自分の彼氏がなんだか女々しい気がする・・。できれば自分の彼氏は強くて男らしくあってほしいと思いますよね。しかし、そんなことで別れるなんて考えないでください。女々しい男はあなた次第で男らしく変えることができるのですから。

今回は女々しい男の特徴と女々しい彼氏を直す方法を紹介します。今日から女々しい彼氏を男らしく改善していきましょう。

スポンサーリンク

1.美に対する意識が高い

女々しい男は、女子力が高い人でもあります。男性であるにも関わらず、自分を美しく見せたいという願望があります。そのため、美に対する意識が高いのです。

鏡を見れば自分チェック。肌のチェック。ヘアチェック。ファッションチェック・・。夜になれば自分ケア。肌のケア。ボディケア。ヘアケア。ネイルケア・・。

こんな女子みたいな行動を1日中していると、なんて女々しい彼氏なのだろうとうんざりするでしょう。

美意識の高い彼氏を受け入れる

美意識が高く女々しさを感じている場合。正直、この美意識を低くするのは難しいです。無理に美意識を低くさせても、相手のストレスになってしまうでしょう。

女子のように自分を気にしていて女々しいと思うかもしれませんが、美意識が高い彼氏は悪いことではありませんので、プラスに考えるようにしてみましょう。相手を受け入れることも大切ですよ。

2.肌が白くて体が細い

見た目が女性のように軟弱だと、女々しい印象が強いですね。日焼けのしていない白い肌。そして女性のようなに華奢な細い体。このような男性は女々しい男の大きな特徴です。

このような男性は重い物を運んだり、強い力を発揮することができず、いつも誰かに頼っていることでしょう。これでは女性と一緒ですね。

弱々しい彼氏を直すには筋トレ

男らしく体を鍛えてもらいましょう。ジムに通ってもらうのが一番ですが、難しい場合は通わなくても家で筋トレを始められます。少しずつ華奢な体に筋肉をつけてもらい、体質改善をしていくのです。

体が変われば心も男らしく変化します。外見が変われば、内面も男らしくなりますよ!

3.決断できない

女々しい男は優柔不断で決断力がありません。特に重要な選択は、最後の決断ができません。彼女に決定を委ねてしまうことも・・。

自分で決めることができず、決めたことも二転三転と変わるような優柔不断な姿にイライラしてしまうでしょう。しかし、これは女々しい男にはよくある特徴なのです。

決められない彼氏を直すには

優柔不断な人は自分に自信がない人です。まずは彼氏に自信をつけさせましょう。小さなことでも彼氏に決めてもらう習慣をつけ、その決断を否定せずに受け入れて褒めてあげてください。

小さいことでも自分で決断できたことが自信になり、大きな決断もできるようになるはずです。あなたが彼氏の否定ばかりしていては、いつまで経っても女々しい男から改善させることはできませんよ。

4.とにかく怖がり

女々しい男の特徴は怖がりということです。何に対して怖がるのかというと、女性が苦手とするようなものです。例えば、虫・おばけ・大きい動物・火・高い所などが挙げられます。

このようなものを女性が怖がった時に、男性が助けてくれると男気を感じます。しかし、一緒になって怖がっているようだと・・。女々しくて頼りないですね。

怖がりな彼氏の改善法

怖がりを直すのは、なかなか難しいかもしれません。根気よく少しずつ克服をしていけるように手助けしてあげましょう。

本当に苦手で仕方ないものは許してあげて、少し怖さを感じているものに関して重点的に克服してほしいと伝えてください。「とりあえずこれだけなら・・」と彼氏も努力してくれるはずです。

5.チャレンジ精神がない

男らしい人は何でも果敢にチャレンジします。その姿勢は仕事でもプライベートでも変わりません。

仕事で新しいプロジェクトが始まれば、自分がやってみたいと立候補をします。休みの日にはサーフィン、山登り、料理など自分の知らない世界でも、積極的に挑戦して楽しみます。こんなチャレンジ精神がある男性なら、一緒にいるだけでパワーが貰えます。

一方女々しい男は、このようなチャレンジ精神がありません。自分の未知の世界に飛び込む勇気がないのです。また飛び込むことが面倒だと考えていることも・・。そのため、いつも同じようなことばかりを好みます。これでは刺激も成長もありませんね。

