ダブル不倫をしていた末に、お互いに離婚することとなった場合。次に出てくる願望は、不倫相手と再婚をするということではないでしょうか。この人となら上手くいくと思って再婚に踏み切るでしょう。また、そのような願望から離婚を考えている女性もいると思います。

しかし、現実は不倫相手と再婚しても幸せになれなかったという人が圧倒的に多いのです。再婚する前に一度冷静に考えてみましょう。

今回は不倫相手と再婚しても幸せになれない理由を紹介します。

スポンサーリンク

1.不倫関係で会う時間がちょうど良かった

不倫をしていた時、会えるのは一週間のうちのほんの数時間だったはずです。ましてやダブル不倫ともなると双方の時間を作ることが難しく、より会う時間には制限があったでしょう。

そんな少しの空いた時間に会う、その濃い数時間が二人には絶妙な時間であり、ちょうど良かったのです。不倫の時には会える数時間の中で愛を確かめ合い、癒し合い、励まし合っていたことでしょう。

しかし、これが再婚をするともなれば、ずっと一緒にいることになります。24時間一緒に過ごす日もあるでしょう。

急に会う時間が長くなり、最初は嬉しいはずです。お互いが自分だけのものになれた喜びを感じることができるでしょう。もう誰にも気にせず、一緒にいられることに幸せを感じるでしょう。しかし、そんな幸せな時間は最初だけです。

だんだんと一緒にいることが苦痛になってきてしまうのです。見えなかった相手の嫌な部分が見えてきて幻滅してしまうでしょう。そこで気付くのです。「この人とは1週間に3時間の関係が良かったのだ」と。

その時にはもう後に引き返せず、また辛い結婚生活を後悔しながら送ることになってしまうのです。もしかしたら、別れる前の旦那の方が良かったなんてことも・・。

2.不倫という禁断の愛に酔っていただけ

不倫とは禁断の愛です。人にはダメと言われると余計に燃え上がってしまう心理があります。不倫はまさにこの心理なのです。禁断の愛だからこそ余計に燃え上がってしまうのです。

  • 私たちはいけないことをしている
  • こんな関係を続けたらダメ
  • でもどうしようもなく好き
  • どうしたら良いのだろう

このように思う自分達に酔ってしまっているのです。悲劇のヒロインを演じて、浸っているだけなのです。

それがお互い離婚してフリーになることで、禁断の恋から普通の恋に変わります。それが何よりも幸せなはずなのに不倫をする人にとっては、その平凡な日常は刺激がなくて憂鬱になってしまうのです。

あなたも不倫相手の男性もどちらも同じでしょう。そうすると再婚なんてしたら、当たり前で平凡な毎日にすぐにマンネリしてしまうでしょう。スリルと刺激が好きな不倫を選択する人。このような人は再婚をするべきではないのです。

3.不倫をした人はまた不倫をする

  • 借金をした人は、また借金をします。
  • 暴力を振るう人は、また暴力を振るいます。
  • 不倫をした人は、また不倫をします。

人は同じ過ちを繰り返してしまう生き物なのです。その人の習性のようなものなので、そう簡単に治すことができないのでしょう。あなたも不倫相手も再婚したところで、きっとまた不倫をしてしまいます。

大切な人がいても心変わりしやすいのでしょう。また情に流れやすく、刺激を求めてしまうタイプなのでしょう。新しいもの好きとも言えるかもしれません。

再婚してやっと落ち着いたと思うと、旦那の不倫が突然発覚してしまうのです。あなたも不倫を求めてしまうでしょう。その結果、同じことの繰り返しで永遠に幸せな日常がくることはないのです。

4.お金が純粋に自分たちのものではない

結婚をすると家計が一つになります。家庭によってお金の管理方法は様々ですが、旦那をお小遣い制にして残りを生活費と貯蓄にと考えて毎月を過ごす家庭が多いでしょう。

共働きであれば、旦那の給料で生活して自分の給料は全て貯金しているという人も多いと思います。しかし不倫の末に再婚した場合、このような給料が全額自分たちのものになるということはないでしょう。

