き上手になるための女の恋愛テクニックを6つ紹介します。

スポンサーリンク

恋愛の駆け引き上手な男性の6つの特徴

食事をしているカップル

まずは駆け引き上手な男の特徴を紹介していきます。

1.常に相手の女性の心理を読む

恋愛で駆け引き上手になるための必須要素は、「相手の気持ちをくみとる能力」と言っていいでしょう。女性に比べて男性の方が駆け引き下手なのは、相手の感情や心理を考えることなく、自分本位の恋愛をしてしまうからです。

その点、駆け引き上手な男性は、相手の女性の気持ちを読もうとします。そして実際にその心理を見抜くことができるのです。

相手が今どんな気持ちでいるのか、何を望んでいるのかを態度や表情などから的確に読み取ります。そして時にはその要望にストレートに答え、時にはその心理をあえて無視したり、気づかないふりをして冷たい態度を取ったりもするのです。

常に相手の要望に応えるばかりでは駆け引きになりません。彼女の方は、それが当たり前のように感じてしまいますから、望み通りの行動を彼氏が取ることに対して、どうしても鈍感になってしまうでしょう。

それがわかっているため、あえて逆の態度を取ることもするわけです。

2.恋愛経験豊富で向上心がある

生まれた時から恋愛に関して駆け引き上手という男性はいません。もしいたとしたら、「恋愛に関する天才」ということになるでしょう。駆け引き上手な男性のほとんどは、経験の中から後天的に駆け引き上手になったわけです。

そうなるためには、豊富な恋愛経験を積む必要があります。特に大切なのは失敗の経験。これは恋愛に限ったことではありませんが、人間は成功したことよりも失敗したことから多くを学ぶものです。

つまり、駆け引き上手な恋愛テクニックに優れた男性は、過去に多くの失敗を経験してきているのです。しかし、同じようにたくさんの経験をしても、いつまでも駆け引き下手なままな男性も少なくありません。

駆け引き上手とそうでない人の差はどこから来るのか。それは「向上心」です。多くの恋愛をして失敗する経験を積みながら、「次は同じ過ちを繰り返さないようにしよう」という意識を持つことのできる人が駆け引き上手になることができるのです。

3.女性との距離感を重視する

言うまでもありませんが駆け引きというのは、あくまでも相手との関係の中で生まれることです。いつでも自分本位な言動ばかりで相手のことをまったく考えなければ、そこに駆け引きの生まれようがありません。

ですから、駆け引き上手な男性は、ひとりよがりの独善的な恋愛をすることはありません。相手と自分との関係性をいつでも強く意識して行動することができるのです。

その際に重視されるのが彼女と自分との距離です。常に一定の距離を保った恋愛は、安定感はあっても刺激のないものになってしまうでしょう。

臨機応変にその距離を長くしたり縮めたりすることで、相手女性の気持ちを自分により強く引きつけることができるのが駆け引き上手な男なのです。

目的は相手により惚れさせるということ。その目的達成にために相手の感情や状況に応じて、二人の距離感を操れるのが駆け引き上手な男ということになるでしょう。

4.多面性がある

相手の女性に自分のさまざまな面を見せることができるのも、駆け引き上手な男の特徴と言っていいでしょう。たとえば「真面目ひとすじ」とか「常にチャラ男」というような、一つだけのキャラクターを持つ男性に上手な恋の駆け引きはできません。

最初はうまく行ったとしても人間的に底が浅いために、やがて心の内を相手の女性にすべて読まれてしまうからです。本人は駆け引きをしているつもりでも、その意図が見え見えということになるわけです。

意図を悟られないために必要なのが多彩な人間性です。多面性を持っていて意外な一面を状況に応じて見せることができなければ、真の駆け引き上手にはなれないのです。

5.表情豊かな甘え上手

人間としての複数の顔を持つと同時に表情豊かであることも、駆け引き上手の条件と言っていいでしょう。表情豊かだと何故駆け引き上手になれるのか。それは言葉に頼らなくても、表情の変化によって自分をアピールできるからです。

