頼れる男って素敵ですよね。付き合うなら頼れる男じゃないと無理!って人も多いはず。今回はそんな頼れる男の特徴について紹介します。

スポンサーリンク

1.良く考えて行動する

頼れる男は自分の考えに確固たる自信をもっています。何かを決めなくてはいけない時「どうしよう・・どうしよう・・」と問題を前にオタオタしたりしません。

例えば、目の前に大きな課題を与えられたとします。そんな時、頼れる男はどうするかまず考えます。今までの自分の経験や知識を引きだして、しっかり考えてからでないと行動はしません。

時間がないからいって、「あっ!こうしよう!」「急がないといけないから、こんな感じでいいか!」などと即決することはありません。何も考えずに進むのはリスクが高すぎるからです。

頼れる男は与えられた問題や課題に対してきちんと向き合い、誰もが納得いく結果をだそうと努力します。オタオタしたり、途中で投げ出したり、投げやりにならないからこそ信頼が生まれるのでしょう。

そのため頼れる男は女性だけでなく、同性からも一目置かれているのです。

2.強力なリーダーシップ

女性が憧れる頼れる男というのは、グイグイと引っ張ってくれるところがある男です。それは女性に対してだけでなく、自分の仕事に対しても同じです。

例えば一つの企画を進めるときに多少の批判があっても、自分に確信があることなら皆を説き伏せてプロジェクトを推し進めるだけの強引なリーダーシップを発揮します。

人の意見に流されたり何となく仕事をこなす男性よりも、反発なんて気にすることなく前進する姿は女性だけでなく、男性の心にも刺さるのです。

  • 「○○さんはやっぱりやってくれると思ったよな。」
  • 「あの人について行きたいよね。」

このように同僚や後輩からも兄貴的な存在として見られるのです。

「俺についてこい!」「心配しなくて良いから!」なんて、そんなちょっと強引な言葉を男性から言われたら、壁ドンよりもキュンキュンしてしまいますよね。やっぱり女性は強引な男に頼りたいと思ってしまうのです。

3.ポジティブ

頼れる男はポジティブです。厳密には、「ポジティブに考えよう!」と自分自身の感情をを上手にコントロールできる男です。

誰しも困難なことや、どうにもならないことに直面することがあるでしょう。例えば自然災害や仕事先の経営不振など、自分一人の力ではどうにもならないような局面が訪れたとします。

そんなどうにもならない問題に直面すると大抵は落ち込んで精神的にナーバスになります。

  • 「どうしてこんなことになったんだ・・」
  • 「どうせもうダメなんだから・・」
  • 「なんで自分ばっかりこんな困難なことに巻き込まれるんだ・・」

このように悲観的になるのは当然のことです。

頼れる男も本当は皆と同じように打撃を受けています。そして心も傷ついているはずです。それでも頭と心の重いスイッチをオフからオンに変えて、ポジティブ思考に切り替えられるのは頼れる男の特徴と言えるでしょう。

「困難は困難だけど、それが今の現状なんだ!」と現状を分析して、最善の方法を見つけようと努力するのです。このように苦しい状況で自分自身の感情を上手に切り替えられる男は、まさに頼りになる男と言えるでしょう。

4.相談してきた本人のためにストレートに物事を言う

頼りになる男性は相談するときちんと対応してくれます。たとえ自分が忙しくて時間がない状態でも時間を作ってくれます。それが自分にとってメリットがあろうがなかろうが関係ありません。頼られたらちゃんと応えてあげたいと純粋に思うのです。

後輩や友人であっても、彼女であっても的確にその立場にあった答えを返します。早く終わらせたり、何となく問題を先送りにすることはしません。

例えば嫌われたくないから上辺だけの話を聞いて、相手に心地良い回答をする調子のイイ人もいますが頼れる男は違います。相談事が難しく、その場で回答できないような内容なら時間をかけて考えます。

時には相手が傷つくような辛辣な返答をすることもありますが、その場しのぎの適当なアドバイスは本人のためにならないと思っているからです。「キツイことも言われたけど、やっぱり彼に相談してよかった!」と思ってもらえるように真面目に答えるのです。

5.包み込んでくれる優しさと細やかさ配慮

頼れる男は何に対してもグイグイと積極的で、冷静な強い男のイメージがありますよね?実はそんな強い部分ばかりではありません。最近は見た目もスマートで中性的な男性も多く、そんな男性が女性からモテています。

彼らのようなタイプは見た目は頼れる男とは程遠く、「本当に頼って大丈夫?」なんて思われがちです。どう見ても男らしい強さがない・・。それでも頼れる男の素養をしっかり持っているのです。

例えば、彼女が仕事などでトラブルに巻き込まれ精神的に追い込まれている時や、病気になって心身ともに弱気になっている時は、優しく包み込むように慰めてくれます。

失敗したことに対しても責めるのではなく、ちゃんとフォローして次に進めるようにサポートしてくれます。そんな優しさも頼れる男性の特徴です。

また、病気のときは食べ物を作ってくれたり、病院に連れて行ってくれたり・・。こちらの望んでいることを手際よく行ってくれるのも頼れる男の特徴なのです。

見た目はソフトだけど細かな配慮ができる頼れる男性は意外と多いですよ。

6.女性ができないことをさりげなくフォローする

日常で女性ができないようなことをさりげなくフォローする男性。そんな男性を頼りになると思うのは当然ですね。

例えば、女性では持てないような重い物を運んでいる時に横からやってきて、「変わってあげるよ!」と言ってヒョイと担いで運んでくれたとき。酔いつぶれた時や体調が悪くて座り込んでいたら、サッとやってきて抱きかかえられたとき。

こんな時、「頼りになる男だわ~」と思ってしまいます。男らしい力強さにドキドキしてしまいますね。ただ、頼れる男のフォローは力強さだけではありません。

女性が苦手なPCの故障や車のトラブルなどで困り果てているときに、「俺がやろうか?」「すぐに終わるから待ってて!」と言ってサクサク作業を進める姿にキュンキュンしてしまうこと間違いなしです。

そして、「頼れる男」は翌日から「気になる男」に変わることも・・。

7.勝負強い

頼れる男の最大の特徴は勝負強さでしょう。ここぞという大事な場面で必ず結果を残します。

  • スポーツの試合の最終局面で大逆転の立役者に
  • 大事な仕事のプロジェクトをリーダーとして成功に導く

このような「頼む!お願いだから何とかして!」と期待を一身に集める場面で結果を残すと男。男女問わず頼もしいと思うのは当然ですね。

このヒーローのような勝負強さが何回か続けば、周りから頼れる男と認定されるのは間違いありません。普通はその後プレッシャーに押しつぶされてミスを連発してしまいがちですが、その後もしっかり期待に応えるのが頼れる男の特徴なのです。

心の奥底では守られたい女心に刺さる!

女性はやっぱり頼れる男に憧れます。可愛い男や守ってあげたい男も良いけど、やっぱり心の奥底では守られたいのです。

  • 芯が強く自分の意見を持って進むポジティブな頼れる男
  • 困ったことがあると真摯に向き合い相談にのってくれる頼れる男
  • 見た目は頼りなさそうなのに気配りや優しさで包んでくれるソフトな頼れる男

できるなら、このような男性を彼氏にしたいものですね。興味がある方は、何だかんだみんな好き?悪い男がモテる理由6つだから好き!ツンデレ男子の8つの魅力も併せてご覧ください。

スポンサーリンク