不倫をして離婚したのならば、不倫相手は元奥さんに慰謝料を支払うはずです。もし子どもがいるのなら、毎月の教育費なども振り込まなければいけないでしょう。

反対に女性であるあなたは不倫をして離婚したのであれば、元夫から慰謝料を貰えません。もしかすると、あなたも慰謝料を支払わなければいけない可能性もあるのです。

そんなことでは再婚しても二人のお金は慰謝料で消えていきます。お金のない生活は人を変え、やがて破滅を迎えるでしょう。不倫相手と再婚しても幸せにはなれないのです。

5.周囲から引かれる

ダブル不倫をしていて離婚。そして再婚した。なんてことが周囲に受け入れられることは困難です。そんなことが知られてしまえば、皆二人から遠ざかってしまいます。

白い目で二人のことを見て、あることないこと噂をするでしょう。二人の両親でさえも再婚を祝福してくれないかもしれません。そんな状況で逃げるように生きていくことになるのです。

家族や友人を失ってまで得るものとは何なのでしょうか?相手の家庭を壊してまで得るものとは何なのでしょうか?

あなたにとって大切な人、大切な居場所を今一度考えるべきです。

6.喧嘩が多くなる

不倫相手と結婚をすると越えなくてはならない壁がたくさん出てきます。

  • 離婚の各種手続
  • 子どものこと
  • 元家族との付き合い方
  • お金
  • 結婚式

このように通常の結婚よりも問題は山積みです。その壁を二人で乗り越えることで絆が強くなるかのように思えますが、現実はそうはいきません。

責任の押しつけあいになり、面倒なことが増え、やがて喧嘩が絶えなくなります。最終的には「どうせ不倫相手だったんだから・・」とお互いの存在まで否定するようになってしまうのです。

不倫相手と再婚をするには、山ほどある壁を自分で受け止め乗り越える責任を持てる人でなくてはなりません。そしてその責任は片方ではなく、二人とも持っていなくてはならないのです。

自分の大切な人を裏切り、相手の家族を不幸にする不倫をした人間に、そのような責任があると思いますか?

7.子どものことを考えると不幸

ダブル不倫をしていた時。家庭に子どもがいた場合、不倫をされて家を出ていかれた子どもは深い傷を負うでしょう。

小さい頃はわからなくても、少し大きくなれば何故自分のパパやママが家にいないのかを理解します。自分は大好きな親に裏切られたのだとトラウマになるかもしれません。

またダブル不倫の末に再婚して、そこで子どもが出来た場合。この場合もこの子どもは可哀想な人生を送ることになりかねません。なぜなら親である二人が逃げるように生活しているからです。

ダブル不倫の末に生まれた子どもだなんてことは、すぐに噂で広まってしまいます。それを聞いた子どもは深く傷つき、親を信用できなくなるでしょう。

自分の親は間違っていると恥じるかもしれません。また、周囲の友達から悪口や陰口をたたかれたり、いじめられるかもしれません。そんなことになっては可哀想ですよね。

どちらの子どもも不幸にさせてしまう。そう考えると親である二人が幸せになれるわけがないのです。

不倫相手とは再婚するべきではない

不倫相手と再婚しても幸せになれない理由を紹介しました。いかがでしたか?

一時の感情に流されて、「離婚できたのだから、すぐにでも再婚したい!」と願う人もいるでしょう。また、不倫相手と一緒になるために離婚を考えている人もいるかもしれません。しかし、一時の感情に流されてはいけないのです。

あなたは不倫という過ちをしてしまったのです。まだ離婚していないのであれば、今すぐ不倫関係を終わらせましょう。それがあなたのためですよ。

スポンサーリンク

浮気や不倫で悩んでいるなら

「パートナーが浮気してるかも?」「既婚者との泥沼不倫が苦しい・・」「旦那に不倫された・・」誰にも相談できずに悩んでいるなら、客観的な第三者のアドバイスを聞いてみませんか?

モヤモヤして眠れないのなら、今すぐレビューを確認しよう!