バツイチ子持ち女性が再婚するのは、とても大変なことです。女性自身のエネルギーを使うのはもちろんのこと、相手の男性にとってもリスクのあることだからです。体力も時間も費やすことになるでしょう。

それでもまた恋をして結婚したいと思うのは当たり前の感情です。それを諦める必要はありません。そこで今回はバツイチ子持ち女性が再婚するために必要なことを8つ紹介していきます。

スポンサーリンク

1.所帯じみた雰囲気を出さない

バツイチ子持ち女性と聞くと、少し苦労しているような女性を思い浮かべてしまいます。しかし、それが外見に出ていては再婚には辿りつく事はできないでしょう。一見バツイチ子持ちなんて感じさせない女性でいることが大切です。

忙しくて自分自身を磨く時間がないかもしれません。だからと言って、なんのお洒落もしないのではダメです。スッピンでぼさぼさの頭では年齢も上に見られてしまい、疲れたおばさんになってしまいます。最低限のヘアメイクは心がけましょう。

またハンドクリームやボディクリームをつけたり、リップを塗ったりと少しのことでも自分を良くみせる努力をしてください。その少しの努力がバツイチ子持ち女性を輝かせるためには大切なことなのです。

生き生きとした見た目でいることが再婚するため一番の方法です。

2.なんでもポジティブに明るく考える

「私なんてバツイチで子持ちだし・・」なんて思考を持っていては再婚なんて出来ません。バツイチでも子持ちでも、再婚して幸せを掴んでいる女性はたくさんいます。バツイチ子持ちをマイナス要素だと考えることはやめましょう。

  • 少し気になる人ができた時
  • 恋人と結婚の話が出た時
  • 合コンに誘われた時

どんな場面でも自分がバツイチ子持ちであることが頭をよぎるでしょう。しかし、そこで下がっていては何も始まりません。自分の気持ちを抑える必要はないのです。バツイチ子持ちだからこそ、積極的になりましょう!

あなたが思うほどバツイチ子持ちであることを男性は重く考えていないかもしれません。ポジティブで明るいあなたを見れば、バツイチ子持ちであることが障害になるなんて男性も感じることはありません。

「そんなに楽観的になれない・・」という方は、みんなに愛されるポジティブ女子になるための10の心構えを参考にしてみましょう。

3.子どものことを一番に考える

バツイチ子持ちの女性が再婚するにあたり、一番大切にしなくてはならないのが子どもの存在です。子どもの気持ちを無視して再婚してはいけません。

もう子どもに意志がある年齢であれば、きちんと再婚のことやパパのことを話しましょう。その上できちんと子どもの気持ちを聞き入れ、もしまだ受け入れることが出来ないようであれば、再婚は先延ばしにしましょう。

新しいパパが欲しい、新しいパパを受け入れることができる、というようであれば新しいパパを紹介しましょう。あなたが何よりも大切にしなくてはならないものを、恋愛をすることで見失わないように気をつけてください。

再婚して子どもを傷つけてはいけません。まずは子供のことを一番に考えましょう。それが結果的に再婚の最短の道になるでしょう。

4.彼氏に子供を受け入れてもらう

バツイチ子持ちの女性に恋人が出来て再婚の話まで出た場合。相手はあなたのことを愛してくれているはずですよね。そこで同じように愛してもらわなければいけないのが、あなたの子どもです。

あなたと再婚する男性は、あなたの子どもとも家族になるわけです。その覚悟とその気持ちを持ってもらわなくてはいけません。

まずは三人で遊ぶことから始めましょう。すぐに彼と子どもが打ち解けることはないと思いますが、数回会ううちに少しずつ心は開いてくれるはずです。

子どもはもちろん、彼にも自分の子どもとして好きになってもらわなければ再婚は難しいでしょう。あなたと彼の距離が近づいたら、彼と子どもの距離を意識しましょう。この二つが繋がって、やっと再婚の道が開けるのです。

5.金銭的にも精神的にも自立している

バツイチ子持ちの女性が再婚をする時に、「お金がなくて心細くて寂しくて・・」と頼る態度を前面に出してはいけません。まずは自分と子どもだけでも生活をしていける基盤を作りましょう。

  • 自分一人の力でも子どもを食べさせていけるのか?
  • 学校に通わせて不自由なく生活させてあげられるのか?

