多くの場合、ずる賢い人は真の正体を隠しています。そのため見かけだけで判断して安心していると、気がついた時には犠牲者になってしまっていることも・・。

今回は、そのような「ずる賢い人」を見分けるべく、ずる賢い人の特徴や共通点を解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

1.人を利用するのが上手い

ずる賢い人は、とにかく人を利用するのが得意です。巧みな方法で相手をその気にして、自分の利益のために相手の好意を利用します。

自分が得するためなら相手に損害が及んだり、傷つくことも気にしません。利用する人間のことを何とも思わないのも特徴の一つです。感情に左右されないからこそ、人を損得勘定だけで上手く利用できるのです。

またずる賢い人は、上司などに聞きづらい質問や他者に直接言いにくいことなどを他人に押し付けるのも特徴です。自分が損することは人に任せる腹黒い一面も持っています。

もしあなたの周りに、「あの人はちょっとずる賢いかも・・」と思い当たる人がいるなら、その人にうまく利用されないように注意しましょう。自分が嫌だと感じることをお願いされても、はっきり「できない!」と答えることが大切ですよ。

2.相手によって態度が変わる

相手によって態度が変わる人の中には、ずる賢い人が多いようです。

例えば、機嫌をとっておくと後で自分の得になるような相手の前では、ものすごく腰が低いです。しかし、自分の成功などに関係のない人や目下の人、レストランの店員などには、ものすごく態度が悪く敬意が全くありません。

このように他者への態度を自分の損得基準で変える人は、自分のことしか考えていないずる賢い性格だと言えるでしょう。

あなたの周りには、相手によって態度が180度変わる人はいませんか?もしいるなら要注意です。ずる賢い人の偽りの態度や敬意に騙されて、うまく利用されないようにしましょう。

3.人が見てないところでは手を抜く

上司や同僚が周りにいる時はものすごく真面目ぶるのに、見られてないところでは仕事が雑で何に対しても手を抜く・・。そんな人、時々いますよね。そのような人もずる賢く、うまく世の中を渡り歩いている人が多いです。

人が見ていないところで手を抜いてしまう・・。誰だって経験したことがあると思います。これだけでは、ずる賢い人間ではありません。(自分に甘いとは言えますが・・)

ずる賢い人間は、『自分を評価する立場にある人』が見ていないところで手を抜く傾向があります。

数人のグループでプロジェクトに取り組んでいる時などに、上司や教授の前では熱心に振舞うのに評価する人間がいなくなると他人に押し付ける・・。これは典型的なずる賢い人の特徴と言えるでしょう。

4.人を説得するのが得意

ずる賢い人の共通の特徴として、人を説得するのが上手いというのが挙げられます。

そもそもずる賢い人とは、自分にとって都合のいい環境作りのために根回しをして、日頃から色々な人を味方につけておく力に長けています。そのため、人に上手いことを言って信頼を得て、自分の思った通りに相手を説得することが得意なのです。

言い換えると、ずる賢い人は他者の前で上手に振る舞うことで、常に敵を作らないようにしているといえます。周りの人もずる賢い相手の言葉に騙され、好印象をもってしまうのです。

そのようなこともあり、ずる賢い人は見かけだけでは判断することはできません。もしかすると、「感じが良くていい人だな」と思っていた人が、実はずる賢いヤツだった・・。そんなことも珍しくないのです。

5.おだて上手

ずる賢い人は言葉が巧みでおだて上手です。敵を作らずに人間関係を良好に保っておくためには、自分の得となる相手からは常に好かれておくことが大切だからです。

あなたの周りには、上司の面白くもないジョークに必要以上に笑ったり、ありえないような他者の個性をわざとらしいくらい褒めたりする人はいませんか?もし周りにいる誰かの顔が思い浮かぶのなら、その人はずる賢い可能性が高いです。

「人を幸せな気分にさせたいから・・」という理由なら問題ありませんが、自分の利益のためにしているならずる賢い人確定です。

6.状況が悪いと自分だけ逃げる

今まで一緒にいたのに、状況が悪くなると急に自分だけ理由を付けていなくなる・・。自分だけ逃げて平気で他の人に全ての責任をなすりつけるのも、ずる賢い人の特徴です。

ずる賢い人のトラブルが起きた時の逃げ足の速さは異常です。いくらその状況が自分のせいであっても、卑怯な手を使って他の人に尻拭いをさせる流れに誘導します。

周りにこのようなずる賢い人がいると厄介です。日頃から避けておいた方が身のためですよ。

7.平気で他人を悪者にする嘘をついて恨みを買う

ずる賢い人は、自分のためなら平気で他者を巻き込んだ嘘をつきます。自分の失態を隠すために、他人の名前を上げて平気で嘘をつきます。

また、他人を悪く言うことで相対的に自分を優位な状況にする嘘も得意です。普通に考えると「ひどすぎでしょ!」と思うようなことも、自分の利益のためになら何とも思いません。

悪者にされた無実の相手が、後で自分が利用されたことに気づくこともあります。当然、ずる賢い人への信頼は恨みに変わります。そうやって少しずつ恨みを買っているのも、ずる賢い人の特徴と言えるでしょう。

8.お世話になった人への不義理

人間はひとりでは生きていけません。誰かに必ずお世話になっているはずです。そんな恩義を何とも思わない人間が稀にいます。それがずる賢い人です。

自分が成長するために尽力してくれた人達の恩をあだで返したり、お世話になった人の調子が悪くなって利用価値がなくなると次の世話してくれる人間に乗り換えたり・・。

このような不義理を平気でする人間を周りは軽蔑するでしょう。しかし、自分の利益にならない人間にどう思われても痛くもかゆくもないと思っているのです。

ずる賢さには誠実に対応する

ずる賢い人は、他人の目を盗んで気付かれないように要領よく世の中を渡り歩くのが得意です。そのような人と対決するのはとても厄介ですね。

確かに周りにこのような人間がいるとストレスを感じるでしょう。しかし、いくら相手に文句を言ったところで、ずる賢い人の行動や性格を変えることはできません。

そのような時は正面からぶつからずに、できるだけ距離を置いて関わらないようにすることが大事です。あなたは誠実な対応をしつづければいいのです。

そのようなずる賢い行動は、いつかふとした時に周りに気付かれるものです。その時に、日頃から誠実にコツコツと努力をしてきたあなたの実績が必ず認められるはずです。

興味がある方は、スッキリ爽快!心の中から嫌いな人を消す方法8選これで大丈夫!上手な嫌いな人との接し方8選も併せてご覧ください。

スポンサーリンク