話をするといつも周りが笑顔になる・・。話が面白い人って羨ましいですよね。「あんな風に面白い話をしたいな~」なんて思ってしまうものです。何か会話を面白くするコツでもあるのでしょうか?

そこで今回は話が面白い人の特徴を紹介します。どうすれば面白い話ができるようになるか知りたい女性は是非参考にして下さいね。

スポンサーリンク

1.話題が豊富

話が面白い人は話題が豊富で色々な知識を持っています。面白い話は腹を抱えて笑うようなものだけとは限りません。思わず、「へぇー」と言ってしまうようなことも面白い話なのです。

  • 政治、経済など難しい話
  • テレビの話題など一般的なもの
  • 裏話や都市伝説、ゴシップの話

このように話題が豊富だと、どんな相手にでも会話に困ることはありません。相手に合った話題を提供するだけなのです。

また、難しい話でも面白い部分だけ切り取って話してくれるのが会話上手な人。歴史が嫌いな人に歴史上の人物の話をしても盛り上がりませんが、「実はかなりの女好きで愛人が沢山いたんだよ!」など歴史とゴシップを混ぜて話すと面白い話に早変わりするのです。

幅広い知識を得るには好奇心が必要です。気になったことはすぐに調べる・・。あなたも豊富な知識で面白い話ができますよ。

2.頭の回転が速い

話が面白い人は頭の回転が速い特徴があります。地頭がいいので、瞬時にボケたりツッコんだりできるのです。

これはある意味天性のものでしょう。勉強すればテストでいい点は取れますが、トークの才能は勉強してもなかなか上手くなりません。ただ、少しづつ上手くなるのは可能なので、上手い人を参考にするのはいいでしょう。

面白いと思う人が、「こんな返し方してたな」「会話をこんな風に面白くしてたな」などと参考にできる部分はマネをしてみましょう。そして、少しずつ自分なりのパターンを作っていくのです。

頭の回転が速くなるのは無理ですが、準備をすることで頭の回転が速い人と同じことはできるのです。

3.話が簡潔で短い

話が長くて面白い話は滅多にありません。話が長いと間延びして聞く方は退屈してしまうものです。プロならいざ知らず、素人では話す方も聞く方も相当ハードルが高くなってしまうでしょう。

「もうすぐオチかな?」と思っていたら話が続いてしまった・・。これでは、「いつこの話題終わるのかな?」「もしかして、オチが無い話なのか?」なんて思って会話の内容が入ってこないのです。

一方、話が簡潔で短いとテンポがいいので聞きやすくなります。会話の内容がコロコロ変わるので、飽きることなく聞いていられるのです。

テレビではトークテーマや話す人がどんどん変わっていきますよね。これは視聴者に飽きられないように内容を簡潔にまとめることを求められているからです。

話が簡潔で短い人は話のプロがやっていることを実践しているので、面白いのは当然なのです。

4.観察眼が鋭い

話が面白い人はトーク力があるだけではありません。場の空気をきちんと把握できる観察眼を持っていることも忘れてはいけません。

  • どんなことに興味を持っているのか?
  • どんな話題が盛り上がるのか?
  • 今の話題で退屈していないか?

このように相手の反応を確かめながら会話をしているのです。そして相手に合わせた話題に変えていくのです。

観察眼が無い人は、相手が興味のないことをダラダラ話続けてしまいます。話し終わった後に、「あれっ今の話、興味が無かった?」なんて言ってしまうのです。

観察眼がある人はきちんと空気を読めます。面白い話をする以前の問題ですので、きちんと身に付けましょう。

5.恥ずかしがらない

話が面白い人は恥ずかしいことでもさらけ出すことができます。恥ずかしいよりも面白いを優先するのです。ウケると思ったら自分の失敗すらも会話のネタにしてしまうのが、話が面白い人の特徴です。

普段から失敗しても、「ネタにできる!」なんてポジティブな思考の持ち主なのでしょう。しかも、ただ失敗話をするだけでは面白くないので、話を盛ってより面白い話にするのです。

