会話が苦手で話がすぐに終わってしまう・・。何とか会話の苦手意識を克服したくても、なかなか難しいですよね。

そんな悩みを抱えている方のために、今回は会話の苦手意識を克服する方法を8つ紹介します。これを参考にして、誰とでも気さくに会話できるようになりましょう。

スポンサーリンク

1.聞き上手になる

タイミングよく相槌したり、リアクションを取ったり・・。聞き上手になれば、相手が勝手に話してくれるようになります。よく喋る人が相手なら、9対1ぐらいで黙っていても会話が成立するものです。

よく話す人なら何も考えなくても会話が途切れませんが、そんなに話さない人もいますよね。しかし、誰だって自分のことを喋りたいものです。上手く聞いて相手を乗せることができれば、いつの間にかノリノリで話し始めます。

  • 「その後どうなったの?」
  • 「他には何があったの?」

このように、会話に興味があるといったリアクションを取るだけで充分です。それだけで相手は気持ちよくなって、ついつい話してしまうのです。

自分がしゃべり続けることだけが会話ではありません。相手を気持ちよくさせて会話がスムーズに進む。このような経験を何度も積めば、会話に対する苦手意識がなくなり、今度は自分のことを話したくなりますよ。

2.話題を準備する

会話が苦手だと話すきっかけを作るのが難しいかもしれませんね。そのため、話題を準備しておくのも一つの手です。

ただ、話題を準備しても相手が、「そうなんだ・・」で終わってしまっては、せっかくの努力が水の泡です。すぐに会話が終わってしまい苦手意識が増すだけでしょう。そうならないためにも、相手の好きそうな話題を準備することが大切です。

このように話題を準備するといっても、相手に合わす必要があります。「この話をするぞ!」と一つに絞っていると役に立たないことがあるため、テレビやネットニュースで幅広く話題を集めておきましょう。

普段の会話なんて雑談がほとんどです。ひとつの情報に絞るのではなく、薄くて軽い情報を沢山仕入れておきましょう。

3.趣味を見つける

「会話が上手くなりたいのに趣味は関係あるの?」と疑問に思うかもしれませんね。しかし、趣味を見つけることで人付き合いは一気に増えます。元々知っている人でも、共通の趣味を持っていれば話題には事欠かないでしょう。

趣味が同じ相手なら、「何を話せばいいのだろう?」という会話が苦手な人の最大の悩みがなくなります。これは会話に苦手意識がある人には大きなポイントです。

映画、旅行、スポーツ・・なんでもいいです。オタクのように深い知識は必要ありません。会話を楽しめる程度の知識で十分です。

その他にも趣味とはちょっと違いますが、美容やダイエットなどの話題も使えます。同じ目的があれば、自然とコミュニケーションを取ることができますよ。

色々な知識が増えれば、あなたの知識を得ようと相手から話しかけてくれるでしょう。それに答えるだけで会話が成立してしまうのです。その頃には、会話に苦手意識なんてないでしょう。

4.沈黙を怖がらない

特に二人きりの時、沈黙が続くと気まずくなってしまいますよね。その場から逃げ出したくなってしまう時もあるでしょう。そんな状況を変えるために沈黙を打開しようとしても、空回りするだけで会話が続かない・・。こんな経験ありますよね。

沈黙は意識すればする程、ドツボにハマってしまうものです。会話に苦手意識があるのなら無理に頑張る必要はありません。会話しなければと意識すること自体が問題なのです。

沈黙になった時に相手が携帯を見始めたらちょっとホッとしますよね?無理に会話を続けるよりも、お互いマイペースに自分の事をやった方がいいのです。だからと言って、スマホばかり見ていては相手を不快にするため注意してくださいね。

5.堂々としている

会話が苦手だからといってビクビクしてはいけません。変に気を使わずに堂々としていればいいのです。堂々とすることで、周りからは「そういう人なんだな」と思われるでしょう。

全然喋らないのに周りに馴染んでいる人っていますよね。話を振られたら会話を始める・・。相手に気を遣わせることもなく、自然体でいる人を見習いましょう。

「何かしゃべらなければ・・」と緊張してビクビクしていると、周りにコミュニケーションが下手だと思われてしまいます。そうなると、あなたが話すときに周りが緊張してしまうのです。ウケる話もウケなくなってしまいます。緊張は伝染するのです。

会話が下手だからといって、別にマイナスにはなりません。それよりも周りを緊張させてしまう存在にならないように堂々としていることを心がけてください。

6.面白いと思ったことは、勇気を出して言ってみる

会話に苦手意識があると面白いことが浮かんでも、ついつい話すのを躊躇してしまいますよね。「盛り上がらなかったらどうしよう・・」なんて考えている間に話す機会を逃してしまいます。

あなたはプロの芸人ではありませんよね?話をまとめる必要もオチを付ける必要ありません。ハードルを自分で上げて、勝手に自滅するのはやめましょう。周りもプロのような会話を求めていませんから安心してください。

ただ、勇気を出しても望んでいる結果にならないこともあります。でも、会話なんてそんなものです。カラオケで歌う時に、周りに絶賛されないと思ったら歌うのをやめますか?気にすることなく歌いますよね?それと同じです。面白いことがあるなら、どんどん話しましょう。

7.表情を豊かにする

表情は会話をする際に非常に重要なものです。誰でも無表情な相手とは、長く会話したくありませんからね。表情を豊かにすることで会話がスムーズになり盛り上がるのです。

表情が豊かな相手に、「ちゃんと話を聞いてくれているな」と好感を抱くのが普通の人間です。さらに聞き上手のテクニックとセットにすれば効果は抜群でしょう。(モテたい女性必見♡聞き上手になる方法7つ参照)

とは言っても、いきなり表情豊かにしろと言われても困りますよね。そんな時は笑顔を心がけましょう。もちろん、表情のリアクションは大きい方がいいですが笑顔は万能です。笑顔が嫌いな人なんていませんからね。

素敵な笑顔は周りを明るくさせます。笑顔を作って素敵な会話を楽しみましょう。

8.仲の良い友達に助けてもらう

会話が苦手な人でも仲の良い友達が相手なら、そんな事はないですよね。初対面の人やあまり親しくない相手との会話に困ってしまうのではないでしょうか?

  • コンパなど初対面の相手と話す時
  • 友達の友達と一緒に遊ぶ時
  • 知り合い程度の人と話すことになってしまった時

こんな時は、いっそのこと友達に頼ってみるものいいでしょう。ある程度打ち解けてから話し始めるのと、お互い探り探りしているのとは随分と差がありますからね。

友達に橋渡しをしてもらって、自然に会話を楽しめる相手を増やしていく・・。これを繰り返せば、誰とでも話せるようになりますよ。

余裕をもって試すことが大事

会話の苦手意識を克服する方法を8つ紹介しました。あなたに合った方法を実践してもらいたいですが、克服しようなんて考えると緊張して上手くいかないものです。

周りもあなたが思っているほど会話の内容を気にはしていません。まずは肩の力を抜いて気楽に試す心の余裕を持ちましょう。

興味がある方は、コミュニケーション能力を向上させる8つの方法あなたは何個当てはまる?話がつまらない人の共通点10選も併せてご覧ください。

スポンサーリンク