「いつも連絡は自分からしてばかりで、彼氏が連絡くれない・・」と悩んでいませんか?毎日携帯電話を見ては連絡がないことにガッカリするのと同時に、不安な気持ちでいっぱいになることでしょう。なぜ彼氏は連絡をくれないのでしょうか・・。

今回は連絡くれない彼氏の心理について8つ紹介していきます。男性の本音を知りたい方必見です。

スポンサーリンク

1.特に用事がない

女性にとって連絡とは『=用事がある』というわけではありません。用事がない時だって、大好きな彼氏とは連絡をとりたいと思っています。

驚いたこと、食べたもの、嬉しかったこと、悲しかったこと・・このような今日の出来事を彼氏に連絡します。そして同じように今日の出来事を彼氏にも連絡してきてほしいと思うのです。

他にもお互いの気持ちの確認「好きだよ」「今日は会えなくて寂しいな」などというやりとりもしたいと思っています。しかし、男性はそうは思いません。

今日の出来事や気持ちの確認は会った時にすれば良いものと思っているのです。そのため用事がない限りは連絡しません。つまり『連絡くれない彼氏』とは『必要なことしか連絡しない彼氏』なのです。

明日デートであれば、時間や場所の確認など最低限なことでしか連絡をとらないタイプなのです。そのような彼氏に連絡を強要しても連絡が増えることはないでしょう。会った時にたくさんお話することで我慢してみてください。

2.面倒くさい

男性は基本的に面倒くさがり屋な生き物です。携帯を開いて、ちまちまと文字をうって・・一応スタンプもうって連絡をする。するとすぐに彼女から返信がくる。そうするとまたそれに返事をしなければいけない。これが数回続くと思うと面倒になってしまうのです。

1回で済むことであれば、1回だけで済ませたいと思いますし、1回もしなくて良いなら返事すらしたくないと思うのです。それはあなたの事が嫌いなわけでなく、ただ単にそのやりとりが面倒なのです。

このような面倒くさがりの彼氏に「返事してよ!」「連絡してよ!」というと、彼女自身が面倒に思われてしまいます。返事は1回くるだけでも良いと思っていましょう。

3.仕事が忙しい

人には優先順位があります。女性はその優先順位の1番に彼氏がくる人が多いでしょう。しかし、彼氏はそうではないかもしれません。彼女であるあなたと同じくらい仕事も大切なのです。男性にとって仕事とは1番大切にしなくてはいけないものなのです。

あなたのことは大切にしていますが、あなたに連絡をするという事となると優先順位は下がってしまうでしょう。会社で仕事して、家でも仕事の残りを片付けて、明日の仕事のことを考えながら眠りにつく人もいるのです。そこに連絡をしている暇はありません。

会った時はきちんと彼女を大切にしてくれる男性も、会っていない時は仕事第一に忙しくしている人なのです。そのような人に連絡を催促してしまうと、負担に思われてしまうことがあります。

彼女であれば仕事第一の彼氏のことを理解し、自分は仕事の次でも良いと思って見守ってあげることが一番です。

4.携帯を持ち歩かない

昔ながらのアナログな男性は、携帯を持たずに出掛けてしまう場合があります。携帯を持つことで、いつどこにいても縛られてしまう感じが好きではないのかもしれません。携帯がなくても生きていけると考えている人なのでしょう。

基本、携帯は家の固定電話のような扱いです。何か緊急の時や必要と感じた時だけ使用するものなのです。そのため、彼女であるあなたにも頻繁に連絡をするようなことはないでしょう。

誰からも束縛されずに自由でいたいという心理と、デジタルな時代に流されたくないアナログにこだわる心理を持つ彼氏なのかもしれません。

5.友達といることが優先

さきほど優先順位のお話をしました。男性にとって仕事は第一に大切にしているものだと紹介しましたね。そして仕事と同じくらい大切にしているものが『友達』『仲間』です。

女性は彼氏が出来ると友達よりも彼氏を優先させます。友達と約束していても彼氏に誘われれば行ってしまうでしょう。友達と遊んでいても彼氏に連絡を入れるでしょう。まず彼氏がいて、その下に友達がくるのです。女性の大半がこのような順位をつけてしまいます。

