「口下手すぎて、仕事や恋愛でも辛い・・」そんなふうに感じることはありませんか?最近は男女問わずシャイな人が多いので、「どうすれば人と楽しく会話できるんだろう」と思い悩む人も多いです。口下手は一体どうすれば改善できるのでしょうか?

そこで今回は恋愛や営業の苦手意識を克服できる口下手改善法を紹介します。

スポンサーリンク

1.飲み会や異業種交流会に参加して数をこなす

口下手を解消するためには、とにかく人とたくさん話す機会を設けて数をこなすしかありません。そこで飲み会や異業種交流会などに参加してみてはいかがでしょうか?

飲み会や異業種交流会というのは、新たな出会いが多い場所です。知らない人とたくさん話すのは、口下手を解消するのに一番いい練習場所なのです。

「知らない人がいるところなんて気が重い・・」と思う人こそ、勇気を出して参加してみましょう。とにかく数をこなせば、場慣れして緊張も少なくなっていきます。そうすれば、口下手も解消できますよ。

2.話し上手よりも聞き上手を目指す

人は誰でも自分の話を聞いてもらいたい!と思っているものです。ですので、口下手を解消したいからって、自分のことばかりべらべら話していては逆効果。会話を盛り上げるためには、話し上手よりも聞き上手になることが近道です。

聞き上手になるためには、ただ聞いているだけではなく、相手の話を引き出すような質問力が必要です。また、タイミングよく相づちを打ったり、程良くオウム返しをして、「相手の話をしっかり聞いてます」というアピールをするのも有効です。

興味がある方は、モテたい女性必見♡聞き上手になる方法7つを参考にしてみてください。

3.会った相手と話した内容をメモする

営業の方なら、打ち合わせ内容を記録する営業ノートは持っているかとは思います。だけど、営業の時に話した雑談や、相手の個人的な情報まで書き込んでいる人は少ないです。

仕事と関係ない、趣味や家族構成、休日の過ごし方など、こんな会話が出たら必ずメモしておきましょう。相手のことに詳しくなっておき、それに関連した会話のネタを次回までに仕入れておくのです。その人の興味のある話題をふれれば、会話も盛り上がります。

また、人は自分の話したことを覚えていてくれると嬉しいものです。「○○さんは、釣りがご趣味だと言ってましたよね?」なんてさらっと言えれば、「そんなことまで覚えててくれたんだ!」と喜んでくれるはずです。

4.勉強会や読書会に参加する

会話上手な人は、頭の回転が速い人が多いです。また、好奇心が旺盛で、日々いろんな情報を仕入れています。そんな人を見習って、勉強会や読書会などに参加してみてはいかがでしょうか?

大人になると自然と頭は固くなってしまうもの。ですので、たまに人と議論をする機会を設けると、新しい視点を得ることができます。それは必ず会話にも活きていきます。

また、勉強会や読書会に参加すれば、新たな出会いもあるので、それ自体会話の練習になります。自分の職種に関係のある勉強会ならさらにいいですね。

5.「私口下手なんです」と素直に言う

口下手の女性の多くが、人と会う時に「何話せばいいんだろう?」「盛り上がらなかったらどうしよう・・」と緊張しています。だけど、あなたが硬くなってしまっては相手にもその緊張が伝わります。

大切なのはリラックスすること。そのためには、思い切って「私口下手なんですよね」「ちょっと緊張しちゃいますね」そんなふうに気持ちを素直に伝えましょう。正直に心の中を明かすと、気持ちがほぐれます。そうすれば、場がいい雰囲気になって相手も安心してくれるはずです。

「私口下手なんです」と言えば、相手も「僕もそうなんですよ」と話題にのってくれるかもしれません。また「緊張してます」と言うと、相手は「可愛いな」「緊張するほど、大切に思ってくれてるんだな」と好印象に繋がることもありますよ。

6.相手に対して心を開く

口下手の人は、うまく話せるかを心配するあまり、相手に対して心を閉じてしまうことが多いです。だけど、お互いに心を開かないと、会話が盛り上がることはありません。まずは相手に対してオープンになることが重要です。

でも、心を開くと言ってもすぐにはできませんよね。そんな時は、とにかく相手に対して興味を持つことです。人への好意は、「この人どんな人なんだろう?」という興味から始まります。

また、「私って相手にどう思われてるんだろう?」「変に思われてないかな?」という自意識も緊張の元です。人からどう思われているよりも、「相手を楽しませるには、どうしたらいいのかな?」というふうに、人を気遣う気持ちが重要です。

7.思ったことを素直に口にする

口下手の人は、話す前に「こんなこと言われたら変って思われちゃうかな?」と悩んでしまい、何も言えなくなることも多いようです。人にどう思われるかばかり気にして、言いたいことも言えなくなる・・。これでは会話も弾みません。

「何を話そう」と思った時こそ、感じたことや目に付いたことをそのまま言えばいいのです。例えば、空腹を感じた時に「お腹がすいたなぁ」と呟く。そうすれば周りの人は、「私も」など答えてくれるはず。そこから、「この辺美味しいレストランとかありますか?」なんて話が広がっていくかもしれません。

「こんな話題、盛り上がらないかも・・」と思う時は、「別に盛り上がらなくてもいいや!」と開き直りつつ、とにかく思いついたことを口にしてみましょう。

8.相手をよく観察する

口下手の人は、「どうしよう、何話したらいいかわからない」「つまんない奴だって思われてたらどうしよう!」などと焦ることが多いです。つまり自分のことでいっぱいいっぱいになってしまうんですね。だけど、そんな状態で会話を盛り上げるのは困難です。

緊張をほぐすためにはまず深呼吸して、目の前の相手を冷静に観察しましょう。「自分がどう見られているか?」ではなくて、相手に意識を向けるのです。

「なんだか今日は体調悪いのかな?」「機嫌が良さそうだな」なんて気がつくことがあれば、そこから会話が始まるはず。そして、人は「他人に自分のことを気にしてほしい」と願っているものです。

他人をよく観察してその微妙な変化に気づいて、「なんか今日は楽しそうですけど、いいことありました?」なんて指摘してあげる。それだけで人間関係は良好になりますよ。

9.話題に困った時は天気の話題

どうしてもいい話題が見つからない!そんな時に鉄板なのは、天気のことです。どんなに共通点がない相手でも、天気ネタならなんとか話が繋げられるはずです。

また、挨拶+天気のネタができると、場の空気を和らげることができます。「おはようございます。寒くなってきましたね。風邪引かないでくださいね」なんて一言で、人間関係を少し円滑にすることができますよ。

また、天気の話題は意外と広げやすいのです。「寒いですね。毎日出かける気が起きなくて、最近週末も引きこもってますよ。○○さんは、先週末はどこかお出かけしましたか?」なんていうふうに繋げられたら自然ですよね。

肩の力を抜いて、とにかく数をこなそう!

日本人のシャイな国民性なせいか、実はみんな大して話すのがうまくありません。日本人は欧米人に比べて、論理的に自己主張する練習をあまりしませんからね。ですので、その中で「うまく話そう」なんて気負う必要はありません。

「失敗してもいいから、勇気を出してたくさんの人とコミュニケーションをとろう!」そう思って行動すれば、きっと口下手は改善できるはずですよ。

興味がある方は、トークの達人になれる!会話力が向上するトレーニング7選絶対に知っておくべき!人に好かれる会話術8つも参考にしてみてください。

スポンサーリンク