大学のサークル内は恋愛の場。学部や学年問わず交流ができるのがサークルの良いところです。でも、そんなサークル内の恋愛は気をつけないと面倒なことに巻き込まれてしまうことも・・。

そこで今回はサークル内恋愛をする際の注意すべきことを紹介します。

スポンサーリンク

1.サークルにいるときはベタベタしない

大学のサークル内恋愛で注意しなければいけないのは、付き合ってる二人がサークル内の雰囲気を考えて付き合ってるかどうか?ということです。

付き合ったばかりのカップルは、お互いがラブラブモード全開です。いつでも一緒にいたい!ずっとイチャイチャしていたい!そんな気持ちはわかりますが、ラブラブモードを全開にされてはサークル内の他の仲間はやりにくくて仕方ありません。

大勢の仲間のいる前で手を握りあったり、ベッタリ体を寄せ合ったり、見つめ合ったりされると目のやり場に困ってしまいます。イチャイチャはサークル内では御法度ですよ。

2.付き合ってることをみんなに公開

大学のサークル内恋愛では色んな男女が集まります。そうなると当然誰かが誰かを好きになる・・。そんな恋愛に花が咲いても仕方がないことです。

  • 「もしかして、あなた○○くんと付き合ってるの?」
  • 「何で付き合ってるの黙ってたの!?○○くんのこと好きだったのに!」

このように付き合っていることを言わなかったばかりに怖い先輩から睨まれたり、友達から妬まれたりすることも・・。

かっこいい先輩や人気の後輩なんかと付き合うと敵を作ってしまうかも知れません。あらぬうわさを流されて、せっかく成就したサークル内恋愛が壊れてしまうこともあるのですから。

女性のジェラシーほど怖~いものはありませんからね。サークル内恋愛が実ったら、堂々と公表するのが良いでしょう。

3.付き合ってる内容はあまり話さない

大学のサークル内恋愛を公表することで同性からはいろいろ言われることは少なくなったけれど、男性からは色んな話のネタになることも厄介なとこなんですよね。

特に大学のサークル内恋愛の相手の男性が同級生や後輩なら、先輩連中から事あるごとにネタにされたり、お酒の席でからかわれたりすることも多いと思います。

  • 「おまえらいつの間に出来ちゃったの?どこまでいった?」
  • 「年上にどんなふうに可愛がられてるんだよ!うらやましい~」

このようにあれこれ突かれることも。でも、決して付き合ってる内容を話してはダメ。

お酒の席ではきわどい話にまで首を突っ込んでくる人もいるかと思いますが、お酒が冷めると一気に尾ひれが付いて広まってしまうのもサークル恋愛の怖いところ。

  • 「○○ちゃんってあんな風に見えて、彼の前ではすごい甘えん坊なんだって!」
  • 「あいつ、おとなしそうだけど夜になるとスゴイらしよ!」

このようにお酒の席でチラッと言ったことが大きくなって、面白おかしく広まったりすることもあるから注意しましょうね。

4.ヤキモチを妬かない

大学のサークル内恋愛は、基本同じ目的を持って何かをやるために集まった仲間です。

例えば、仲間で一緒にテニスをするテニスサークル、映画作りをしたい仲間が集まった映画サークルやボランティアサークルなど、サークルには色んな種類があるけれど、どれも目的は一つなのです。

そこには男や女という性別は関係なく、意見を言い合ったり、一緒に喜んだりする結束力があります。そんなサークルで恋愛感情が入ってしまうと本当はすごくやりにくくなります。特にヤキモチは厄介です。

  • 「○○とどうして二人きりで作業したんだ?」
  • 「何で、○○ちゃんが一緒に泊まったのよ!」

このように感情的になったりすることも・・。男女のことですので、ヤキモチを妬いて喧嘩することがあるのは当然です。しかし、あくまでサークル内恋愛は仲間うちからの発展系だということをお忘れなく!