チャレンジしない彼氏の背中を押す

チャレンジ精神がない女々しい彼氏には、色んなことを少しずつ経験させましょう。あなた自身が前向きに彼氏を誘導するのです。とにかく「やってみてダメならやめたら?」と背中を押してあげてください。

小さなことでも始めようとするきっかけを作ることで、少しずつ何事にもチャレンジできるようになるはずです。

6.長い物に巻かれている

『長い物には巻かれろ』ということわざがあります。これは力のあるものには従っていた方が得策であるという意味です。女々しい男は、まさにこの長い物に巻かれている状態なのです。

誰に従っているのが自分にとって一番良いのかを考えて、その人の顔を伺います。このような思考は通常は女性に多く、男性であればそこまで損得を考えて人付き合いをしないものです。

長い物に巻かれていた方が楽という思考そのものが、女々しい男といえるでしょう。

彼氏に現状を意識させる

長い物に巻かれることも時には大切です。しかし、巻かれているだけの人生では面白くありませんね。男であれば自分の力を信じるべきです。そのことを言葉で伝えてみましょう。

彼氏も無意識に損得を考えて人付き合いをしているのかもしれません。その無意識を意識させるだけでも、行動が大きく変わってくるはずです。

7.弱音・愚痴・文句が多い

女性は負の気持ちを心に閉まっておくのが苦手なため、すぐに心に溜め込んだものを言葉にします。そのため弱音・愚痴・文句が多いように感じるのです。

そんな女性は愚痴を聞いてもらえるだけでスッキリ!さらに「大丈夫だよ」「大変だったね」という言葉をもらえると頑張れるのです。

一方で、普通の男性は我慢強い傾向があります。また男のプライドもあるので、弱音を吐くことを嫌います。愚痴や文句もあまり言わないでしょう。しかし、女々しい男には我慢強さも男のプライドもありません。

女性と同じように弱音を吐いて慰めてもらい、愚痴や文句をただ聞いてほしいと思うのです。本人はスッキリしても、聞かされる方はその女々しさにイライラするのです。

自分のことを情けないと思わせる

このような女々しい彼氏に弱音を吐くな!愚痴や文句を言うな!と言っても、急には直らないでしょう。我慢がストレスになってしまうことも・・。

弱音を吐いた時にだけ、男として強くなる助言をしてあげてください。

  • 「俺もうダメかも」→『ダメと思ったら本当にダメになるから、言葉にはしない方がいいよ』
  • 「上司に見捨てられた」→『これから挽回していけばいいこと!だからまだ言葉にするのは早いよ』
  • 「本当に最悪の一日だった」→『もっと大変な人もいるんだから・・。明日は最高の一日にしよう。』

弱音や愚痴や文句ばかり言っている自分が情けない・・。そう思わせることが肝心ですよ。

8.なんでも受け身

基本的には自分から行動せず、何でも受け身なのが女々しい男の特徴です。メールをするのも、デートを決めるのも、仕事をするのも、友達と遊ぶのも・・。自分から発信して行動を起こすようなことがありません。

なんでも受動的に人からの言葉やアクションを待っている・・。そんな彼氏にストレスが溜まっても無理はありません。

受け身の彼氏の改善法

受け身の彼氏には、自分で動く癖をつけましょう。あなたが何でも決めてあげていると任せきりになり、自分では何も動けなくなってしまいます。

まずは、あなたが行動を起こすのを我慢してください。受け身になって、彼氏が動いてくれるのを待ちましょう。そうすれば、彼氏は自分から動かざるを得なくなります。それを癖にすることで少しずつですが、何に対しても積極的になってくれるはずです。

女々しい男はすぐには直らない

女々しい男の特徴とそんな彼氏を直す方法を紹介しました。女々しい男は元々の性格が強く影響しているため、すぐに男らしく改善させることは難しいでしょう。しかし、少しずつ女々しい部分をなくしていくことは可能です。とにかく根気が大切ですよ。

興味がある方は、急増中!?女子力が高い男子の特徴9選恋愛においての男らしさとは?その8つの定義も併せてご覧ください。

スポンサーリンク