デートに誘われたけれど、全然乗り気じゃない!だけど、はっきり断るのは気まずい・・。上手い言い方はないものかと考えてしまいますよね。下手に言い訳すると嘘がバレて、人間関係にヒビが入る可能性もあります。

そこで今回は何とも断りづらいデートの誘いを、なるべくやんわり断る方法を紹介します。

スポンサーリンク

1.「ごめん、仕事が入っちゃった!」

社会人であれば、仕事は最優先させるべきですよね。ですので、デートの断り方として、仕事はなかなか使える言い訳です。あまり行きたくないデートに誘われたら、堂々と「その日仕事だからごめん!」と伝えましょう。

ただし、毎回「仕事だから」と断っていると、「そんなに忙しい職場なの?」と疑われてしまう可能性もあります。ですので、もし詳しいことを聞かれそうになったら、「最近産休に入っちゃった子がいて、職場がバタバタしてるんだ・・」など、ちょっとリアルな言い訳を使いましょう。

2.「風邪をうつすと悪いからごめんね」

デートに誘った時に、「体調不良だからごめん」なんて断られたら、それ以上無理強いはできないですよね。「また治ったら誘うね」と返してくれる男性がほとんどだと思います。ですので、体調不良はいい口実になります。

さらには、「相手にうつしたら悪い」なんていう気遣いもあれば、彼も納得してくれるはず。だけどこの断り方の難点は、頻繁に使うことができないということ。何回も「風邪だから無理」なんて言い訳を使っていては、相手も「まだ治ってないの?」と不審に思ってしまいます。

3.「生理痛がひどくて・・」

生理痛というのは、男性から想像しづらいものです。だからこそ、「生理痛がひどくて無理そう」なんて言われると、「外出できないほど辛いんだ」と納得してしまうのです。

だけどこの言い訳の難点は、約束した前日か当日にしか使えないということ。そうすると結果としてドタキャンになってしまいますよね。せっかく都合をあけてくれたのに迷惑をかけることになるので頻繁には使えない方法です。

また、彼氏に対して使ったりすると、「この間も生理だったじゃん!」と疑われる可能性もあります。時期に気をつけて使いたいところですね。

4.「ちょっと今忙しいからまた連絡します」

デートを断る時は、なるべく曖昧な理由だと、あまりボロが出ずに済みます。そのため、「ちょっと今忙しい」というのは、使いやすい断り文句です。

また、「ちょっと今忙しいので、また連絡します」と曖昧に言っておけば、その場では角が立ちません。その人とどうしてもデートしたくないのなら、その後音信不通にしておけばいいだけです。

だけど、誘ってきた相手との関係性によっては、「なんで忙しいの?」などと、さらに追求してくる可能性もあります。まだあまり親しくなってない相手に誘われた時に使いましょう。

5.「予定確認してみますね」と送って音信不通

「ちょっとデートが断りづらい・・」そんな時は、はっきりと返事をしない方法もあります。相手の誘いに一度は「いいですよ」とOKしつつ、「予定確認してから連絡しますね」と返信。だけどその後は音信不通にする・・。

こうすれば、相手もうすうす「社交辞令だったんだな・・」と気が付いてくれるはずです。この方法なら、はっきり断る気まずさがありません。だけど、誘ってくれた相手にとっては、かなり残酷でもあります。

誘いを受けてくれたと喜んでいたら、その後音信不通になって、ガッカリする・・結構辛いですよね。ですので、「この人は、ほんとにどうでもいい!むしろうざい!」という相手にだけ使うのがオススメです。

6.「その日法事があるんだ」

法事は何かをサボるのに定番の言い訳です。お葬式や49日、1周忌など、家族にとってはかなり大切な行事ですよね。そのため、「法事だからごめん」と言われたら、それ以上無理に誘ってくる男性はまずいません。

だけど、両親や兄弟などあまりに近い相手を設定すると、相手もかなり気を遣ってしまいます。かと言って、祖父母を勝手に死んだことにするのも何だか忍びないですよね。「親戚の法事で、地元に帰らないといけないんだ」など、少しぼかした言い方がいいかもしれません。

7.「家族の大切な予定があるの」

家庭というのはとてもプライベートなものです。そのため、デートを断りたい時は、「家族の予定でちょっと外せなくて・・」と伝えれば、良識的な大人ならそれ以上聞いてこないはずです。

もし、「じゃあ別の日ならどう?」と聞かれたら、「ちょっと家庭内がバタバタしてるから・・」と意味ありげに言いましょう。そうすれば、相手としては追求しづらいです。

仮に「何があったの?」と聞かれても、「家庭内のことだからちょっと・・」と誤魔化しておきましょう。しつこく聞いてくる相手には、「プライベートなことだから聞かれたくない」とはっきり言ってしまうのも一つの手です。

8.「うちの猫の介護しなくちゃいけなくて・・」

介護問題は深刻な問題です。そのため、「介護しないといけないんです・・」と言えば、大抵の相手はデートをあきらめてくれるはず。だけど、「お母さんが寝たきりで」なんて言ったらなんだか大事になってしまいますし、嘘をつく罪悪感もありますよね。

そこでオススメなのは、「ペットが年老いてて、ずっとそばにいてあげないといけない」と断ることです。「うちの猫ちゃんが・・」なんて言えば、猫に詳しくない男性なら、「そうなんだ、大変だね」としか返せないはず。

ただし、動物好きの男性に言うと、「可哀相!なんの病気なの?」「俺に何かできることある?」なんて、本気で同情してくる可能性があります。あまり動物に興味なさそうな男性に対して使いたいですね。

9.「じゃあ○○ちゃんも誘おうよ!」

デートに誘われたけれど、相手を恋愛対象として見られない。だけど、今まで通り仲良くしていたい・・。そんな時にぴったりな断り方があります。それは、「うん、遊ぼう!○○ちゃんも誘うね!」と明るく提案すること。

このような返事が返ってくると、大抵の相手は「俺はこの子の恋愛対象じゃないんだな・・」と気づいてくれるはずです。

もし相手が「2人きりで会いたい」なんて返してきても、「でもみんなで遊んだほうが楽しいよ!」とアピールしましょう。そうすれば相手もあきらめてくれるはずです。

10.時には言い訳せず正直に言うのもアリ

デートに誘われて断るのって、なかなか気まずいですよね。いろいろと言い訳をつけてやんわり伝えたいという気持ちもよくわかります。だけど、いつまでも相手を期待させたままでは、余計に傷つけてしまう可能性があります。

やんわり断っても何度も誘ってきて、脈なしなことに気が付いてくれない・・そんな場合は、はっきり自分の気持ちを言うのもアリです。そのほうが、相手も気持ちよく次の恋愛にいけるでしょう。

「ごめんね、あなたと2人きりでデートしたいと思えない」「恋愛対象に見れない」など、時にははっきり意思表示をすることも大切です。

やんわり言いつつ、しっかり断ること

「嘘も方便」という言葉があるとおり、時には嘘をついて断るのも悪いことではありません。だけど大切なのは、「○○だから無理なんです!ごめんなさい」と、はっきりと断ることです。

断るのがめんどくさいからと言って無視しては、相手のことを傷つけてしまうだけです。デートを断る時は、やんわり伝えつつ、しっかりと意思表示してあげましょう。

興味がある方は、男の誘い方別撃退法!ホテルに誘われた時の断り方6つデートをドタキャンする時の最適な理由8選も併せてご覧ください。

スポンサーリンク