素敵で美人なママが周りから冷たくされていて、それを不思議に感じたことはありませんか?

「どうして他のママ達は、あんなに美人ママのことを悪く言うのだろう・・」と聞くこともできずに、モヤモヤした気持ちが大きくなるでしょう。

美人ママが嫌われてしまうのには、いくつか理由があるのです。今回は美人ママが嫌われる理由を紹介します。

スポンサーリンク

1.美人ママであることを妬んでいる

女の僻みは怖いものです。美人ママであるというだけで女の嫉妬をかってしまい、冷たくされてしまうことがあるでしょう。

学生の頃のことを思い出してください。クラスにいた美人な女の子に対して、冷たくしている人はいませんでしたか?可愛くて美人で男子からも人気のある女子は、なぜか女子の反感をかってしまうのです。

それは性格が悪いわけでも、嫌なことをしたわけでもありません。ただ妬んでいるだけなのです。それは大人になっても変わらず、美人ママに対して冷たくしてしまうのです。

  • あのママなんだか嫌な感じよね
  • あのママの子育てには問題はあるわよね
  • あのママの言うことはよくわからないわ

このように理由をつけては美人ママを悪く言い、冷たい態度をとるのです。周囲から見れば妬んでいることがすぐにわかりますが、本人は妬んでいるだなんて絶対に認めないでしょう。

2.憧れが強い憎しみに変わった

美人ママに同性として憧れる人も多いでしょう。最初は憧れて仲良くしていたかもしれません。一緒にお茶をしたり、お家に遊びに行ったりと交流を深めていたという人もいるでしょう。

しかし、憧れが強ければ強いほど少しのきっかけで、それが憎しみに変わってしまうことがあるのです。

  • 自分以外のママと仲良くランチをしていた
  • ママ会に自分は誘われなかった
  • 自分以外の人に相談ごとをしていた

きっかけは些細なことだったのでしょう。しかし、憧れていたからこそ、小さなことでも裏切られたように感じてしまうのです。美人ママを独占したかったのかもしれません。

憧れから憎しみに変わるのは一瞬です。そのため美人ママは憧れている人も多い分、嫌われる人も多いのです。

3.美人であることを鼻にかけている

美人ママの中には、美人ママであることを自慢し、鼻にかけている人もいるでしょう。高飛車でプライドの高い人です。せっかく美人でもこのような性格でいると、周りに人は集まりません。冷たくされてしまっても仕方がないといえるでしょう。

美人であることを鼻にかけている人は、自分以外のママ友のことを見下したように話すことがあります。また自分の美人自慢や美人エピソードも常にアピールしてきます。

  • 「子持ちなのにナンバされちゃって嫌になるわ」
  • 「この前雑誌に載ったんだけどね~」
  • 「そういう服はどこに売っているの?私はデパートしか行かないから・・」

会話の中に嫌みに感じるようなことが何回か入ってきたら、一緒にいてもうんざりしてしまいます。このようなタイプの美人ママは嫌われて冷たくされてしまうのです。

4.美人すぎて接し方がわからない

イケメン男性と話すのは緊張します。それと同じように美人ママと話すのはなんだか緊張しますよね。なんとなく自分とは違う世界の生き物のように思えてくるのです。

そのせいか美人ママの周りには、同じような美人ママが集まっていることが多いです。やはり類は友を呼ぶのか・・同じようなタイプの方が居心地良いのかもしれません。

美人ママはいつも美人ママといる。そのように思ってしまうと、美人でない自分が美人ママにどう接して良いのかわからないのです。こんな会話美人ママにはつまらないかな?私なんかがこんなこと美人ママに言ってもいいのかな?といらぬ気を遣ってしまうのです。

接し方がわからないので結果、冷たくみえるような対応となってしまうのかもしれません。

5.理由はないけれど皆が嫌いだから

「美人ママはなぜか嫌われているな・・」と感じ不思議に思っているあなた。不思議だけど嫌われているから、なんとなく自分も好きになれない・・。なんて先入観を持っていませんか?