人の成功体験や自慢話は聞きたくないものです。しかし、失敗談や不幸話はいやらしさがありません。深刻な顔で話されたら笑ってはいけないと思ってしまいますが、明るく話されるとどうしても笑ってしまうのです。

身を削ってでも面白い話をしたい・・。こんな貪欲な姿勢は見習いたいものですね。

6.鉄板ネタを持っている

話が面白い人は基本的に会話が好きです。いろんな人と沢山会話をしてきたので、ウケた話のストックを沢山持っているのです。しかし、ウケた話を無作為に選んで話しても、再度ウケるかは分かりません。

  • 相手が何に興味を持っているのか?
  • 年代は?
  • ノリがいい相手なのか?

このように話が面白い人は、相手に合った鉄板ネタを披露するのです。以前、同じような特徴の人にウケたんですから、面白いと思ってもらえる確率が高くなるのは当然なのです。

誰に話しても面白い話のネタを持っておきたい気持ちは分かりますが、そんな都合のいい話はありません。沢山の人と会話して様々な鉄板ネタを作っていきましょう。

7.聞き上手で返しが上手い

話が面白い人は聞き上手で返しが上手いのも特徴です。相手を上手く乗せて的確なツッコみをするのです。自分の話したことで場が盛り上がると嬉しいものです。会話を面白い方へと誘導してくれる人とは楽しく会話できるのです。

自分がガツガツ会話するタイプでは無いと思ったら、このタイプを目指すといいでしょう。話のネタを考える必要もありません。ただ、相手が話していることに対してツッコむだけなのです。

また、人の会話に上手い返しができると、周りからはセンスがいいと思ってもらえます。頑張って面白い話をしようとしている人よりツッコみが高評価!なんてこともあるのです。

8.会話のキャッチボールができる

男性に多いのですが、「俺の話面白いだろ!」感を出す人っていますよね?自分に酔っているのか、一方的に話してこちらが会話に入れない。もちろん、無口で喋らない人よりはいいのですが・・。

面白い話というのは一人では作れません。お互いが面白い話の雰囲気を作って初めて成立するのです。それを分かっていない人は、場の雰囲気を無視して自分の言いたいことを話続けるのです。

一方、話が面白い人は相手を乗せるのが上手く、きちんと会話のキャッチボールができます。

  • 話の続きを、「この後どうなると思う?」とクイズ形式にする
  • 笑って、「今ツッコむとこだよ」と言った後、すかさず同じようなボケをする
  • 分かりやすい話題でみんなが会話に加わりやすいようにする

このようにきちんと相手にも話すタイミングを作れる。それが話が面白い人の特徴なのです。

9.顔の表情や体での表現が豊か

話が面白い人はただ話すだけではありません。言葉では伝わらない部分も表情や体で表現するのです。

どんな面白い話でも、淡々とニュースキャスターの様に話しては面白くありません。活字にして読んでも面白くありません。ユニークな人が話すから面白いのです。

そのため、会話自体はそれほど面白いこと言ってない場合があります。身振り手振り、時には顔芸を使って話を面白くするのです。正確には、「話が面白い人」というよりは、「面白い話をする雰囲気を作れる人」なのです。

これはトーク力と同じぐらい大事なことです。ボディーランゲージは世界共通のテクニックです。言葉が通じない外国人だって笑わすこともできるのですから。

コミュニケーション能力を向上させよう!

話が面白い人の特徴を紹介しました。話が面白い人はコミュニケーション能力が高いということが分かりますね。場の雰囲気や会話の流れをきちんと捉えることができるのです。

いきなり面白い話をマネようとしても上手くいきません。まずは、コミュニケーションの取り方をマネてみるといいでしょう。

興味がある方は、トークの達人になれる!会話力が向上するトレーニング7選絶対に知っておくべき!人に好かれる会話術8つも併せてご覧ください。

スポンサーリンク