「お前、独りよがりなんだよ!」こんなこと彼氏に言われたことはありませんか?

良かれと思ってやったのに嫌がられたり、自分では当たり前だと思っている行動を彼氏に否定されてしまう・・。なかなか辛いですよね。だけど、そんな恋愛の傾向を改善しないと、また同じ失敗を繰り返してしまうかもしれません。

今回は独りよがりの恋愛から卒業する方法を紹介します。

スポンサーリンク

1.ギブ&ギブを心がける

人間関係はお互いがお互いを思いやる、ギブ&テイクが大切と言われています。それなのに独りよがりな女性は、とにかく彼氏に「愛して欲しい!」「もっと好きって言って!」などなど、欲しがってばかりの傾向があります。これでは彼氏がウンザリしてしまいます。

また反対に何かをしてあげた時にも、「せっかく○○してあげたのに!」と好意を押し付けて、見返りを求めるのもよくありません。

とにかく恋愛においては、「彼氏が好きだから、いろいろやってあげたい。だから見返りは求めない!」そんなギブ&ギブの精神が大切です。相手に求めすぎたり、見返りを求めるのは、ただ自分のことしか考えていない独りよがり。相手を愛することとは違います。

「自分が好かれているかどうか、彼氏が自分に何をしてくれたか?」を気にするのではなく、「彼氏を喜ばせるために何かしてあげたい!」という気持ちを大切にしましょう。

2.連絡の返事を強要しない

彼氏にLINEを送ったのに、既読スルーのまま返ってこない。電話もしたのに連絡がない・・。ついヤキモキしてしまいますよね。だけど、彼氏も仕事が忙しかったり疲れていたり、連絡が返せない事情があったのかもしれません。

また、「LINEなんて、数分あれば返せるでしょ?」「普通寝る前に彼女に連絡くらいするでしょ?」このように自分の考えを押し付けてしまうのは、独りよがりと言えます。

男性と女性ではLINEや電話などに対する意識が違います。女性はマメに連絡するのが好きな人が多いですが、彼氏は「会ってる時が一番楽しいから、連絡手段なんてどうでもいい」と考えているのかもしれません。

「彼氏とLINEしたいなぁ」と思ったり、返事を待つのは自然なことです。だけど彼氏に返事を強要しないことが大切です。返事を待つのが辛いなら、「いっそ大切な用事以外は連絡しない」など割り切ってしまった方が楽かもしれませんね。

3.お互い1人の時間を大切にする

恋人とどれくらいの頻度で会いたいか・・。これには男女差や個人差があるものです。お互いの生活やペースがあるからこそ、会いたい頻度がお互い食い違ってしまうと辛いですよね。

特に独りよがりな女性は、相手の気持ちを無視して「とにかく常に一緒にいたい!」という人が多いです。

彼氏は友達と遊んだり、趣味の時間も大切にしたいのに、「週末はずっと一緒にいて!」「仕事帰りも会って!」と強要してしまう・・。これでは彼氏もストレスが溜まってしまいます。

それに常に一緒にいると早く飽きられてしまいます。独りよがりの恋愛から卒業して恋を長続きさせるためには、お互い1人の時間を尊重するようにしましょう。

4.未来よりも今を楽しむ

大好きな彼氏と一緒にいると、つい妄想が広がってきてしまいますよね。

「今度一緒にあそこへ行きたいなぁ」とデートの計画を立てたり、「1年後も仲良しでいられたらなぁ」と願う・・。その程度なら微笑ましいですが、それも行きすぎると独りよがりになってしまいます。

例えば、彼氏が何も言っていないのに1人で勝手に「一年以内には一緒に住み始めて、○歳までには結婚して、子供は2人産んで・・」などと話を進めてしまう。こんな独りよがりな思考は、男性からしてみると軽く恐怖を覚えます。

1人で考えてワクワクするくらいならいいのですが、その妄想を相手に押し付けるとドン引きされてしまいます。先のことを楽しみにしすぎるよりも、とにかく今を楽しむことが大切です。

また、いつ一緒に住み始めるか?結婚はどうする?なども1人で考えすぎず、彼氏のペースに合わせてあげると良いでしょう。

5.彼氏を疑わずに信用する

恋愛をしていると楽しいことばかりではないですよね。

  • 「彼氏といつまで一緒にいられるのかな・・」
  • 「彼に他に好きな人ができちゃったらどうしよう・・」

このような不安を抱いてしまうのも、よくあることです。だけど、それをそのまま彼氏にぶつけると、「独りよがり女・・」と思われてしまいます。

  • 「彼氏が本当に自分のことを好きか」
  • 「もしかして浮気をしているんじゃないか」

このような疑問を彼にそのままぶつけるのは、信用していない証拠です。そんなことを聞かれたら、彼氏は「好きで一緒にいるのに、なんで信じてくれないんだろう」「やましいことは何もないのに、なぜ疑われないといけないんだろう」と悲しくなってしまいます。

恋をしていれば、いろんなことが不安になるのは自然なこと。だけど、そんな自分を認めてあげつつも、「彼氏のことを信じよう!」という決意が大切です。

6.程よい距離感を保つ

恋人との距離感は人によって個人差があるものです。「彼氏には何でも話したいし、何でも共有したい!」と全てさらけ出そうとする女性もいます。だけど一方で、「彼女といっても他人だし、見せなくてもいい顔もある」と距離感を保ちたい男性もいるのです。

特に女性は「生活の中で恋愛が一番大切!」と彼氏に依存してしまう人が多いもの。だけど、お互いに恋愛以外の生活があります。特に社会人になると仕事に友達付き合いや趣味など、何かと忙しいです。

大人の恋愛を長続きさせるためには、程よい距離感が大切なのです。

例えば、彼氏が落ち込んでいたり忙しい時、優しくしたり慰めてあげたくなる時もあると思います。だけど、中には「弱っている姿は見られたくない!」「辛い時は1人になりたい」という男性もいるのです。

「私がそばにいないと!」という好意の押し付けをしないようにしましょう。彼氏のペースに合わせて、時にはひっそり見守る姿勢も大切です。

7.結婚に焦らない

ある程度歳をとって、周りの友達がどんどん結婚していく・・。そんな時、つい焦ってしまいますよね。だけどその気持ちを彼氏に押し付けてしまうのは絶対NGです。余計に婚期が遠のきますし、彼を急かしすぎると「独りよがりだ!」と思われてしまいます。

大好きな彼氏と早く結婚したくなるのは自然なことですし、「本当に結婚できるのかな・・」と心配になる気持ちもよくわかります。だけど、そこで彼に結婚を問い詰めてしまうのは、彼の気持ちを無視していることになります。

結婚はお互いにとって人生を左右する重大な決断ですし、特に男性側は負担や責任が重いのです。彼氏は「彼女のことは好きだけど、時間をかけて決めないと・・」と考えているのかもしれません。

また、「仕事が大変だから、今はそれどころじゃない」というパターンもあります。独りよがりに結婚のことを考えすぎず、お互いのペースを大切にしましょう。

相手の気持になることが何より大切

独りよがりな女性は、彼氏のことを考えているつもりでも、実は自分のことしか見えていない人が多いです。いい恋愛をするためには、自分の気持ちや考えを最優先するのではなく、とにかく相手のペースに合わせてあげることが大切です。

ぜひこの記事を参考にして、いい恋愛をしてください。興味がある方は、あなたは大丈夫?周りから嫌われる自己中女の特徴10選も併せてご覧ください。

スポンサーリンク