その時の気分によって、言うこともやることもまるで違うような人がいます。このような人を気分屋といい、自分の気分次第で気持ちが180度変わってしまうのです。

自分の彼氏がこの気分屋であると、会うたびに言動が違い、その対処に悩むことでしょう。そこで今回は気分屋な人の性格の特徴と気分屋な彼氏の対処法について紹介していきます。是非参考にしてください。

スポンサーリンク

気分屋な人の性格の特徴6つ

まずは気分屋の人に共通してみられる性格の特徴を紹介します。

1.飽き性

気分屋の人に共通していることは飽き性だということです。その時の気分で何かを始めるのですが、また次の気分では気乗りしないなんてことも良くあります。その日によって、興味のあるものが違うのです。そのためにすぐに飽きてしまいます。

この飽き性のせいで、仕事も長く続かずに転職を繰り返してしまいます。恋人とも長く続かずに、すぐに飽きて次の人を探し始めます。趣味も長続きしません。なんでも気分でやるために、すべてが中途半端になってしまうのです。

2.熱しやすく冷めやすい

気分屋の人は、好奇心旺盛です。いろんなものに好奇心を持ち、一度好奇心を持つとそれに対して熱い情熱を捧げます。しかし、冷めるスピードもとても早いのが特徴です。

  • 料理にはまって教室に通い始めて、料理本も買い込む。でも、1ヶ月で冷めた。
  • ゴルフにはまってゴルフセットを購入。しかし、購入して冷めた。
  • 好きな人ができてアタック。しかし、付き合った途端に冷めた。

こんなことがよく起こります。熱中していることがコロコロ変わり、浅く広く色んなことに好奇心を持っているような人は気分屋であるといえるでしょう。

3.都合が悪くなるとすぐキレる

気分屋の人は穏やかな性格とはいえません。どちらかというと気性が荒い性格です。自分の気分によって感じていることも違うので、時には矛盾した発言もするでしょう。

昨日までOKと言っていたことが、今日になるとNOになっていることも珍しくありません。そしてそれを指摘すると、「は?今はこう言っているのに、いちいち昔の話するなよ」なんて理不尽なキレ方をします。

周りの人からすると、「キレたいのはこっちだよ・・」という気持ちでしょう。しかし、気分屋の人にとっては、指摘されることが何よりも嫌で仕方なく、キレることでしか対処できないのです。

4.情緒不安定

さっきまでニコニコと楽しそうに笑っていたと思えば、急に泣き出し、かと思えば急に怒りだします。情緒が安定せず、常に不安定な状態なのです。

つまりその時の気分や状況によって、精神状態が大幅に変わります。そして自分でもコントロールできないその精神に一喜一憂してしまうのです。

喜怒哀楽が激しく、なんの原因もないのに泣き出したり怒りだしたりする人は、特に気分屋であるといえるでしょう。

5.自己中

気分屋の人は、全て自分の気分で行動をします。人の気分はまったく気にせず、自分の思いついたままに行動をするので、周りの人はいつもそれに付き合わされることになります。

  • ラーメンが食べたいというので食べに行くと、急にパスタがいいと言いだしパスタ屋へ
  • 買い物がしたいというので行くと、「疲れた・・つまらない・・」と言って休みだす

一緒にいる人は「なんなのこの自己中・・」とイライラしてくるでしょう。しかし、気分屋の人はわがままを言っている自覚症状もないので、なかなか治らないのです。

6.ドタキャンが多い

気分屋の人は、その日その時の気分で行動をします。そのため事前に約束をしていたとしても、その日その時の気分が乗らない時は、簡単にドタキャンをしてしまうのが特徴です。

  • なんか今日ご飯行く気分じゃないな・・
  • 飲み会行くの面倒だな・・
  • 今日は一人でゆっくりしたいな・・

用事があるわけでもなく、ただこんな気分の問題だけでドタキャンをしてしまうのです。こんなことでは、周囲の友人も恋人もなくしてしまうでしょう。

気分屋な彼氏の対処法5つ

特徴をつかんだところで、次は気分屋な彼氏を持つ人へその対処法を紹介していきます。

1.そっけない態度で淡々と接する

常に気分屋の彼氏の気分をうかがって合わせていては、疲れてしまいます。

  • 今日は機嫌が良さそうだな
  • 今日はなんだか気分が乗らないのかな?

そんなことを考えて、彼氏に振り回されるのはやめましょう。あなたが気にすれば気にするほどに、彼氏はあなたに甘えてより気分屋になってしまいます。

彼氏の気分は気にとめずに、あなたもマイペースに行動しましょう。そっけない態度で接していれば、相手もこちらを少し気遣うようになるでしょう。

2.適当になだめる

気分屋の人は、自分の今の気分を聞いてほしい。その気分をわかってほしい。そう思っている人もいます。

  • 俺は今悲しいんだ
  • 俺は今すごく気分がいいんだ
  • 嫌なことがあってイライラしているんだ

そんな訴えをしてくることがあれば、とりあえずその気分は聞いてあげましょう。そして同調して適当になだめてあげてください。いちいち本気で心配していると、あなた自身が疲れてしまうので、適当になだめる程度で良いのです。

3.自分の気分も大切にする

気分屋の彼氏を持つと、彼氏の気分ですべて行動をすることになるでしょう。彼氏が会いたくないと言えば会わない。彼氏が会いたいと言えば会う。出掛けたいと言えば出掛けて、旅行に行きたいと言えば行く。

そうやって、彼氏に合わせてあげているのではないでしょうか。そこにあなたの気分や意志はありますか?気分屋の彼氏の気分を尊重することも必要ですが、時には自分の気分も大切にすることは必要です。時にはわがままを押し通してみてください。

「あなたが会いたくなくても、私は会いたい!たまには私の気分も尊重して!」そう主張してみてください。

4.彼氏の気分が悪い時は早めに解散

気分屋の彼氏は、気分が悪い時は怒りやすくキレやすいでしょう。少しのことにも反応して、いちいち文句を言ってきます。喧嘩の原因にもなりますね。

そんな彼氏の気分が悪い時には、無理に会う必要はありません。早めに解散してしまいましょう。一人で考えてもらい、頭を冷やしてもらってください。

彼氏の機嫌が悪いのは私のせいかも?と責任を感じる人もいますが、そんなことを考える必要はありません。ただの気分です。責任を感じずに解散しましょう。

5.気分屋だという自覚をしてもらう

気分屋の彼氏は、自分が気分屋だという自覚がない場合が多いです。自覚がないからこそ、改善することもできないのです。まずは少しでも改善してもらうべく、気分屋であるという事実を受け止めてもらいましょう。

どのようなところが気分屋で、どのようなところに困っているのか。どこをどう改善してほしいのか。それをきちんと彼氏に伝えてみてください。

すぐには治らないかもしれませんが、少しずつ気分のまま行動することを改めてくれるはずです。まずは自覚をもってもらうことから始めてください。

子どものような大人

気分屋な人の性格の特徴と、気分屋な彼氏の対処法を紹介しました。気分屋な人は子どもの性格のまま大人になってしまったような人です。小さい子どもが、その時の気分で泣き出したり笑い出したりするような感覚と一緒なのです。

子どものような彼氏がいるのは大変ですが、育てるつもりで気長にその気分屋と付き合い、少しずつ改善させましょう。興味がある方は男性が彼女に冷める瞬間&彼氏の冷めたサインと対処法28選も併せてご覧ください。

スポンサーリンク