「大好きな彼に振られたけど諦めきれない!だけど、復縁するために一旦引こう・・」と考えたあなた!その考えは大正解です。振られた彼と復縁をしたいなら、後々のことを考えて上手に振られることが大切なのです。

今回は復縁するための上手な別れ方を7つ紹介します。後々のリベンジを有利に進めたい方必見です!

スポンサーリンク

1.振られる理由を聞かない

突然大好きな彼に振られたら「どうして?理由は?」と聞きたくなりますよね?その気持ちはわかりますが我慢してください。後々復縁することを考えて上手に振られるなら理由は聞くべきではありません。その理由は2つです。

  • 彼に負担をかけないため
  • 彼の予想を裏切るため

別れ際にいちいち細かく問い詰められるのを嫌がらない人はいません。もちろん、彼も説明しなければいけないと思っていますが気が重いのが本音です。

そんな彼の心の負担を軽くしてあげることで、あなたとの最後を悪い印象で終わらせることを防げます。別れ際に悪い印象を与えると、「やっぱり別れて正解だった」と思われます。そうなってしまえば、復縁することは困難になるでしょう。

また、「もっと色々言われると思ったけど、分かったで終わりかよ。何か味気ないな・・」と彼の予想を裏切ることができれば、「俺の気持ちを全部伝えるつもりだったのに・・。このまま別れていいのか?こんな最後でいいのか?」と思わせることができます。

相手が何か話したそうでも聞く必要はありません。相手の気持ちを消化不良のままにして別れることが、その後の復縁につながるのです。

2.相手を責めない

振られた理由を聞くのを我慢できても、何か言わないと気が済まない人もいるでしょう。しかし、相手を感情的になって責めてはいけません。これでは最悪の最後を迎えることになります。

先程も紹介したように、別れ際の印象が悪いと自分の判断が正しかったと思ってしまいます。復縁するために上手にフラれるなら、感情的にならないように自分の気持ちをコントロールしてください。それができないなら、さっさとその場から立ち去りましょう。

3.復縁を懇願しない

フラれた理由を聞かない!感情的になって相手を責めない!これが分かっていても、やってしまうミスがあります。それは泣きながら復縁したいと懇願することです。

相手のことなど全く考えず、自分の要求を呑むように感情に訴えかけたら相手はどうなるか?この場から今すぐ立ち去りたいと拒否反応を起こすでしょう。そして「もう二度と会わないように、着信拒否とLINEもブロックしておくか・・」と復縁が絶望的になります。

これだけは絶対にやってはいけません。復縁するための別れ方をしたいなら肝に銘じてください。

4.別れの整理を速やかに進める

付き合いが長いとフラれた後に別れの整理をするケースがあります。

  • お互いの部屋に置いてある私物
  • 物の貸し借り
  • 友達との約束

お互いの部屋に私物が置いてあるケースは送り返すのか?直接取りにくるのか?取りに行ってもいいのか?など、細かいことをその場で速やかに決めましょう。また、物の貸し借りをしている場合は、併せて返却するように伝えましょう。

相手の予定もありますが、できれば1週間~2週間以内に済ませるのがいいでしょう。あまり長引かせても良いことはありません。さっさと済ませましょう。

その他にも、友達を含んだ約束などはすぐにキャンセルしてください。友達に迷惑をかけてしまいますからね。彼氏の友達との約束なら「○○くんたちに遊びに行けないって伝えておいてね。」と言っておけばいいでしょう。

相手に面倒をかけずに速やかに別れの整理をすることで、「辛い時でも冷静に対処できるしっかりした女だったんだな・・」と印象を残すことができます。本気で復縁したいなら、彼と離れたくないからとグダグダ遅らせないように気を付けましょう。

5.あなたの気持ちを伝えない

復縁するための別れ方で最も大切なことは、あなたが何を考えているのか伝えないことです。先程振られた理由を聞かないように紹介しましたが、このあなたの気持ちを伝えないこととセット行うことで、さらに高い効果を発揮します。

彼は最後に色々伝えようと思っていたのに喋らしてもらえない。さらに「わかった」と一言だけで思っていることを伝えてくれないあなたの対応に消化不良になるはずです。

先程紹介したように、復縁するためには彼の心をスッキリさせてはいけません。

  • 「あの時は何を考えていたのか?」
  • 「別れるという判断は正しかったのか?」

少しだけモヤモヤを残しておくことで、このような疑問の答え合わせを自らしたくなるように仕向けるのです。これが上手にフラれた後に復縁するための最大のポイントです。

6.一切の連絡を絶つ

彼に自ら答え合わせをしたいと思わせるまで、別れた後は一切の連絡を絶ってください。要するに冷却期間を置くということです。電話やLINEだけでなく、SNSでも一切絡まないでください。

振られた後に何度も連絡するのは、復縁するために良い別れ方とはいえません。事実上は別れていても、実際の関係は別れていないような感じでダラダラ・・。これが一番よくありません。

7.彼の友達に連絡を取らない

別れを言われた直後や別れて間もないときに、彼の友達に連絡することだけは絶対にやめましょう。あなたは復縁するために必要なことだと思うかもしれませんが、相手からしたら自分の恋愛で友達に迷惑をかけていると感じます。

その状況を何とかするために、「○○とは二度と関わらない。復縁何てありえない!迷惑かけたくないから連絡に出なくていいよ」と友達に伝えるでしょう。これでは復縁することは絶望的です。最悪の印象を与えた別れ方と言えるでしょう。

もちろん、復縁するためには相談役は絶対に必要です。しかし、彼の友達を選んではいけません。本気で復縁したいなら、3分でわかる!復縁カウンセラーの正しい選び方と必要な理由を参考にして適切な相談相手を選んでください。

相手にモヤモヤさせるぐらい潔く別れること

復縁するための別れ方を7つ紹介しました。しばらく時間を空けて復縁するためには、相手に良い印象を残すことが大切でしたね。また、相手に「これで終わり?」と自分の判断が正しかったのか疑問を持たせることも重要なポイントです。

絶対に復縁したいなら、相手にモヤモヤさせるぐらい潔く別れることを心がけてください。遠回りに感じますが、それがあなたの幸せな時間を取り戻す最短ルートなのです。

スポンサーリンク

今すぐ元彼の本音を知りたくない?

復縁するためには客観的な第三者のアドバイスが必要です。あなたは一人で暴走して撃沈する?それとも、復縁相談のスペシャリストに元彼の本音を予測してもらう?

まだ元彼を諦めてないなら、今すぐレビューを確認しよう!