女性は噂好きです。誰か一人が美人ママのことを悪く言っていると、その噂は瞬く間に広がります。そうすると自然と『あの人は皆の嫌われ者』というイメージがついてしまうのです。

皆から嫌われている人に、わざわざ優しくしようと思う人は少数です。大多数の人は、「自分も皆と同じように冷たくしよう・・」と無意識にしてしまうのです。そのため知らないうちに敵が多くなり、嫌われることとなってしまうのです。

6.一緒にいると惨めになる

美人ママは忙しくてもスッピンであっても、いつでも素敵で美人。子どもから見ても自慢のママといえるでしょう。

そんな美人ママと一緒にいると、なんだか自分がとてもダメなママに思えてしまうのです。劣等感のようなものを感じてしまうのかもしれません。

  • この人は朝から美人なのに、朝の私はなんでこんなにブスなんだろう
  • この人は幼稚園の送り迎えも綺麗な格好をしているのに、私はジャージにサンダルで情けないな
  • この人は毎日生き生きと過ごしているのに、私はなんだかじめじめした生活しているな
  • この人の子どもは美人になりそうな顔だちなのに、私の子は私に似てしまって可哀想だな

普通なら何も感じることのない日常でも、美人ママがキラキラしていることで自分がダメなママに思えて惨めになってしまうのです。そのため、いつの間にか美人ママと一緒にいることを避けるようになってしまいます。

美人ママからすると何故急に嫌われてしまったのかと悩んでしまいますが、一緒にいる人にも苦悩する理由があるのです。

7.自分の夫や周りの男性がちやほやする

美人ママを家に招待したら、夫がテキパキと働いてニコニコ対応していた。そんな経験ありませんか?

夫といえども男です。男はいくつになっても美人に弱いのです。美人ママが自分の家に来ていたら、自然と良いところを見せようとはりきったり、優しくしてしまうものでしょう。しかし、妻は面白くないですね。

そんな夫に対して怒りの気持ちを感じるのと同時に、なんだか美人ママにも怒りの気持ちが生じてしまうのです。それ以来家に招待することはなくなるでしょう。

またお店に行っても、行事に行っても、どこに行っても美人は優遇されます。そんな男たちに飽き飽きしつつ、男を魅了している美人ママに対しても嫌悪感を持つようになり、嫌われてしまうようになるのです。

8.美人は冷たい

美人は同じように話していても、冷たい印象やきつい印象を持たれてしまいます。顔立ちが整っているので、それだけで強いイメージを持たれてしまうのかもしれません。

芸能人でも美人な人はツンケンしたクールなイメージがあるかと思います。同じ発言でも可愛い人がすると可愛く聞こえるセリフも、美人な人がすると冷たく聞こえてしまうのです。

ママ友で過ごしていても、同じ発言でも他のママが言うのと美人ママが言うのでは印象が変わります。美人ママが言うと冷たく聞こえてしまうのです。

  • あの人は冷たい
  • つんけんしている
  • 気が強い

このようなイメージがついてしまい、嫌われてしまうのです。

美人は必要以上に笑顔を作ってニコニコしていなくてはいけないのかもしれません。美人ママにも美人ママなりの大変さがあるのですね。

自分の目を信じよう

美人ママが嫌われる理由を紹介しました。美人ママが嫌われているように感じる理由がわかってもらえたでしょうか?

美人ママでもそうでなくても噂ばかり信じることはせずに、あなたが実際に見たことや聞いたこと、あなた自身の直感を大切にしてください。美人ママだからといって嫌うことなく、まずは他のママと同じように一緒に過ごしてみましょう。

興味がある方は、思わず共感してしまうママ友あるある7つ嫌いなママ友との上手な付き合い方8選も併せてご覧ください。

スポンサーリンク