金銭面ではあなた自身の仕事と、もしかしたら元旦那からの慰謝料や母子手当などもあるかもしれません。それも含めて、きちんと生活できていることが再婚の前提にあります。

また金全面だけでなく、精神面でも自立している必要があります。

  • 子どもと二人の生活でただ寂しく男性が欲しい
  • 心細くて頼る人がほしい

このような精神的にも自立できずに男性に頼りたいという思いではいけません。子どもを守れるのはあなただけです。自分一人でも子どもを守って生活していける強さを持ちましょう。

金銭面と精神面で自立していることが再婚するために大切なのです。自立していないで再婚を急いでも、その再婚は上手くいくことはないでしょう。まずは頼らずに歩いていける基盤をしっかり作ってください。

6.元旦那のことは悪く言わない

別れた原因にもよりますが、元旦那への不満は少なからずあるはずです。あげればキリがないかもしれません。しかし、人前で元旦那のことを悪く言う女性は醜く見えることを自覚しましょう。

そのような女性と結婚したいと思う男性は少ないでしょう。何かあった時に自分もこのように言われると思うと身が引けてしまうのです。

どんなに愚痴や不満があっても、例え離婚原因がほぼ旦那側にあったとしても、元旦那のことを悪く言うのはやめましょう。決して悪く言わずに健気に振る舞っている女性を「助けてあげたい!支えてあげたい!」と思うのが男というものです。

また旦那を悪く言わないその姿は、男性が「自分が新しい旦那になろう!」と決断する際の手助けになるはずです。

7.再婚だからこその余裕と経験をみせる

バツイチ子持ちであることをプラスにしましょう。一度結婚して離婚しているからこそ、余裕を見せるのです。少しのことでギャーギャーわめくような余裕のない女性にはならず、どんな時も落ち着いている女性でいましょう。

「今日は友達と朝まで飲み明かす!」なんて男性が言った時。普通の女性であれば「は?絶対許さないから早く帰ってこい!」と怒り出すでしょう。しかし、そこで「飲み過ぎないように楽しんでね」と笑顔で送り出すのです。

母性溢れたその笑顔に、やはり経験と余裕のある女性はいいなと思ってくれるでしょう。バツイチ子持ちで余裕もない女性では、ただの息苦しい女性になってしまいます。せっかくの経験をプラスに変えていけるように努力してみましょう。

8.再婚した後のことを話し合う

バツイチ子持ちの女性と再婚を考えている男性。しかし、再婚した後のことが不安になってしまうこともあります。そんな彼の背中を押すためにも、きちんと再婚した後のことを話し合っておきましょう。

  • 再婚しても子どもと元旦那は月に1回は会う
  • 慰謝料は月いくら入る
  • 再婚したら仕事はどうするのか?
  • 子作りはするのか?
  • 結婚式は挙げるのか?
  • 両親への挨拶はどうするのか?

バツイチ子持ちだからこそ、考えなくてはならないことが沢山あります。普通の結婚ではなく再婚だからこそ、後々問題にならないように話し合っておきましょう。この話し合いでお互いが納得することは再婚するために必須ですよ。

再婚を諦めてはいけない

バツイチ子持ち女性が再婚するために必要なことを8つ紹介しました。バツイチ子持ちだからと再婚を諦める必要はありません。バツイチ子持ちだって幸せな再婚はできます。

順序を守って慎重に、そして前向きに再婚について考えて進んでいきましょう。きっと幸せになれますよ。

スポンサーリンク