ママ友が大好きなランチ会。何かといえばランチ会を開こうとすることに、うんざりしている人もいるのではないでしょうか。しかし、断ることもできずに毎回つまらないランチ会に無駄な時間を割いている人も多いはず。

ママ友との関係は壊してはいけないので断るのも難しいですよね。そこで今回は関係を壊さないようにママ友とのランチ会を上手に断る方法を紹介します。

スポンサーリンク

1.パートを初めて忙しい

仕事をしているのであれば、ランチ会は行けなくて当たり前です。働いているのでお昼の時間は難しいと伝えるのが良いでしょう。ただし、この場合は本当に仕事をしていなければなりません。

もし専業主婦なのであれば、気分転換にパートをしてみるのも良いでしょう。例え週3日のパートであってもシフト制で固定休みがあるわけでないと話せば、平日はいつ働いているのかわからないのでランチ会のお誘いも少なくなるはずです。

パートを言い訳にする断り方の例

「ごめんなさい。実は私平日のお昼間にパートを始めたのよ。だからランチ会の時間がちょうど働きに出てしまっていて行けそうにないの。」

「実は仕事を再開して、もう毎日てんやわんやで家の掃除すら適当な状態なの。恥ずかしいけど、そんな状態だからランチ会は難しそうなの。」

2.下の子を理由にする

例えば、ママ友として交流しているのが上の子の幼稚園ママなら、まだ繋がっていない下の子を理由に断るのも良い方法です。

幼稚園前の乳幼児はよく熱を出したり風邪をひきます。そんな子を連れてランチ会に行くのは、子どもにも他のママ友にも迷惑になりますよね。それを上手に伝えましょう。

ただしこの理由を使った場合は、下の子が元気に遊んでいる様子を目撃されては嘘がばれてしまいママ友関係に亀裂が入ってしまいます。家で静かに遊ばせましょう。

下の子を理由に断る例

「下の子が急に咳しだして・・皆にうつしたら大変だから、今日は家で安静にしているね。当日にごめんね。」

「下の子が熱で辛そうだから、今日は小児科に連れて行ってみる。ごめんね。」

3.夫や姑や母を言い訳にする

自分の都合ではないけれど、断れない相手に用事を言い渡されてしまったというのは、断り方として使える方法です。この断り方をする時は、「理不尽な都合で私もうんざりしている・・」ということをアピールして、嫌そうに言うと良いでしょう。

一番良いのは、言われて断れない立場の姑を使うことです。夫や自分の母の場合は、どうしても緊急の用事をお願いされたと強調して伝えましょう。

夫や姑を使った断り方の例

「また姑に呼び出されて、ランチ会行けなくなっちゃったの。もういつも大した用でもないのに呼び出されて本当に嫌・・。行くのが憂鬱よ。」

「実はうちの母が手を骨折して家事ができないみたいなの。しばらくは実家に手伝いに行くことになりそうでランチ会も行けないの。」

4.自分の体調があまり良くない

体調の悪さを理由にすれば、相手はそれ以上何も言えなくなります。大きな嘘をつくのは良くないですが、少しの体調不良であれば仮病を使っても良いでしょう。

この場合も、他であなたが元気に過ごしている様子を目撃されては大変です。断ったからには家でゆっくりしていてください。また妊娠中であれば、つわりが酷くて食事ができないのでしばらくランチ会は参加できないと伝えても問題ないでしょう。

体調を理由にした断り方の例

「最近貧血が酷くて病院に通っているの。ここ2~3日は酷くて、ランチ会に行くのも難しいそう・・。ごめんなさい。」

「実は今二人目妊娠しているのだけど・・つわりが酷くて毎日吐き気との戦いで食べ物を見るのも辛くなっちゃったのよ。だから、しばらくランチはできそうにないの。」

5.自分を下に下げて断る

断る時は一度自分のプライドをなくして、相手より自分を下げることで嫌みのない断り方をするのも良いでしょう。この断り方は断る相手に『まぁ可哀想。それなら仕方ない。』と思われることで、断っても関係に亀裂が入りません。

