好きなタイプに『誠実な人』と答える女性はとても多いです。特に結婚ともなれば、誠実な人と一緒になりたいと思うのは当たり前のことでしょう。しかし、本当にこの人は誠実なのか・・と考えてしまうことも多いはずです。

誠実さはなかなか表面に見えるものではないので、見極めるのが困難です。そこで今回は本当に誠実な人の特徴と見分け方について紹介します。

スポンサーリンク

誠実な人の特徴5つ

まずは誠実な人とは、どういう人なのか?それを明確にするために、誠実な人の共通点を見ていきましょう。

1.謙虚な心を持っている

誠実な人の特徴は、謙虚であることです。謙虚な人とは、決して自分の考えや意見を持っていないわけではありません。自分の考えや意見を、常にきちんと持っています。また、それに対して自信がないわけでもありません。

自分の考えや意見を持った上で、人の意見を尊重できるのが謙虚な人なのです。自分の主張を押し通すことなく、周囲に気を配り、周囲の人を立てることができます。

また、どんなに自分の立場が上になろうと褒められようと、調子に乗ったり奢ることなく、自分という一つの筋を変えずに生きているのです。

周りに流されることなく、周りに気を遣うことができる。そして自分の意見を持ちながら、それを偉そうに主張しない。この謙虚な心こそが誠実な人の特徴なのです。

2.どんなことでもバカ正直

人は時には都合の良い嘘をつきます。嘘は良いことではないですが、自分を守るためにつく嘘や、人を守るためにつく嘘も存在するのです。しかし、誠実な人の中では嘘は嘘。誰かを守るためでも、嘘はついてはいけないものだと感じています。そのため、どんなことでも正直に話します。

正直すぎて周りからは「バカ正直」なんて呼ばれ方をしてしまうことがあるのも特徴の一つです。

  • 誰も気づかないような些細なミスでも、自分のミスとして上司に報告する。
  • 聞いてもいないのに、女性に食事に誘われたことを彼女に報告し謝罪する。
  • 口に合わなかった食事には、「美味しかった」とは絶対に言わない。

嘘や言い訳をどんな時でもせずに、常に真実のみを伝えようとする真面目なところが、まさに誠実な人といえるでしょう。

3.人のことを悪く言わない

人の悪いところを探すのは簡単なことです。見つけようと思えば、粗さがしはいくらでもできます。また嫌な思いをさせられた時には、その人の愚痴を誰かに言いたくなることも時にはあるでしょう。

しかし、誠実な人は人のことを悪く言いません。特に陰口を嫌うので、本人がいないところでその人のことを悪く言うようなことは絶対にしません。

  • この人から人の悪口や愚痴を聞いたことがないな
  • 人が噂話をしていても絶対に入ってこないな
  • 誰かのせいにしたり、誰かを陥れる言葉は絶対に言わないな

そう感じる人がいれば、その人は誠実な人なのでしょう。もし本当に嫌なことがあれば、その人に直接伝え、決して陰で悪く言うようなことをしないのが本当に誠実な人の特徴なのです。

4.損得を考えて行動しない

人は行動をする時に、少なからず損得を考えて行動してしまいます。これをやると自分に何か得があるか?これをやると自分は損なのではないか?得なことであればやるし、損なことであればやらない。

このような結論になるのは、人間であれば仕方のないことでしょう。しかし、誠実な人は違います。行動することに損得を考えないのです。

自分が必要だと思えば、例えそれが損なことでも迷わず行います。逆に必要のないことであれば、自分が得することでも行いません。その結果、損な役割りばかりしていることもあるのです。

しかし、そんな姿も見ている人は見ています。日々の積み重ねで人の信用を得ることができるのでしょう。それが誠実な人の特徴なのです。

5.人も物も大切にする

誠実な人は、人も物も全てを大切にします。関係ない人だからと無碍にすることはせず、どんな人でも悲しむ気持ちになるようなことは絶対にしません。

また、自分の友人や知人であれば、尚更大切に思います。人の喜びや悲しみを自分のことのように感じることができるので、人に対して真っすぐ真剣に向き合います。悩みごとを相談されれば、自分の悩みのように寝ないで考えることもあるでしょう。