しかし、男性は彼女が出来たからといって友達の優先順位が下がるわけではありません。友達や仲間は、揺るがない大切なものなのです。

友達と約束していれば彼女の誘いは断ります。友達と一緒にいる時は彼女に連絡を入れるようなことはしません。そして、このような考えの男性には友達がとても多いのです。

そのため友達と遊んでいることも多いのでしょう。連絡くれないと思っている時には、友達と一緒にいるはずです。

このような彼氏は周りからの人望も厚いはずです。友達の多い彼氏はとても素敵な人のはずです。その友人関係を壊さないようにしてあげましょう。

6.あなたからの連絡を待ってしまう

いつも自分から連絡していて、彼氏は連絡くれないと思っている人。もしかすると、それが定着してしまい彼氏は「連絡は彼女からくるもの」と思っているのかもしれません。そのため自分から連絡しようということは思わず、連絡がきたら返信しようと短絡に考えている可能性もあります。

このように思っている彼氏だとしたら、あなたから連絡を入れるのを少し控えた方が良いかもしれません。

また内気な男性で、自分から連絡を入れることに抵抗のある人もいます。「今連絡したら迷惑かな?」「こんなことで連悪するのは変かな?」と色々深く考えてしまうのです。その結果、連絡ができないままになってしまうのでしょう。

このように気を遣いすぎてしまうような彼氏であれば、「何でもないことでも連絡してね!」と可愛く伝えておくと良いでしょう。

7.実は浮気をしている

彼氏が連絡くれない・・その時間。もしかしたら他の女と会っているのかもしれません。こちらから連絡しても返事がこない。電話しても出ないし、折り返しの連絡もない。そして翌日の昼頃に「ごめん。寝てた」なんて返事がやっとくる。こんなことが数回ある男性は要注意です。

他の女と会っているのでは、電話もメールもできないはずです。疑いすぎるのも良くないですが、少し注意して様子を観察しておいた方が良いでしょう。

どうしても気になる方は、彼氏の浮気度をチェックするための6つの項目彼氏の怪しい行動から浮気を見破る方法7つも併せてご覧ください。

8.あなたと距離をおこうとしている

以前は連絡をくれていた彼氏が、ここ最近連絡くれない彼氏になったという場合。これには二つの心理があります。

一つは、あなたとの関係が安定して安心しているという心理です。付き合い始めは、連絡をすることでお互いの気持ちが確認できたり、何をしているのかを把握することで安心していたのでしょう。

しかし数年経って、お互いの気持ちも行動もわかり安心しきっているのです。そのため連絡をしなくなったのかもしれません。これは悪いことではないのですが、もしあなたが連絡くれないことに不満があるのであれば、それを彼氏に伝えた方が良いでしょう。

もう一つは、あなたと少しずつ距離をおこうという心理です。連絡頻度を少なくしていき、少しずつ距離をあけて最終的に別れようと考えているのです。

「全然連絡くれないし、返信もない。会う回数も減ったし、愛情も感じない・・」こんな時には、彼氏は別れを考えている可能性が高いです。別れたくないのであれば修復に努めましょう。

あなたの彼氏はどのタイプ?

連絡くれない彼氏の心理を紹介しました。連絡くれない彼氏にもいくつかのタイプがあります。あなたの彼氏がどのタイプに当てはまり、連絡をくれないのか?まずはそこを見極めてみましょう。

そしてタイプがわかったら、どのように対応しておくのが彼女として良い方法なのかを考えましょう。男性と女性は、そもそもの連絡の概念に違いがあります。その点は理解して彼氏と付き合うことも大切です。

スポンサーリンク