悲劇のヒロインは不幸な女性のことで良い言葉ではないのですが、悲劇のヒロインになりたがる女性が増えています。それは人の気を引かせるために自分でも気付かないうちになっている場合があるのです。

そこで今回は悲劇のヒロイン症候群の特徴を紹介します。自分に当てはまる項目があれば、あなたも悲劇のヒロイン症候群かもしれません。今すぐチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

1.周囲に同情してほしい

なぜ悲劇のヒロインになってしまうのか?そもそもの理由は、同情の言葉がほしいからです。常に心配して自分のことを気にかけてほしいのです。言い方を変えると、かまってちゃんタイプの女性だと言えるでしょう。

  • 「私は体が弱いの」
  • 「私は小さい頃から家庭環境が悪いの」

このような不幸話を聞いている人は、その人のことを心配します。「体は大丈夫かな?精神的に大丈夫かな?」とその話を聞いてからは優しくなるでしょう。

悲劇のヒロイン症候群の女性にとって、このように気にかけてもらえることが何よりも嬉しいのです。「私は不幸だから気にしてね!」というオーラを放っているのは、悲劇のヒロイン症候群の女性の大きな特徴だといえるでしょう。

2.可哀想は褒め言葉だと思っている

あなたは「可哀想ね」と他人から言われると、どのように感じますか?「可哀想?そんなこと言われるなんて侵害!私は可哀想な女なんかじゃない。」と嫌な気持ちになりますよね。

このような感情になるなら悲劇のヒロイン症候群ではありません。可哀想と思われることを嫌だと感じることができるからです。それとは逆に、「可哀想と思われるなんて嬉しい!」と感じてしまうのは悲劇のヒロイン症候群の特徴です。

可哀想は自分への褒め言葉だと思っているので、まったく嫌な気持ちにならないのです。この言葉を聞いて自分がどう思うか?一度考えてみてください。

3.不幸話を盛る

悲劇のヒロイン症候群の女性は、自分の不幸話をよくします。そしてこの不幸話は、実際にあったことよりも話を大きく膨らませている場合が多いです。

例えば、元彼が嫌な男で苦労したとします。実際の話は性格が悪く女遊びをするような男。苦労したのも事実でしょう。しかし、この話を周囲にする時に悲劇のヒロイン症候群の人は、もっと嫌な男であったことをアピールします。

「私は元彼ですごく苦労したの。元彼は怒るとすぐに手が出る人で何度か暴力をふるわれた。その挙句に女遊びも激しくて、私の他に2人も女がいたの。最後は私のお金を奪って女と逃げたわ。それから私は男性を信じるのが怖くなってしまったの・・」

この中で実話は5割くらい。残りの5割は話を盛っています。ここまで盛らないと不幸話が盛り上がらないし、人の気を引けないと思っているのです。

幸せ話ではなく不幸話をつい盛ってしまう人は、悲劇のヒロイン症候群の可能性がありますよ。

4.常に何かを悩んでいたい

人は悩みがない時は幸せだと思います。何も考えずに日常を過ごせることほど幸せなことはありません。しかし悲劇のヒロイン症候群の女性は、悩みがないことが悩みになってしまう特殊な思考をしています。

彼女達は常に何かを悩んでいないと落ち着かないのです。そのため悩みがない時には、自分で悩みを考えて作り出します。周囲には常に何かの悩みを打ち明けているのです。聞いている方からしたら、どうでも良いようなことも結構あります。

「どうしよう。どうしたらいい?」というのが悲劇のヒロイン症候群の女性の口癖です。この言葉をいつも自分が言ってはいないか?心当たりがある方は悲劇のヒロインかも・・。

5.幸せになると不安

  • 面接に合格した
  • 好きな人と付き合うことができた
  • 大事な仕事を任された

このように良いことが起こり、幸せと感じる瞬間が人にはあります。「私は今幸せ!」と感じると、やる気に溢れたポジティブな気持ちになりますよね。

これが悲劇のヒロイン症候群の人は逆なのです。「私は今幸せ!」と感じた瞬間に不安になり、ネガティブな気持ちになってしまうのです。

  • 「どうして私が合格したんだろう」
  • 「どうして私を好きなんだろう」
  • 「私なんかがこんな仕事をしていいのかな」

せっかく訪れた幸せが怖くなり、自分で幸せを手放してしまうことすらあるのです。そのため常に幸せではない状態でいることになります。それが悲劇のヒロイン症候群の女性の特徴でもあります。

6.人の不幸話は許せない

よく自慢話を競いあう人がいます。どちらの方がより優れているか?どちらの方がより幸せか?どちらの方がより良いか?自分の自慢話よりも、より上をいく自慢話をしている人がいると許せないものです。

しかし、悲劇のヒロイン症候群の人はその逆なのです。人がいくら自慢話をしていようと気にしません。しかし、人の不幸話は許せないのです。

自分よりも不幸な話をしている人がいると強く嫉妬します。そして対抗するように自分の不幸話を始めるのです。より不幸で、より可哀想。その一番を目指しているのが悲劇のヒロイン症候群の女性なのです。

7.不幸自慢をする

「うちの家はとっても貧しいの」この言葉は決して自慢できるものではありません。貧乏が恥ずかしいことではありませんが、自慢するものでもありませんよね。しかし、悲劇のヒロイン症候群の女性は、この言葉を自慢話のように得意気に話します。

「聞いて聞いて!うちの家はとっても貧乏だったのよ。」なんて大きな声で生き生きと話します。聞いている周りの人は、どのような反応をしたら良いのか困ります。しかし、悲劇のヒロインはそんなことお構いなしです。

自分の自慢である不幸話をあるだけ話し続けるのです。それが悲劇のヒロイン症候群の女性の特徴です。

8.自分はこの世で一番辛く強い女性

悲劇のヒロイン症候群の女性は、まるで少女漫画の主人公になったように自分に酔いしれているのも特徴です。「自分はこの世の中で一番辛い。不幸で可哀想。でも、そんな中でも強くたくましく生きている!私は強い女性なの。涙なんて見せないの。」

こんな物語が自分の中で設定されているのでしょう。そのため問題が起きるたびにスイッチが入ったかのように自分の世界に入り込みます。その世界のヒロインでいたいのです。

9.女優のように涙を流せる

映画やドラマに出演している女優は、悲しい気持ちに感情を移して自由自在に涙を流すことができます。これは普通の人ではできない女優ならではの才能といえるでしょう。

悲劇のヒロイン症候群の女性は、この女優のような才能を持っているのが特徴です。演技が上手いわけではないのですが涙を流すことは得意です。

自分の不幸な話をしていてクライマックスにきたら涙を流す。同じ話を色んな人に何回していても、ちゃんと涙を流すことができます。そのため聞いている人も悲劇の話に感情移入して心配してしまうのです。

悪気があって涙を流しているわけではないのですが、決まったところで涙を流すことができるのは、悲劇のヒロイン症候群の特徴でもあり、凄いところでもあるのです。

悲劇のヒロインは決して主役にはなれない

悲劇のヒロイン症候群の特徴を紹介しました。自分に当てはまる特徴はありましたか?もし当てはまる特徴があったとしたら、悲劇のヒロイン症候群になっている可能性があります。すぐに改善しましょう。

悲劇のヒロインは、最初は周囲に心配されるかもしれません。しかし、決して主役になることはできないのです。いつか心配してくれる人がいなくなってしまいます。本当のヒロインになるためにも不幸話で人の気を引くのは今すぐやめましょう。

スポンサーリンク