その他にも、物を大切にします。使える物があるのに新しい物を買うようなことはしません。今ある物で最大限の使用をします。物持ちが良く、持っている物は昔から使っている愛着のある物ばかりという人がいたら、その人は誠実な人だといえるでしょう。

逆に、新しい物が発売される度に、すぐに買い替えるという人は誠実な人とはいえないかもしれません。

誠実な人の見分け方5つ

誠実な人の特徴は理解できましたか?それでは見分け方について解説していきます。

1.話を覚えているかどうか

人当たりが良くても、上辺だけで愛想良くしている人もいます。本当に誠実な人かどうかを見分けるために、人のことや話をきちんと覚えているかどうかを確認してみましょう。

  • 「前に紹介した○○のこと覚えている?」
  • 「前に話した○○の件なんだけど・・」

このような話を突然振ってみましょう。もし人のことをきちんと大切に思っている人であれば、明確な答えが返ってくるはずです。しかし、よく覚えていないようであれば、愛想と適当な相槌で誤魔化していた可能性が高いです。この差で誠実かどうか見極めてみてください。

2.周囲で噂話をしている時の反応を見る

誠実な人は人の噂話を嫌います。本人がいないのに、陰でその人のことを悪く言うような行為を受け入れられないのです。もしその人の周りで噂話が始まったら、どのような反応をするのか見てみましょう。

  • その噂話に楽しそうに加わる
  • 加わらないが聞き耳だけ立てている
  • やめなよと注意する
  • サーと遠くに消えていく

誠実な人のとる行動は、最後の遠くに消えていくなのです。噂話を聞くようなこともせず、かといってそれを否定することもしません。嫌だと思う自分が聞かないように行動するのです。

この主張しすぎないけれど、きちんと自分の意志を持っているところが本当に誠実な人なのです。

3.言い訳や嘘をついていないか

男性が待ち合わせに遅刻してきました。「ごめん!遅れて!」と言って走ってきます。そんな時は、必ず遅れた理由を聞くようにしましょう。

  • 真実を話す人
  • 真実に言い訳を付け加える人
  • 嘘を話す人

この3タイプがあるでしょう。本当に誠実な人は、言い訳も嘘も言いません。しかし、誠実でない人は、少しでも自分を守るために言い訳や嘘を言うのです。

何か物事があった時に、言い訳や嘘をついていないか?真実のみを話しているか?これは誠実な人を見極めるのに重要なポイントとなるでしょう。

4.人によって態度を変えていないか

  • 女性には優しいのに、男性には厳しい
  • 若い子には親切にして、お年寄りには冷たい
  • 上司にはヘコヘコして、部下には偉そう

このように人によって態度をコロコロ変える人がいます。このような人は、自分にとって相手がどのような存在かを考えて行動しているのです。そこには自分の損得や好き嫌いなどの理由があるのでしょう。

このようなことを考えて人に接している人は、誠実な人とはいえません。老若男女、誰に対してもいつでも同じように接することができる人が、本当に誠実な人といえます。人によって態度を変えていないかどうかをよく見てみましょう。

5.自分の意見を持っているか

誠実な人は、真面目で謙虚です。しかし、人にただ流されて生きているわけではなく、自分なりの強い意志や芯をきっちりと持っています。何か決め事をする時も、選択をする時も、声に出さずとも心に自分の意見があるのです。その意見があるかどうかを聞いてみましょう。

もし意見を述べてくれる人であれば、内に秘めているだけで考えている人です。しかし、中には本当に何も考えていなくて、人の決めたことに従うだけで良いと考えている人もいます。

このような人は誠実なのではなく、意志がない優柔不断な人です。その違いをはっきりさせて見分けてみると良いでしょう。

誠実な人は長い目で見極める

誠実な人の特徴と見分け方を紹介しました。特徴や見分け方はありますが、これは1日で見分けられるようなことではありません。何日か一緒に過ごし、相手をよく知ることでわかるようなことも多くあります。上辺のいい人に騙されずに、本当に誠実な人を見極めるようにしてください。

興味がある方は、どんな特徴があるの?本当にいい男の見分け方13選友達をやめるべき?嘘つき女の心理と嘘の見分け方8つも併せてご覧ください。

スポンサーリンク