自分の彼氏が人に自慢できるレベルなのかどうか・・考えたことはありませんか?

自分が好きになった人ですから、あなたから見れば自慢できる彼氏なのだと思います。しかし、他人から見た時に自慢しても良い彼氏なのかどうかの判断は難しいところですね。

自慢できない彼氏を自慢してしまうのは、ただの痛い彼女になってしまうので避けたいところです。

そこで今回は自慢の彼氏といえるための条件を紹介していきます。この条件に合う彼氏であれば、人にちょっぴり彼氏自慢をしてみましょう。

スポンサーリンク

1.誰から見てもイケメン

自慢できる彼氏の条件として大きな割合を占めるのは、イケメンであることです。

自分の彼氏がイケメンであれば、たくさん写真を撮って携帯に保存し、色んな人に見せびらかしたくなるでしょう。そしてその彼氏がイケメンであれば、写真を見せられた方も素直に羨ましいと感じるはずです。

しかし、このイケメンというのは、そのジャッジがとても難しいものです。人には様々なタイプがあるので、Aくんを最高のイケメンと思う人もいれば、Aくんを苦手な顔だと思う人もいます。

自慢できるイケメンであるためには万人受けする顔で、誰が見てもイケメンだと思う顔でなくてはいけません、つまりはタイプではなくても、整っている顔と認識される必要があるのです。

目鼻立ちがはっきりしていて爽やかなルックスの彼氏であれば、多数の人から高評価を受けるでしょう。あなたの彼氏が他人から見てもイケメンなら自慢しても良い彼氏だと言えるでしょう。

2.経済力がある

言い方は悪いですが・・男の頑張りは、お金に表れます。彼氏に経済力がある人は、単にお金を持っているということではなく、そこには様々な要素が含まれているのです。

経済力がある男性は何故そうなれたのか?それは努力をしてきたからです。学生の頃から勉強し、就活も真面目に頑張り、よい企業に就職した結果、経済力をつけたわけです。

反対に経済力がない人は、学生の頃は遊び、就活も適当にした結果、転職を繰り返して経済力がないまま年齢を重ねてしまっているのです。全ての人がそうではないですが、やはり経済力の有無にはその人の努力が出るのです。

よく「公務員は定時で終わって、ボーナスも休みも多くてズルいよな」なんていう男性がいます。しかし、公務員になった人は努力をしてきたのです。それを努力もせずに妬むのは間違っていますよね。

彼氏の年収まで公開する必要はありませんが、経済力があるということは彼氏の自慢できる大きなポイントといえるでしょう。

3.センスがある

彼氏にセンスがある人は自慢できます。このセンスとは、おもに外見に表れるものです。イケメンでなくても、お洒落でセンスの良い格好をしているとそのオーラが輝かしくて自慢したくなるものです。

同じスーツを着ているのに、何故かセンスを感じる男性っていますよね。スーツの着こなしやネクタイの合わせ方が上手なのです。

また私服のセンスも大切です。どこにでもジャージで行くような彼氏は自慢しにくいです。場所や時間や雰囲気に合わせて、その時々のコーディネートを考えるセンスのある彼氏は、どこに連れて行っても自慢できます。

  • BBQにはラフなシャツとハーフパンツに帽子にサンダルをセンスよく着こなす
  • レストランには着崩したジャケットをセンスよく着こなす

どこに行ってもセンスが良い彼氏は、どこに行っても自慢できるでしょう。

4.常識的

当たり前のことが、当たり前にできない男性が増えています。つまりは常識がないのです。

電車の中で電話をしたり、食べ物を食べるような非常識な彼氏は恥ずかしくて自慢どころではありません。逆にそのような人をきちんと注意できる常識と強さを持った彼氏であれば、自慢しても問題ないでしょう。

「今日バスで電話している高校生がいてね。私の彼氏が急にその高校生のところに行って注意を始めたの。驚いたけど惚れ直したわ!」というエピソードをしたとします。

これを聞いて嫌な気持ちになる人はいないでしょう。なぜなら彼氏が常識的な人だからです。常識を持っているのは当たり前のことですが、その当たり前なことができない時代・・。だからこそ常識を持って注意もできる男性は、人に自慢しても良いレベルの人といえるでしょう。

5.何か飛びぬけた才能が一つでもある

才能を持っているのは誇れることです。人より飛びぬけた才能が一つでもある彼氏は自慢できるでしょう。

  • 絵をかくのが天才的に上手
  • 歌が歌手のように上手
  • 運動で記録を出したことがある

このような才能は他人に十分自慢できるようなことです。自分の彼氏が記録を持っていたり、表彰されるようなことがあった時には、それを彼女として自慢しても良いでしょう。

6.人のことを悪く言わない

優しい彼氏を持つ人も自慢できるのですが、実は優しいというのは曖昧なものです。優柔不断な男性やNOと言えない男性も見方によっては優しいからです。

「私の彼氏本当に優しいの!」と自慢したところで具体性がないと自慢になりません。もし優しいことを自慢したいのであれば、その具体的なエピソードも添えると良いでしょう。

そして優しいよりも自慢できることであげられるのは、人を悪く言わない人です。男性は人を悪く言う人が多いです。また人のせいにしたり、人を陥れようとする人もいます。

そんな人が多い中で、人のことを悪く言わない彼氏は立派な男性です。「私の彼氏は人を悪く言わないの」と自慢するのは「優しい」ことよりも誇れることといえるでしょう。

7.とにかく大切にしてくれる

これはおノロケにもなりますが、自分のことをとても大切にしてくれる彼氏のことは、人に自慢しても良いでしょう。できれば、その大切にしてくれるという具体的なエピソードもあるとより素敵ですね。

  • 記念日の日付には毎月私の好きな花を買ってきてくれる
  • 病気になったら、いつも寄り添って看病してくれる
  • 私の意見を尊重して信じてくれる

このような具体的にどのように大切にしてくれているのか自慢してみましょう。どんなエピソードでも、彼氏が彼女を大切に想ってくれるということは自慢できる彼氏の条件といえるでしょう。

8.人から愛されている

老若男女から愛されているような、愛されキャラの彼氏である場合は文句なしに自慢のできる彼氏です。

理由はわかりませんが、その笑顔やオーラや話し方など全ての要素を含めて、人から愛される人というのが存在します。これは意識してもなれるわけでもなく、一種の才能ともいえるでしょう。どこに行っても、いつも話題の中心にいて皆に愛されるのです。

こんな魅力を持った人が彼氏だった場合は人に自慢してみましょう。「私の彼氏は人からすごく愛される魅力がある」これは声を大にして自慢できる才能であり魅力でもあります。そんな素敵な彼氏を皆に知ってもらいましょう。

客観的に彼氏を見る

自慢の彼氏といえるための8つの条件を紹介しました。恋は盲目なので、自分の彼氏がどんな彼氏であっても自慢したくなってしまうでしょう。しかし、まずは客観的に彼氏を見てください。

その上で誰に自慢してもおかしくない誇れるところがあったら、自慢の彼氏といえるでしょう。

興味がある方は、彼氏が大好きすぎる女性が注意すべき8つのことも併せてご覧ください。

スポンサーリンク