彼氏と喧嘩になって、デートが最悪な雰囲気で終わる・・。考えただけでも、げんなりしますよね。せっかく付き合っているのだから、なるべく喧嘩をせずに仲良く過ごしたいものです。

世の中には「よく喧嘩するカップル」と、「ほどんど喧嘩しないカップル」が存在します。一体何が違うのでしょうか?今回は、喧嘩しないカップルの特徴をご紹介します。

スポンサーリンク

1.言いたいことを我慢せずに言い合える

付き合っていると、彼氏の悪いところも見えてきます。直してほしいところや不満を黙っていれば、その場では喧嘩になりません。しかし、言いたいことを我慢しているとストレスが溜まるし、いつか爆発して大喧嘩になってしまいます。

逆に不満などを我慢せずに、言いたいことを素直に言い合えるのが喧嘩しないカップルの特徴です。

良い関係を築くのに大切なのは、本音を素直に打ち明けること。勝手に我慢してストレスを限界まで溜めて、いざ本音を告げる時にきつい口調になっては喧嘩になるだけです。

なるべく柔らかい口調で彼を思いやりつつ、言いたいことを言うのが大切なんですね。

2.ユーモアを交えて伝えられる

ユーモアはコミュニケーションをスムーズにします。「〇〇くんのここを直してほしいな」というのを喧嘩口調で言うのか?ユーモアを交えて言うのか?相手が受け入れやすいのは、ユーモアを含んだ言い方ですよね。

また、喧嘩口調で言うよりも笑いを交えて言うことで、自分の気持ちも少し和らぐものです。

遅刻癖がなかなか直らない彼なら、敢えてぶりっ子口調で「もう!いつも遅刻ばっかりで泣いちゃうぞ!プンプン」とポーズ付きで言ってみたり・・。こうすれば深刻な調子にならず、冗談っぽく彼に気持ちを伝えることができます。

笑いを交えてだと、「彼氏が真剣に考えてくれないかも・・」という不安もあるかもしれません。それでも、「なるべく和やかに面白く伝えよう」という気持ちが心の余裕を生むのです。

3.「男は所詮いつまでたっても子供」と彼女が心得ている

たとえ大人になっても、男はいつまでも子供の心を持っているものです。また、同い年の男女であっても、どうしても女性の方が精神年齢が高くなりがちなんですね。そんな中で、「男は結局子供なんだ」と思っておくと喧嘩になりづらいです。

例えば真剣に話し合いたい時も、彼氏がなぜか茶化してきてイラっとした経験はありませんか?また、思わぬところで彼が意地を張り出して、びっくりしたという人もいるかもしれません。

真剣な話し合いなのに茶化してきたり、変に意地を張ったり・・。こんな男の行動も、「男はいくつになっても、小学生男子みたいな心を持ってるものなんだ」と思っていれば、そこまでイライラしません。

女性の方が大人になって「はいはい」と流せるのが、喧嘩しないカップルの特徴です。

4.彼女が男のプライドについて熟知している

彼女に男のプライドを傷つけられた時、喧嘩になることが多いです。しかも、男のプライドって女性にとってなかなか理解しづらいもの。知らない間に彼氏の心の地雷を踏んでしまっているかもしれません。

男性のプライドとは、女性から見ると「えっ、そんなところにこだわる?」という馬鹿げたことが多いものです。

例えば、男友達の前で冗談で彼氏をけなしただけで、「男を立ててくれよ」と不機嫌になったり。もしくは、彼氏よりも彼女の給料が高いというだけで卑屈になったり。

そんな微妙な男のプライドを察知しておけば、不要な喧嘩も避けられるはずです。彼女が「どうすれば男をたてることができるのか?」と考えているカップルは喧嘩が少ないのです。

5.彼氏に決して「正論」を言わない

一般的に男性よりも女性の方が口達者なものです。そのため、喧嘩では女性が捲し立てて男性が黙り込んでしまう・・なんてパターンが多いのです。

女性としては正しいことを言っているつもりなのに、男性は上手に答えられない・・。女性は答えが欲しいのに答えてもらえないし、男性は一方的に言われまくりストレスが溜まる。これでは喧嘩がヒートアップするだけです。

女性の「あなたのここが悪い!」という言い分は、確かに「正論」であることも多いです。ですが、そんな正論は男のプライドを傷つけるだけです。喧嘩口調で「ここを直してよ!」と言われて素直に受け入れられる男性はなかなかいません。

喧嘩をしないカップルは、たとえ正しいことでも言うと逆効果になる「正論」もあると心得ています。特に男性はプライドが高いので、女性から言われると心が萎えてしまうものです。

たとえ彼が悪かったとしても、どうしても言わないといけないこと以外は指摘しないのが賢明です。

6.頻繁にスキンシップしている

長く付き合っているとマンネリしてきて、スキンシップも減ってくる・・。カップルにはよくありがちなことですよね。だけど、お互い無関心すぎてスキンシップが全くなくなってくると良い関係を保てません。

日頃から頻繁にスキンシップをしていると、わざわざ言葉にしなくても、お互いに愛情を示すことができます。そのため、スキンシップが多いカップルは喧嘩が少ないのです。

また、少し険悪な雰囲気になっても、積極的にスキンシップをすることで深刻な喧嘩になるのを防げます。付き合いが長くなって彼氏の存在に慣れてきた時こそ、意識的にスキンシップをするのが大切なのです。

7.お互いに干渉せず程よい距離感がある

カップルがうまく付き合うためには程よい距離感が大切です。大人になれば仕事や趣味・友達付き合いなど、それぞれの世界があるはず。

お互いの世界を尊重していることが、いつまでも仲良しでいられるカップルの特徴です。そのため、一方が常に恋愛最優先でべったりした関係でいようとするとストレスになります。

人によっては「恋愛以外にも趣味や仕事も頑張りたい」という男性もいますし、「彼女のことは好きだけど、どうしても一人の時間が必要だ」という男性もいます。カップルの間でその感覚にズレがあると喧嘩になりやすいものです。

恋愛や仕事・友達などの優先順位は、人によって違うものです。お互いの違いを理解しつつも、ある程度距離感を持って付き合うことで喧嘩を防げるはずです。

8.2人とも嫉妬深くない

嫉妬は喧嘩の原因になりやすいものです。嫉妬は人間の中でとても強い感情だと言われています。一度嫉妬心を抱いてしまうと、なかなか頭から離れません。

喧嘩をしないカップルは、もともとお互いに嫉妬心が弱いのかもしれません。それは2人とも異性の友達が多く、オープンな性格なのかもしれませんし、お互いを信頼しあっているからかもしれません。

嫉妬深い人が嫉妬しないようにするのは難しいものです。だからこそ「相手を信頼しよう」「あまり彼氏に干渉しすぎないようにしよう」と心がけることが大切です。

彼氏を思いやりつつも素直になることが大切

彼氏と喧嘩せずに仲良くやっていくためには、やはり優しさと思いやりが大切です。かと言って、気を遣いすぎて言いたいことも言えないのではストレスが溜まるだけです。いつか我慢が爆発してしまうでしょう。

彼氏の気持ちに気を配りつつも、素直さも忘れないことが大切なんですね。いつまでも彼氏と仲良くいられるといいですね。

スポンサーリンク