一度別れたカップルが復縁するには冷却期間が必要です。この冷却期間がないと、また同じようなことですぐに別れてしまったり、ダラダラとした関係が続いてしまい、結果良い方向にはいかないのです。

正しく冷却期間を過ごすことで良い関係で復縁をすることができます。そこで今回は復縁するための正しい冷却期間の過ごし方について紹介します。復縁したい彼がいる人は是非参考にしてください。

スポンサーリンク

1.冷却期間とは

まずは冷却期間がどのようなものか。本当に必要な期間なのかを説明していきます。冷却期間とは、お互いの気持ちを冷やして感情の整理をするための時間です。

別れるという決断をした二人は気持ちが乱れている場合が多いでしょう。何か嫌なことをされたり、傷つけられたのかもしれません。もしくは喧嘩をしてしまったのかもしれません。寂しさや悲しさのあまりに別れを決断したのかもしれません。

どんな理由にせよ、別れた直後は相手のことを考える気持ちが強くて熱いものになっています。また何が大切なのか見失っているのです。

そんな時に二人で会えば何が起きてしまうかわかりません。このような状態で復縁してしまっては、またすぐに同じことでダメになってしまいます。そこでまずは熱い気持ちを冷ます期間を設ける必要があるのです。

復縁する二人にとって、この冷却期間は必要不可欠なものであり、冷却期間をとってから復縁をする二人は上手くいくはずです。

2.冷却期間はどれくらいとる?

ではこの冷却期間とはどれくらいとるものなのでしょうか?実際はそのカップルによっても様々なケースがあるので一概には言えません。お互いの性格や別れた原因にもよるでしょう。そこでいくつかのケースを紹介します。

短くても1ヶ月

すれ違いでなかなか会えない寂しさや、気持ちのすれ違いでのささいな喧嘩での別れの場合。このような時には相手を好きという気持ちにぶれはなく、ただ単に時期が悪かっただけとも言えます。

1ヶ月だけ冷却期間をとれば、いかにパートナーが自分にとって大切な存在かに気付くことができるでしょう。それから復縁をすれば、より相手を思いやれるカップルになれるはずです。

6ヶ月

  • 喧嘩が絶えない
  • 相手の嫌なところが目につく
  • なんとなく飽きてしまった

このように大きな原因はないけれど、なんとなくマンネリ化して倦怠期がきて別れてしまったという場合。このような時には6ヶ月ほど冷却期間をおいてみましょう。

その6ヶ月の間に自分にとって一番大切なのは誰なのか?手放してはいけない人は誰なのか?を再認識できるでしょう。半年あればマンネリや倦怠もなくなり、また新鮮な気持ちで付き合いをスタートできるはずです。

1年以上

浮気、借金、暴力など、決定的な何かがあって別れてしまった場合は冷却期間を長くとりましょう。相手もしくは自分が変わる必要があります。人はすぐには自分を変えることはできないので1年は期間が必要です。

この1年の間に相手のために頑張れる、また相手を待てるほどの愛情があるのであれば、1年たって復縁しても上手くいくでしょう。ただし、これは『変わっていること』が前提となります。冷却期間中にどう変わるのかがポイントです。

短すぎても気持ちの整理をすることができず、かといって長すぎても過去の人になってしまいます。それが冷却期間の難しいところです。

まずは自分の心に自問自答してきちんと気持ちの整理ができているか、客観的に自分や相手を見ることができているのかを確認してみましょう。

3.冷却期間中の彼との連絡

冷却期間中の彼との連絡はどうしたら良いのか。それはずばり『連絡はしない』ことです。

冷却期間といっておきながら、メールをしているのではなんの意味もありません。例えメールであっても連絡をとっているだけで、頭を冷やして心を整えることなんてできません。まったく意味がないのです。

冷却期間中に連絡をまったくしないのは不安になるでしょう。

  • 新しい彼女ができているかもしれない
  • 遊びまくっているかもしれない
  • 悲しんで泣いているかもしれない

このように色々と考えてしまうはずです。しかし、それでダメになるのであれば冷却期間が終わってもダメになることが目に見えています。連絡をしたくても我慢。絶対に連絡をせずに、相手を考えるだけの日々を送ることが冷却期間なのです。

4.会えない時にあなたがするべきこと

会えない冷却期間には何をして過ごせば良いのでしょうか?ここでは2つのことを紹介します。

自分磨き

まず一番にすべきことは自分磨きです。別れてしまった原因は、どんな理由にしろあなたにも原因があるはずです。

  • わがままばかり言っていなかったか?
  • 彼に依存しすぎていなかったか?
  • 女子力が低下していなかったか?