特にポイントとなるのが寂しげな表情。恋人が寂しげにしていたら、誰しも心配になるものです。特に普段は明るい彼氏が寂しそうな顔をしていたら、「何があったんだろう・・」と誰もが思ってしまいます。そして「放っておけない!」と感じるわけです。

そして駆け引き上手な男性は、心配する彼女に甘えて見せることができます。いつもは頼もしい彼氏が最適なタイミングで甘えてくると女性はやられてしまうのです。

表情一つで女性の気持ちを引きつけ、甘えることで女性の感情をさらに高めることができる。これこそ駆け引き上手な男のテクニックなのです。

6.心理的にはSの傾向が強い

駆け引き上手な男性には相手の心理や感情を読みながら、結局は自分の思うように相手の心をコントロールしようとします。

相手の気持ちをくみ取るわけですから、決して自分本位な自己中心的な恋愛とは言えません。しかし、恋愛において常にイニシアティブを握ろうという意識を持っていることは確かでしょう。

自分が上に立って恋愛をリードしていこうという意識が駆け引き上手な男性にはあるわけです。その点で、心理的にはMよりもSの傾向が強いと考えることができるでしょう。

駆け引きのテクニックによって、女性を振り向かせ、自分に目をむかせ、自分に惚れさせ、恋愛感情をさらに高めさせる。つまり相手の心を操りたいという精神的なSっ気が、駆け引き上手な男性の特徴の一つなのです。

駆け引き上手な女の恋愛テクニック6つ

男を見つめる女

駆け引き上手な男に負けてられませんよ!恋愛上手になりたい方必見です!

1.自分からは押さずに「引く」のが基本

駆け引き上手な女性とそうでない女性の一番大きな違いは、「引くテクニック」を持っているかどうかです。

恋愛に夢中になってしまうと、相手との関係性よりも自分の恋愛感情のアピールを優先させてしまいがちです。そのため、自分の感情のままに常にぐいぐい押してしまいがちです。

男性の場合は、積極的だと相手に受け取られて良い印象を与えることもあるでしょう。しかし女性の場合は、あまりにぐいぐい押してばかりいると、「恋愛に飢えている女」というマイナスの印象を男性に与えしまうのです。

駆け引き上な女性は、「受け身でいたほうが男性のテンションは上がる」ということを理解しています。そのため相手に押させて、自分は受け身の体勢を取るのです。

つまり、ぐいぐい責めてくる男性を意図的に引く体勢で迎えるのが、駆け引き上手な女性ということになるでしょう。

2.安易に涙は見せず、ここぞという時に泣いて見せる

恋愛において、女性にとって大きな意味を持つのが「涙」です。恋の駆け引きが下手な女性は、涙を安売りしてしまいます。何かというとすぐに泣いたり、ケンカをしたときに涙で何とかしようとする女性は駆け引き下手だと言えるでしょう。

すぐに泣く彼女の涙は、彼氏をうんざりさせる効果しかありません。彼氏は「またかよ・・」と思うだけで、涙に心を動かされることはないのです。

それに引き換え、駆け引き上手な女性は涙を有効に使います。普段はクールな自分を演じておいて、ここぞというシーンで涙を見せるのです。いつもクールな彼女の涙を見れば、彼氏は心動かさずにはいられないでしょう。

ケンカをした場合、駆け引き下手な女性はケンカした段階で泣きます。しかし、駆け引き上手な女性は仲直りした時に涙を見せるのです。その他にも、感動や感謝の意味で泣いて見せるのが駆け引き上手な女性の特徴です。

3.普段はクールで、ここぞという時に甘える

甘えるという愛情表現を上手に使って、男性の心をとらえるのもテクニックの一つです。普段から甘えん坊の女性が彼氏の心を捉えることできるのは、付き合い始めて日の浅い時期だけです。

女性に甘えられれば、ほぼすべての男性は可愛いと感じるものです。しかし、いつでも彼女が甘えてくれば、やがてそれに慣れてしまいます。慣れてしまえば、特に可愛いと感じなくなってしまうのが男性心理というものでしょう。

そのことを理解している恋愛上手な女性は、普段はむしろクールにふるまうことが多いのです。二人きりでいるときでも比較的クールな表情を見せる彼女が突然、いつもとは別人のように甘えてきたらどうなるか?

