個性がない平凡な自分を変えたいという女性は多いです。しかし、個性的な人と一言で言っても様々な人がいます。変わっているけど好かれる個性的な人や、人から敬遠されてしまうようなタイプの人も・・。

個性的にはなりたいけど、人から嫌われるのはもちろん嫌ですよね。そこで今回は個性的な人の好かれる特徴と嫌われる特徴をそれぞれ紹介します。

スポンサーリンク

個性的な人の好かれる特徴5つ

まずは個性的な人で、その個性的な感覚が人から好かれる人の特徴を紹介します。

1.自分の良さや悪さをわかっている

個性的というのは、自分らしさです。この自分らしさとは、自分の良いところも悪いところも、わかった上で発揮できるものです。

自分の長所はどこだろう。それももっと良く見せるようにしよう。自分の短所はどこだろう。できるだけカバーできるように努力しよう。この二つのバランスが成り立ってこそ、その人の個性が出ます。

「個性的な人だな」と思った時に、その人が自分の良いところと悪いところを、きちんと理解しているかどうかで、人に与える印象が変わるのです。自分のことをよく理解できている人には、多くの人が好感を抱くでしょう。

自分を理解した上で、それを個性に変えることができるのは人は、憧れの存在にもなれます。まずは自分の良いところと悪いところを見つめ直してみましょう。

2.ぶれない芯がある

個性的な人には、その自分のスタイルにたいして、ぶれない芯がある必要があります。自分のスタイルを持っているのに、人から指摘されるとすぐに違う方向にいってしまったり、人の真似をしてしまうような人ではいけません。

個性的なスタイルは、人から理解されないこともあります。「変わっているね」と言われることもあるでしょう。それでも、それが自分の個性なのです。

誰に何を言われても、自分の個性を大切にして、ぶれない芯を持っている人は好感を持たれます。理解されなくても、一つの個性として受け入れてくれる人が周りに集まってくるでしょう。自分の個性に自分なりの自信と誇りを持ってください。

3.人には思いつかないアイディアがある

個性的な人とは、独特の感性を持っている人です。それは何かを真似たり、どこかの情報を真似ているようなものでは、個性的とは呼べないからです。

ファッションでも、ヘアメイクでも、考え方でも、その全てに個性があり、人には思いつかないようなことをします。その人にはない閃きやアイディアが、人を新鮮な気持ちにさせたり、人を驚かせたりします。そして、そんな個性的なアイディアが興味を引き、一目おかれる存在になるのです。

「何かに悩んだ時には、あの人に聞いてみよう!」人にはない考えを持っている人は、そんな特別な存在になるかもしれませんね。

4.自分の個性を人に押し付けない

個性的な人は、あくまでそれは自分の個性であることを自覚している必要があります。それが一番素敵で美しくて正しいもの。そんなことを思っていると、人にも自分の個性を押し付けてしまいます。

そうではなく、自分の考えには自信があるけれど、自分と違った考えがあるのも当然。そうやって自分の個性は自分の個性、人の個性は人の個性と受け入れることができる人は、多くの人から好感を抱かれるでしょう。

自分と違った意見を頭ごなしに否定しないように気を付けるだけで、周りの反応は大きく変わるかもしれませんね。

5.一人でも何でもできる

一人では何もできず、友達など複数人と同じことをしないと嫌だという人がいます。これは個性ぶっていても、決して個性的な人とは言えません。

個性的な人とは、どんな格好でもどんな意見でも、それを一人で発言し行動できる人でなければ認められません。例え一人でも、それを自分の個性として自信を持って言動できる人は、人から見ていても好感が持てます。その強さが個性的な人が好かれる特徴になるのです。

一人でできないことであれば、それは個性とは呼べないでしょう。

個性的な人の嫌われる特徴5つ

続いて個性的であるがゆえに、人から嫌われてしまう人の特徴を紹介します。

1.間違った個性を発揮している

個性が迷子になってしまっているのか、何か大きな勘違いをしているのか・・。個性的という言葉を勘違いしている人がいます。勘違いしているのに、それに気が付かずに自分は個性的なのだとアピールしているような人は、人から敬遠されてしまうでしょう。

また、自分の長所や短所を理解せず、ただ個性的になろうとしている人には無理があり、その人に似合わない方向に走ってしまいます。そんな迷走している人は誰からも認められず、勘違いしている人として嫌われてしまうでしょう。

2.自分大好きナルシスト

個性的な人には、自分のことを好きな人が多いです。それは悪いことではありません。しかし、その自分大好きということをあからさまにアピールしていると、ただのナルシストになってしまいます。

  • こんな格好している自分大好き
  • こんな個性的な自分を皆見て
  • もっと注目して

このような気持ちが全面に出てしまっているのでしょう。一緒にいても面倒になり、そのナルシストぶりに人は引いてしまうのです。

3.人の個性を理解できない

100人いれば、100人の個性があります。その人らしさが個性となるので、同じ個性の人はいないでしょう。しかし、人の個性というのを受け入れることも理解することもできない人がいます。

自分の考えや意見、言動とは違うことをしている人を見ると悪い評価ばかりをしてしまうのです。「あの人なんか変わっているね」と自分を棚に上げて、人の個性を潰そうとします。

このようなタイプの人は、決してその人がどんなに素敵な個性を持っていようとも、人からは嫌われてしまうでしょう。

4.人と協調することができない

個性的な人の中には、人と行動することを嫌う人がいます。なんでも一人でできるからこそ、人と協力して何かを行うことを面倒に感じてしまうのです。また個性的であるあまり、人の考えを理解することができずに協調することができません。

しかし、いくら個性的とはいえ、人と協力しあうことは時には必要です。それができずに一人でいることが格好いいと思っているような人は、人から嫌われてしまいます。気が付くと一人でできるのではなく、一人きりになってしまうでしょう。

5.流行にながされる

個性的とは、ぶれない自分らしさです。周囲の人が何をしていようと、世の中で何が流行っていようと、それに流されるようでは個性的とはいえません。

  • 個性的な自分をアピールしているのに、すぐに流行りものに乗ってしまうような人
  • 自分の個性がぶれて、人の意見に流されてしまうような人
  • 憧れの人の真似ばかりしていて、それを自分の個性だと言っているような人

このような自分らしさもないのに、個性的だと言っているような人は、その薄っぺらさから人に嫌われてしまいます。

自分も人も受け入れる器が必要

個性的な人の好かれる特徴と嫌われる特徴を紹介しました。個性的な人は、自分らしさを貫いている人というイメージがあります。しかし、その自分らしさを貫くという原点には、まず自分自身を受け入れることが必要なのです。

そして、その上で人のことも受け入れる器もなくてはいけません。この二つを兼ね備えていることが、好かれるか嫌われるかを分けるのです。

興味がある方は、みんなから愛される女性になろう!人に好かれる方法9つも併せてご覧ください。

スポンサーリンク