  • ランチ会に行くお金がない
  • ランチ会に行くと旦那に嫌みを言われたり怒られる

このような理由であれば同情されて終わります。

自分を下に下げる断り方の例

「すごく恥ずかしい話なんだけど、実はうち今家計に余裕がなくて・・。ランチ会に行くのにも結構苦労しちゃっているの。だからしばらく控えようかと思うの。」

「うちの旦那がランチ会に行くお金をくれなくて。ランチ会なんて必要ないってすごく怒られて、いつもそれで喧嘩になってしまうの。だから落ち着くまではやめておこうかな。」

6.行きたくないと思われないために言うこと

続いては、どんな断り方をする時でも付け加えるべき言葉についてです。

ランチ会を断る回数が増えてくると、「実はランチ会に行きたくないのかな?この人私のこと苦手なのかな?」と相手に思わせてしまいます。そう思わせては、今後の関係にも影響してしまうので避けたいところですよね。

まずは前置きとして「ありがとう。すごく行きたいんだけど・・」と付けましょう。その上で行けない理由を伝えます。そして最後に、いつくらいならランチ会に行けるかも伝えると良いです。

仕事を理由に断るのであれば「7月は長期の夏休みがあるから、そこでどうかしら?」と。妊娠での体調不良を理由に断るのであれば「安定して涼しくなった10月くらいなら行けると思うの。」

このような先の予定でも明確な日程を付けるだけで、本当に行きたいのに今は行けないということが相手に伝わるはずです。

行きたくないと思われない断り方の例

「とっても行きたいのだけど、最近姑からの呼び出しが頻繁で、ランチ会でなんていうと嫌みが酷くて。姑が夏には九州に1ヶ月滞在するみたいだから、その間にランチしてくれる?」

「すごく行きたいけど、実は子どもの進学でお金を遣うからあまり自由になるお金がなくて。入学してしまえば少しは自由に遣えるから、それからでも良い?」

7.どうでもいい理由をいくつか用意しておく

これは遠回しに相手に誘わないでと言っているかのような断り方です。そこまで近いママ友でもなく、ただ変な断り方もできないような微妙な人に使えます。

ランチ会を断るほどでもないような、どうでもいい理由をいくつか用意しておきましょう。誘われるたびにどうでもいい理由でサラリと断るのです。

おそらく3回ほど誘われた後は、もうお誘いはこないはずです。

  • 家の点検がある
  • マンションの清掃が入る
  • 保険の営業がくる
  • ダイエット中

どうでもいいママ友であればこんなどうでもいい理由で断るのが一番です。

どうでもいいママ友の断り方の例

「ごめんねー。その日はモデルルームの見学に行こうと思っているの。」

「あ、その日は営業の人が来る日なんだよねー。」

8.ランチ会には興味なし

嫌いな人で今後誘われたくない人の断り方は、ストレートにランチ会には興味がないことを伝えましょう。これはそのママ友とは疎遠になるのを覚悟してください。むしろ疎遠になりたい人に使う断り方となります。

「金曜日、ランチ会なんだけど来ない?」「ランチ会?あ、私は結構です。」

笑顔でピシャリと断ります。理由もつけません。理由はないけれどただ行かないと笑顔で言えば、ランチ会に興味がないか?自分に興味がないか?とにかくもう誘うのはやめようと思うでしょう。

今後の付き合い方を考えて断る

ママ友とのランチ会の上手な断り方を紹介しました。ランチ会を断る時には、まず今後このママとはどう付き合っていきたいのかを考えましょう。

ランチ会は断りたいけど、今後もママ友として必要なのか?もう会うこともないのか?同じ学校だから穏便でいたいのか?それによりどう断るべきかを考えるのが良いでしょう。

興味がある方は、嫌いなママ友との上手な付き合い方8選思わず共感してしまうママ友あるある7つも併せてご覧ください。

スポンサーリンク