彼氏は大きく心動かされ、愛おしく感じることでしょう。これが恋愛テクニックというものなのです。男性をイチコロにする♡甘え上手な女性になる9つの方法も併せてご覧ください。

4.レスポンスを意図的に遅らせる

ラブラブなカップルは、とにかくお互いに頻繁にコンタクトを取ろうとするものです。できれば、いつでも一緒にいたいという心理が、そうしたまめなコミュニケーションにつながるわけです。

これは自然な行動と言っていいでしょう。しかし、駆け引き上手な女性は、意図的にそのコミュニケーションの密度を薄くしようとします。彼氏が自分に夢中でグイグイ来ているなと感じた時など、わざと彼氏からのメールやLINEに対するレスポンスを遅らせるのです。

また、「最近、彼氏がちょっと冷めてきているかも・・」と感じた時にも、同じような対応をとることがあります。レスポンスを遅らせることで、彼氏に「どうしたのかな?」という心配や不安を抱かせるのです。

心配や不安が恋愛感情を高める動力になることを知っている、恋愛上手な女性ならではの駆け引きと言っていいでしょう。

5.忙しいという理由で誘いを断る

駆け引きの上手な女性の共通点の一つが、「彼氏の要求をすべて受けようとしない」ということです。逆に駆け引き下手な女性は、彼氏から望まれれば、デートでもセックスでも可能な限り受け入れようとします。

彼氏からの誘いに基本的に「YES」と答えてしまうことは、別に悪いことではありません。彼氏は満足してくれるでしょう。しかし、いつでも「OK」と答えてれば、いつしかそれが当たり前のことになってしまいます。

無理して彼氏の要求に答えたとしても、彼氏は感謝をしなくなるでしょう。そのため駆け引き上手な女性は、あえて彼氏の要求を断ることをするのです。

デートの誘いを受けた時、「その日は先約がある」という理由で断ります。そのことによって、彼氏の「会いたい」という気持ちをより募らせようとするのです。

いつでも会える女性から望んでも会えない時がある希少性の高い女性になることで、彼の心が離れていくことを防ぐのです。

6.強がっている女を演じることで弱い女をアピール

最後にもっとも高度なテクニックを紹介しましょう。それは彼氏の前で強がって見せることで、女の弱さをアピールするという方法です。

落ち込んだり、傷ついたり、大きな悩みを抱えたときに、多くの女性は彼氏に精神的な弱さをそのままダイレクトに伝えてしまいます。それでも、彼氏の心を動かすことはできます。しかし、より効果的にアピールするには逆の表現をした方がいいのです。

彼氏が心配して「大丈夫?」と聞いてきたら、満面の笑みで「全然大丈夫だよ」と答えるのです。よほど鈍い男性でない限り、無理してると感じるでしょう。

このタイミングで寂しそうな表情や不安げな様子を見せて、実は弱い女であることをアピールするのです。そんな彼女を見て愛おしいと感じない男性はいないでしょう。

駆け引きに集中しすぎないように

駆け引き上手な男の6つの特徴と駆け引き上手になるための女の恋愛テクニックを6つ紹介しました。恋愛に駆け引きは必須ですが、そればかりに集中しすぎると相手に嫌悪感を抱かせてしまいます。

ポイントだけを頭に入れて、ここぞという時に使いましょう。一番大事なのは好きだという気持ちですからね。

スポンサーリンク