今一度自分を改めてみましょう。そして冷却期間にこそ、それを改めるべきです。

冷却期間が終わっても、あなたが何一つ変わっていないのではなんの意味もありません。復縁することもできなければ、たとえ復縁してもすぐにまたダメになってしまうでしょう。

久しぶりに会ったあなたが女子力が上がり、性格も穏やかになっていれば、彼ももう一度付き合いたいと願うはずです。彼から追われるような女を目指しましょう。

他の男性を見る

冷却期間に他の男性を見ることも大切です。付き合っている時は彼一筋で、他の男性なんて目に入らなかったことでしょう。

別れた後も彼のことを引きずり、他の男性には興味がわかないかもしれません。しかし、世の中にはたくさんの男性がいます。視野を広げて周りを見れば、彼にこだわる必要がないくらい素敵な男性がいるかもしれません。

一度ダメになってしまったのには理由が存在します。付き合っていたのですからダメな部分があっても、喧嘩ばかりでも情や意地があるので復縁にこだわる気持ちもわかります。しかし、絶対に復縁をすることが一番とは限りません。

他の男性とも交流をし、色んな人がいることを知るべきでしょう。その上で復縁したいと思えたなら、彼への愛情はもっと確かなものになるはずです。

5.相手の動向が気になる時

冷却期間を半年も1年もとると、その間に彼が何をしているのかがとても気になるでしょう。

  • もしかしたら、新しい恋人がいるかもしれない・・
  • もしかしたら、夜遊びばかりしているかもしれない・・
  • もしかしたら、遠くに引っ越しでしまったかもしれない・・

仕事は続いているかな?風邪はひいていないかな?寂しがっていないかな?ずっと一緒にいた相手なのですから、彼のことが気になるのは当たり前です。

そんな時に、つい連絡をしてしまいたくなるでしょう。そっと顔を覗きに行きたくなるでしょう。最寄りの駅で偶然会わないかと待ってしまうことも・・。しかし、このようなことは絶対にやめましょう。

連絡したり会ってしまうと冷却していた気持ちがまた熱くなってしまいます。どうしても彼の現状が気になる場合は、友達伝いに聞く程度が良いでしょう。「○○元気にしてる?」と一言聞けば、彼の動向を知っている友達は少し情報をくれるはずです。

6.冷却期間の終わり方

冷却期間を決めて距離をとっていた二人は、どのように冷却期間を終えるのでしょうか。通常であれば6ヶ月と冷却期間を決めたのであれば、6ヶ月たった頃にどちらかが連絡をして会うこととなります。

この連絡についてですが、あなたから連絡を入れるのはやめましょう。6ヶ月たって連絡がこなくても、しばらく彼からの連絡を待ってみてください。

もしかしたらまだ気持ちの整理がついていないのかもしれません。復縁に踏み切るほどの気持ちはないのかもしれません。どのような理由にしろ、あなたと復縁したいのであれば、彼はすぐに連絡をしてくるはずです。

連絡がこないというのは復縁を悩んでいる証拠です。そこであなたが連絡を入れても復縁は上手くいきません。彼からの連絡を待って、彼のペースと意志で復縁を決断させるのが一番上手くいく方法なのです。

冷却期間は自分を見つめる期間

復縁するための正しい冷却期間の過ごし方を紹介しました。復縁をするためには冷却期間は必須です。ただ離れているだけの期間にせず、自分を見つめて自分を向上させるための有意義な期間として使いましょう。

彼が離れてしまったと泣いているだけでは何も変わりません。是非参考にしてみてください。

興味がある方は、元彼と復縁できる!?電話占いヴェルニの当たる先生の口コミ3分でわかる!復縁カウンセラーの正しい選び方と必要な理由も併せてご覧ください。

スポンサーリンク

今すぐ元彼の本音を知りたくない?

復縁するためには客観的な第三者のアドバイスが必要です。あなたは一人で暴走して撃沈する?それとも、復縁相談のスペシャリストに元彼の本音を予測してもらう?

まだ元彼を諦めてないなら、今すぐレビューを確認しよう!