5.一緒に欠席しない

大学のサークル内恋愛はラブラブです!恋愛中なんです!モードは出しすぎてはいけません。サークルはサークル活動が目的です。本気でサークルを楽しんでいる人たちからすれば、サークル内で恋愛モード全開にされるとしらけてしまいます。

特にサークル内の予定を入れようとしてたら、ラブラブな二人がポッカリ欠席。周りは「何~!?二人でお出かけ!?」「何だかしらけるよね~」なんて大ブーイングになることでしょう。

サークル内はみんながみんな彼氏や彼女がいるわけじゃありません。狭いコミュニティーの中でリア充な空気を巻き散らかされると面白くないと感じる人も出てきます。サークル内恋愛をしているなら、二人一緒に活動を欠席しないことですね。

6.喧嘩をしてもサークル内に持ち込まない

幸せオーラやラブラブオーラの出しすぎはドン引きされます。それだけでなく、喧嘩の嫌なムードも大迷惑なのです。カップルなら喧嘩することも当然あるでしょう。でも、サークル内恋愛のカップルは、喧嘩してもサークル内に持ち込んではいけません。

みんなが楽しく集まるサークルなのに、喧嘩した二人の重い空気でしらけてしまいます。周りはどのようにフォローしたら良いのかわかりませんからね。

お互い目を合わせなかったり、誰かを通して会話をしたり・・。そんなんだったら来なければ良いのに!と誰もが思うでしょう。

また、相手の男性に当てつけのように泣きわめいて、みんなからの同情を誘うようなことをされても迷惑なだけです。サークル内恋愛をするなら、「ここはサークルなんだ!」ということを、きちんと自覚して付き合わなくてはいけませんよ。

7.別れても気まずくならないか?付き合う前に見極める

大学のサークル内恋愛は、付き合う前に別れた後のことまで考えて付き合わなくてはいけません。

「せっかく両思いなのに、別れることをもう考えないといけないの!?」と思うかも知れませんが、サークル内という小さなコミュニティーの中です。別れた後に気まずくなってしまうことまで考えなくてはいけないのです。

「あの人ちょっと良いな!かっこいいから即アプローチ!」なんて軽い気持ちで付き合ってしまうと、楽しいサークルの中で気まずくなってしまい、結局サークルを辞めることになるかもしれませんからね。

8.別れたら悪口は言わない

別れた後もサークルに残る場合は、決してお互いに悪口を言わないことです。いくら別れたと言っても、一度は好きになって付き合った人です。そんな人のことをあれこれ喋ってしまっては、自分の値打ちも下げてしまうことになるのです。

それが同じサークル内の相手なら尚更です。普通の恋愛でも別れた後に悪口を言うべきではありませんが、それ以上に口を閉じる必要があります。最初はぎこちなくても、サークル仲間としてやっていくのなら貝になりましょう。

興味がある方は、ドン引きしてしまう元彼の悪口を言う女の一言8選も併せてご覧ください。

9.サークル内で別の誰かと付き合わない

大学のサークル内恋愛で別れた後にもう一点注意したいのが、サークル内恋愛で別れを経験したのなら、同じサークル内で他の誰かと付き合うのはやめておきましょう。

いくら円満に別れたと言っても、自分のかつての恋人が他の誰かとイチャイチャしているのを見たり、ラブラブオーラを見せつけられる・・。あまり良い気分ではありませんよね。

つい愚痴を言ってしまったり、嫌味を言ってしまうはずです。これでは良い仲間関係には戻れなくなってしまでしょう。好きな人は別のサークルで見つけることですね。

大学のサークル内恋愛は意外に窮屈

いつも一緒にサークル活動ができる大学のサークル内恋愛。カップルには楽しくてたまらないかも知れませんが、気をつけないと周りからドン引きされますよ。

仲良く欠席したり、ところ構わずラブラブオーラを出しすぎてブーイングをかってしまったり、喧嘩を持ち込んで周りに気を使わせたり・・。

また、別れた後はお互いちゃんと仲間としてやっていけるかどうか、付き合う前に考えることも忘れてはいけません。なんだか意外にサークル内恋愛って窮屈ですね。まぁ、そこが盛り上がる要因でもあるのですが。

興味がある方は、ヤキモチがつらい!彼氏の女友達に嫉妬しない方法8つ友達以上恋人未満の意味は男女で違うことを知ってる?も併せてご覧ください。

スポンサーリンク