あなたの周りにも、「この人ケチだな〜」と感じる男性はいませんか?将来を考えて真面目に節約している男性なら好感が持てますが、ケチすぎる男はやっぱり嫌ですよね。

節約家とただのドケチな男、一体何が違うのでしょうか?今回は一緒にいると女性を不幸にするケチな男の特徴を紹介します。

スポンサーリンク

1.多大な時間と労力をかけてでも節約しようとする

スーパーを何軒もハシゴして底値の商品を買ったり、タクシーを使いたくないから炎天下の中歩いたり・・。他人が「そこまでしなくてもいいんじゃない?」と言いたくなるくらい、ケチな男は節約に時間や労力をかけたがります。

仕事に忙しい有能な男性なら時間や手間をお金で買ったと考え、多少割高でも気持ち良くお金を払うものです。しかし、ケチな男はそういうことを考えず、「時間や手間がかかろうが、とにかく安いことが大切!」と思っています。

人の価値観はそれぞれですが、忙しい現代人にとっては時間というのは何よりも大切なもののはず。例えば家事代行サービスにお金を払って、空いた時間で勉強したり趣味を楽しむ。そんな割り切りができる男性の方が、はるかに有能で出世する可能性もあります。

ケチな男は目先の損得に目を奪われて、人生においてお金以上に大切なものがあるということに気がつきません。

2.結婚をコスパで考えている

「絶対に損したくない!」と考えているケチな男。結婚に関しても損得勘定で見がちです。

  • 「養うのは絶対に嫌だ!何があっても共働きがいい」
  • 「婚約指輪や結婚式に大金を使う価値があるのか?金をかける必要なし」

彼らは「結婚相手に時間や手間やお金をかける価値はあるのか?結婚して損しないか?」という視点ですべてを考えてしまいます。中には、「独身なら自分のことだけにお金をかけられるのに、結婚して自分の妻にお金を取られたくない」と結婚に踏み切らない男性もいます。

たとえ結婚できたとしても、妊娠して働けなくなった妻にも割り勘を求めたり、家族に不便な思いをさせても結婚式や住居を徹底的にケチったり・・。ケチな男と結婚すると家族が苦労する可能性が高いのです。

確かに節約は大切なことですが、結婚を損得で考える男性と結婚して幸せになれるのかは疑問です。

3.人にどう見られても気にしない

デートなのにレジの前で1円単位で割り勘したり、スーパーでおばちゃんに混じって安売りに参加したり・・。普通の感覚なら、女性の前で恥ずかしいと思いますよね。

特にデートでは、「女の子の前でかっこつけたい!」という理由でおごる男性も多いのにケチな男は真逆の行いをします。

結局彼らは「とにかく安く、得をする」が最優先で、人の目をあまり気にしません。お金の前では男としてのプライドもなくなってしまうのです。人の価値観はそれぞれですが、ケチな男を彼氏として選ぶと彼女まで恥をかく可能性が高いです。

4.初デートでも割り勘を要求する

初デートでは男性がおごるのが好ましいと考えている人が男女限らず多いです。

  • 「女性の前でかっこいいところを見せたい」
  • 「女性は服装や化粧品にお金をかけているから、男が払うのが当然」
  • 「レストランでスマートな振る舞いをしたい」

このような理由で奢ろうと考えています。それなのに、ケチな男は「男がおごるのなんておかしい。意味がわからない!」と主張します。確かにそれも間違っていません。

男と女は対等であるべきという考え方も正論です。それでも男女の仲は、全て正論で割り切れるものではありません。それなのにケチな男はすべてお金基準に考えてしまいます。

もちろん、女性の中にも「割り勘の方が気を遣わなくていい」という人もいます。お互いの金銭感覚が合っていれば、どんな形でも問題ないのかもしれませんね。

興味がある方は、男性がデート代を割り勘にしようと思う5つの心理デートは割り勘?おごり?絶対知っておくべき男性の7タイプも併せてご覧ください。

5.別れる時に「金を返せ!」と言う

万が一ケチな男と付き合って、別れを迎えた場合。中には「今までのデートやプレゼントにかけたお金、全部返せ!」という男もいます。実際そんなことされたらドン引きですが、ケチな男の思考回路を考えると当然とも言えます。

ケチな男は何よりも自分が損をすることを嫌います。彼女と別れることになったら、今まで投資したお金は無駄になったことになるので損が出ないように回収したくなるのです。

でも別れたからといって、今までの時間が無駄とは言えませんよね。付き合っていく中でお互い良い刺激を受けたり、成長に繋がったこともあるはずです。

普通の感覚の人なら、「別れるのは悲しいけれど、今までありがとう」という気持ちを抱くはずです。しかし、お金が大好きなケチ男の頭では、そのような考えにならないのです。人間同士の成長や心の交流以上に、お金を優先させてしまうからでしょう。

6.貯金が趣味

ケチな男の中には貯金が趣味という人も多いです。節約したお金や給料が貯まっていく通帳をニヤニヤしながら眺めているのが至福の時なのです。

普通の人は、お金を貯めるのにも目的があります。「ボーナスが入ったら旅行に行こう」「お金を節約してバッグを買おう」など、最終的には使うために貯めるはずです。

ですが、ケチ男はお金を貯めて増やすこと自体が目的なので使う喜びを知りません。節約生活で多少不自由な思いをしても、とにかくお金を増やすことだけが楽しみなのです。お金を使って充実した人生を過ごすという楽しみを知らない寂しい人生だとも言えます。

7.お金以上に信頼できるものがない

とにかくケチケチお金を節約している男性。一体なぜそんなに一生懸命お金を貯めているのでしょうか?それは目的があるというよりも、ただお金がなくなることへの不安を抱えているのかもしれません。

例えば、貧乏から成り上がった成金の人は、たとえお金持ちになってもドケチ生活を続けていたりします。十分にお金があるのに、「もう貧乏は嫌だ!」という気持ちがあるので、お金を使うのが怖いのです。

ケチな男も今まで貧乏だったり、親もケチだったり・・。ケチになるような事情を抱えているのかもしれません。いずれにしても、ケチというのは体に染み付いた習慣でもあるので変えるのはなかなか難しいです。付き合った後に直してもらえばいい何て考えてはいけませんよ。

8.割引できるお店にしか行かない

ケチな男はお金に関してはマメです。1円でも安く済ませるために事前のリサーチには手を抜きません。たとえデートのお店でも安い居酒屋を選び、しかも割引が利くようなお店でないと気が済みません。

せめて彼女と一緒にいる時は、大学生の溜まり場のような安っぽいところではなく、ロマンチックなレストランに連れてって欲しいですよね。しかし、ケチな男にとってはそんな女性の希望はナンセンスです。

ケチな男にとってはロマンチックなデートで彼女を楽しませることよりも、とにかく安く済ませることの方が大切なのです。「私も安いお店がいい!」と思えるような、価値観の近い女性でないとケチな男と付き合うのは難しいかもしれません。

お金の使い方に男っぷりが現れる

ケチというのは良い意味で言えば倹約家といえます。ただ、度が過ぎる節約はケチと言わざるを得ないでしょう。「ケチ以外は欠点もないし、我慢しようかな・・」と思ってしまうのは大間違い。なぜなら、男性はお金の払い方に人間性が現れるからです。

ケチすぎる男は人間としての器が小さい男も多いです。良い恋愛をしたいなら、なるべく避けたほうが賢明ですよ!

スポンサーリンク