もしかしたら彼氏に冷めたかも・・と思う瞬間ってありますよね。好きな時なら許せることも、冷めてしまえば見るのも嫌になってしまう・・。

今回はそんな彼氏に冷めたかもと思う瞬間を紹介します。

スポンサーリンク

1.デートが憂鬱

大好きな時は毎日でも会いたくてしかたないものです。デートをして別れたばかりなのに、次のデートのことが気になって眠れないときも・・。毎日会っても飽きたらないくらいです。

でも、急に彼氏に会うのが憂鬱になることがあります。そんな時に、「冷めたかも」と思ってしまうものです。

大好きだった時は、「何着て行こう?」「どんなヘアスタイルにしょうかな。」とデートの前の日は、ファッションショー並みにあれこれ考えて眠れない状態だったのに・・。

それが冷めてしまったかもと思った瞬間、彼氏の好みのファッションなんて頭からすっ飛んでしまうのです。

「あ〜。面倒くさい。何でもいいか。」「行くの止めようかなぁ・・」なんてデートが憂鬱で仕方なくなります。会いたくないなんて致命的ですね。そんな気持ちでデートしたって盛り上がるはずありません。

2.LINEやメールがめんどくさい

彼氏に冷めたかも?と思ってしまうと、恋愛には必須アイテムのLINEやメールが面倒くさくなってしまいます。大好きだった時は、一日中LINEやメールがしたくてたまらなかったはず。

「おはよー!起きた?」から始まって「じゃあねー。おやすみ。」に終わるまでいったい何回、何十回ラリーしたことでしょう。可愛いスタンプや絵文字、顔文字を駆使して彼氏に大好きアピールするのに必死だったはずです。

でも、ある時から急にめんどくさく感じてしまうことがあります。そんな時、冷めたかなと思ってしまうのです。それからは、LINEやメールにも変化が表れます。

可愛いスタンプから無愛想なスタンプに変わり、ラブラブ全開のキーワードは姿を消し、なんとなくダルそうな雰囲気がメッセージからも伝わってくるほどの楽しくない内容になるのです。

3.電話を取りたくない

さらに彼氏に冷めたかも?と思うと、彼氏の電話には何度かに一回は出なくなってしまいます。「何で電話出ないんだよ!」なんて、彼氏に不機嫌そうに言われたらイライラ。「何でそんな言われかたしなきゃいけないの!」と逆ギレ状態。

彼氏からの電話を取るのが億劫になったら、本格的に冷めてきたと実感するでしょう。そして彼氏に冷めたことを再認識すると、さらに電話で声を聞きたいなんて思わなくなるのです。

大好きだった頃の意味のない長電話や、「おやすみ」コール、「起きた?おはよう!」のモーニングコールを思い出し、「あれは何だったんだろう・・」と冷静になってしまうのです。

そもそも、必要なことはLINEやメールで十分。電話の意味がわからない!こうなってしまうと、いよいよですね。

4.彼氏の話しが退屈

彼氏が自分の話しを一生懸命しているとき、彼女ならちゃんと話しを聞いてあげたり、ときにはアドバイスをしたりするでしょう。親身になって話しを聞いてあげるのが普通です。

でも、話を聞いているうちにとても退屈になったり、何を言ってるか話しの内容が全く頭に入ってこなくなったり・・。

  • 「そうなんだー。大変だね。」
  • 「へぇ~」

このように気の無い返事は当たり前。別のことを考えてしまったり、携帯をいじって話を聞くようになったり・・。要するに彼氏の話が退屈になり過ぎて、相手にするのが苦痛で仕方がなくなっているということです。

そのうち、一緒にいてもお互い無言で携帯ゲームをしたり、ひたすらSNSを更新したり。こうなったときに、「冷めたな~」と実感するのです。

5.友達優先

彼氏が大好きで仕方がないときは、何よりも彼氏が優先だったはずです。彼氏ができたら女友達の約束を平気でドタキャンする人もいるくらいですからね。

人によって度合いは違いますが、彼氏にのめり込むと周りが見えなくなる人も中にはいるでしょう。でも、ある日突然優先順位が逆転することがあります。

デートを約束していたのに、友達から急なお誘いがきた!そんな時に、思わずデートをキャンセルしてしまった・・。こんな時に、彼氏に冷めたと誰もが実感することでしょう。

「ゴメンね。急な仕事が入ったから会えなくなった・・」などと平気で嘘をついて、友達と楽しい時間を過ごします。ドタキャンしても悪いとは全く思っていません。こんな経験、あなたもありませんか?

6.スキンシップが嫌

手を繋いだり、じゃれあって抱き合いキスをしたり・・。このようにスキンシップを取るのは、恋人同士なら当然です。

大好きな彼氏と触れ合いたい!愛し合いたい!そう思っていることでしょう。でも、彼氏に冷めたのかもと思う瞬間は、そんなのスキンシップの最中に突然やってきます。

  • 手を繋いでこられたとき、思わずかわしてしまった
  • 抱きしめられて、キスされたのにキュンキュンしなくて冷静
  • 特に理由もないけど、エッチしたくなくて拒否

このような恋人同士なら当たり前のスキンシップが、突然嫌になってしまった瞬間に「冷めたのかも?」と思うのです。

7.他の男性といる方が楽しい

彼氏と一緒にいる時が一番楽しかったのに、最近は他の男友達と遊んでいるときの方が楽しいんだよな・・。そんなことを思ってしまったときに、「彼氏に冷めたかも・・」と誰もが思うことでしょう。

こうなってしまうと、彼氏との関係を終わらせる準備を始めてしまうはずです。気がつけば、別の気になる男性がいることも・・。そして他の男性からのデートのお誘いにも応じるようになり・・。

これって、まさに恋の始まりの予感ですよね。残念ながら、彼氏との恋の炎は風前の灯火です。

8.食べ方が気になる

食べ方にはその人の品性や育ちが出ます。いくらイケメンでも、食べ方が汚い人はドン引きされますよね。でも、彼氏が大好きなときは、品のない食べ方すら愛おしく思ってしまうものです。

服に食べこぼしのシミをつけていても、「も〜食べるの下手すぎ。」「仕方ないな~。子供みたいなんだから。」と全く気になりません。それなのに、ある日突然嫌悪感が生まれます。

彼氏の品のない食べ方を見て、「この歳でこの食べ方は、やっぱりないわ・・」と思った瞬間、「あれ?そんなに彼のこと好きじゃなくなったのかな・・」と気付くのです。

9.横暴な言動に我慢できない

彼氏の横柄な言動が我慢できなくなるときも、冷めたかな~と思ってしまう瞬間です。

例えば、お店に入ってときの店員さんへの偉そうな態度。お金払ってるんだから当然とばかりに上から目線でものを言う・・。そんな彼氏にいちいちイライラするでしょう。

大好きなときは「もう、言い過ぎだよ」とやんわり諭していたのが、「恥ずかしいから止めて!」「大人気なさすぎ!」とピシャリと一言。

あなたに対しての言動だってそうです。大好きなときは少しぐらい偉そうな態度をされても「大好きな彼だし・・」と我慢できても、冷めてしまえば即喧嘩です。

スキンシップが受け入れられなくなったら・・

彼氏に冷めてしまったかもと感じたときは、もう気持ちは彼氏にはありません。付き合ったばかりの時に許せたことが、どんどん許容できなくなっていきます。

恋人としての大切なスキンシップまで受け付けなくなったら、もう末期状態かもしれませね。興味がある方は、突然彼氏を気持ち悪いと感じてしまう8つの理由も併せてご覧ください。

スポンサーリンク