「あの人は一緒にいて楽しい!」そう言われている人気の女性、あなたの周りにもいませんか?他の人とは違って、なぜかその場にいるだけで空気が明るくなり、和やかになる・・。そんな女性の秘密はなんなのでしょうか?

今回は一緒にいて楽しい人の特徴を紹介します。あなたは何個当てはまっていますか?

スポンサーリンク

1.いつも笑顔

一緒にいて楽しいのは、いつも笑顔で周りの雰囲気まで柔らかくしてくれるような女性です。ぶすっとしていたら声もかけたくないし、何か話しかけても無表情な女性なんて、あまり一緒にいたくないですよね。

いつでも笑顔でいることは大切ですが、注意したいのは不自然な笑顔にならないようにすること。明らかに無理して愛想笑いをしていると、周りもなんだか気を遣ってしまいます。

そうすると雰囲気がギクシャクして、いくら笑顔でいても一緒にいて楽しいとは思えません。大切なのは、心から笑って自然な笑顔を作ること。「いつも笑顔でいて楽しい人と思ってもらわないと!」と義務感になってしまうと意味がないのです。

とにかくいつでも、「自分も楽しみつつ、周りの人も笑顔にしたい!」と心から思って行動することがポイントです。

2.聞き上手

人は誰でも自分の話を聞いてもらいたいという欲望を持っています。そのため、聞き上手で人の話をどんどん引き出すことのできる女性は、「一緒にいて楽しい!」とみんな思うんですね。

だけど聞き上手とは、ただ「うん、うん」と人の話を聞いて、自分の意見を全く言わない人のことではありません。ただ聞き手に回っているだけだと、他の人から「つまんないのかな?」と不安がられるだけです。

聞き上手とは、相手の話に共感しながら効果的な相槌を打ちつつ、時々適切な質問をして話を広げられる人のこと。また、話すペースは人それぞれです。相手に合わせてあげると、より話を聞き出しやすくなります。

早口の人とはテンポよく話し、ゆっくり目に話す人とはのんびりしたペースを保つなどの細かい気遣いも大切です。興味がある方は、モテたい女性必見♡聞き上手になる方法7つも併せてご覧ください。

3.気を遣っていないようで遣っている

女性の中には、人に好かれるために女子力や気遣い上手アピールをする人がいます。だけど、明らかに「気を遣っています!」という気遣いは、他人から見ると案外気疲れするものです。気を遣われると相手まで恐縮してしまうし、中には不要な気遣いもありますよね。

理想的なのは、常に自然体で一見気を遣っているようには感じない。だけど、相手の負担にならない範囲で思いやりや優しさを発揮できたり、人の見えないところで気遣いができる・・。そんな女性なら周りから好かれます。

人からどう思われるか?を気にしすぎると、周りから見て「うざい気遣いさん・・」と思われてしまいます。とにかく目の前の人をハッピーにするにはどうすればいいか?を考えつつ、自然体でいることが重要ですね。

4.他人に対して心を開いている

誰に対しても優しくてサービス精神旺盛な人は、一緒にいて楽しく人気者になる傾向にあります。だけど、優等生キャラなのに、実は人に心を開いていない・・。そんな人だと、却って「裏表がありそうで心の中では何を考えているかわからない」という評価を受けてしまいます。

やはり人間は、自分に対して好意を持ってくれている人となら、「一緒にいて楽しい!」と感じてしまうもの。そのため、まず大切なのは他人に対して心をオープンにすることです。

あまり警戒心を抱かず、疑わず、感情を大らかに表現できる・・。そうやって、あなたから心を開けば、相手も自然と心を開いてくれるはずです。

現代社会では、何かと他人に気を遣ったり人の目を気にしたり、コミュニケーションでビクビクしている人も多いです。そんな中だからこそ、天真爛漫に心がオープンな人は、「一緒にいて楽しい」と愛されるんですね。

5.感情表現が豊か

よく笑い、泣きたい時は素直に泣く。時に子供のように無邪気にはしゃいでみる・・。そんな女性は魅力的ですし、一緒にいて飽きないので楽しいですよね。感情表現が豊かな女性は周りに好印象を与えるのです。

感情表現が豊かということは、自分を取り繕ったりせず、ありのままの自然体でいるということ。また、リラックスしてくつろいでいるからこそ、自分の素の表情を出せるのです。そんな女性は一緒にいるだけで周りを明るくさせて和ませます。

「人に嫌われたらどうしよう?」と思いながら行動するよりも、相手を思いやりつつも、とにかく自分の気持ちに素直になること。それが一緒にいて楽しい女性になる秘訣です。

6.誰とでもいい関係を築ける

人間であれば、やはり人に対して好き嫌いがあるものです。だけどそれは1人1人個性を持っているからこそ起こること。「この人気が合わないな〜」と感じてしまっても、それは決して悪いことではないのです。

「一緒にいて楽しい!」と思われるような女性も、嫌いな人に対して無理して仲良くなることはありません。適度に距離感を保ちつつも、たとえ嫌がらせをされても、さらっと大人な対応をできたり・・。そのようにストレスを溜めずに付き合う工夫をしているのです。

また、たとえ友達としてはNGなタイプでも、「仕事で頑張っている姿はすごいな」など、何かしら尊敬することはできます。一緒にいて楽しい女性は、そんな他人の尊敬ポイントを見つけるのが上手なんですね。

だから周りから嫌われるようなタイプとでも、それなりに上手くやれるのです。

7.「親しき仲にも礼儀あり」を実行している

良い人間関係を築くためには、尊敬の気持ちが大切です。いくら親しくても、関係がなあなあになって失礼な態度を連発していたら・・。周りの人は、「自分が蔑ろにされている!」と感じてしまいます。そうなると一緒にいて楽しいどころか、不快な人と思われてしまいます。

一緒にいて楽しい人は、「親しき仲にも礼儀あり」を大切にしています。

  • 友達との約束は必ず守る
  • 待ち合わせには遅刻しない
  • 借りたものはきちんと返し、お礼もする

当たり前のことのようですが、意外とちゃんとできていない人が多いです。

ちゃんと礼儀を守っていると、相手は「私はこの人に大切に扱われている」と感じます。その人を尊重している気持ちが伝わるからです。そうなれば、お互いに居心地のいい関係を築くことができるでしょう。

8.程よい距離感を保てる

お互いに楽しい関係を築くためには、仲良くなることが大切です。だからと言って、距離感が近すぎると他人は不快に感じてしまいます。

例えば、彼女でもないのに男友達に対して毎日LINEを送ったり、まだ知り合ったばかりの人の家に長居したり・・。「まだ親しくないのに、なんでこんなに距離感近いの?」と思われてしまうでしょう。

程よい距離感が保てるということは、人の状況や気持ち、2人の関係性や雰囲気など、敏感に察知できるということです。空気が読めて人の気持ちも理解できる人じゃないと、できないことなんですね。

この距離感は人それぞれなので、とにかく相手の立場に立って、ゆっくりと仲良くなっていくことが大切です。

思いやりを持ちつつも、自他ともに楽しむこと

一緒にいて楽しい人になるためには、まずは自分からコミュニケーションを楽しむことが不可欠です。そうすれば、楽しい気持ちは他人にも伝わります。

その際に相手のことを心から思いやる心を持てば、誰からも好かれる人になれるはず。よかったら参考にしてみてくださいね。興味がある方は、みんなに愛されるポジティブ女子になるための10の心構えも併せてご覧ください。

スポンサーリンク