何かあれば、すぐに涙を武器にする女性っていますよね。泣けば許されると思っているのか、人前で泣くことをなんとも思っていないのか・・。いい歳をしてすぐに泣く女性は、同じ女性からしても理解できません。

女性ですら理解できないのですから、いったい男性はどのように思っているのでしょうか?そこで今回はすぐ泣く女の心理とそれを見た男性の本音を紹介していきます。

スポンサーリンク

すぐ泣く女の心理6つ

まずはどうしてすぐに泣くのか?その心理を紹介していきます。

1.涙に勝るものはない

すぐに泣く女性は、自分の涙は最強の武器だと思っています。どんな勝負でも最終的に泣いておけば、自分が有利になると勘違いしているのかもしれません。

  • 言い争いをして困った時
  • ミスをして責められた時
  • 男性に告白をする時

このような時に、ここぞというところで涙を流すのです。そうすれば、相手は何も言えなくなります。何も言えなくさせることが目的なので、それで満足なのです。

最終的になぜか相手が悪くもないのに、「ごめんね」と言わされる立場になるでしょう。そして泣いたまま勝利を確信して微笑むのです。

2.自分が弱い立場になりたい

泣くことで悲劇のヒロインになりたいという心理が働き、すぐに泣く女性がいます。女性同士の喧嘩でも、男女の喧嘩でも、周囲から見ていると泣いている方が可哀想。そして泣かせている方が酷い。そんな認識になってしまいます。

理由の知らない人からすると泣いているというだけで、その人は可哀想な悲劇のヒロインに見えるのです。泣きながら「私が悪いの・・」なんて言っていれば、周囲の人は同情して優しく慰めてくれるでしょう。皆が泣いている女性の味方になるはずです。

しかし、周囲の人が優しくしてくれるのも最初だけ。きっとただ泣く女だとバレてしまったら、冷たい目で見られるはずです。あなたは大丈夫?悲劇のヒロイン症候群の女性の特徴9つも参考にしてみてください。

3.泣いてしまう自分かわいい

どこかで自分はか弱くて可愛い女の子と思っているのでしょう。少しのことでもグスングスンと泣いてしまう・・。そんな自分自身を可愛いと感じているのです。泣いている自分に酔っているのです。

このようなタイプは、家の鏡の前で泣き顔の練習をしているのかもしれません。何かのタイミングで自分の中で芝居に入りカットがかかり、泣きの演技が入るのです。そして泣いている自分にほれぼれしているのでしょう。なんとも面倒なナルシスト泣き虫女ですね。

4.泣いておけばモテるでしょ

男性は女性の涙にとても弱いです。どんな男性でも、涙を流している女性には優しくしてくれるでしょう。その優しさをモテと勘違いしているのかもしれません。

  • 泣く=男性が優しい
  • 泣く=男性にモテる

このような方程式を勝手に作ってしまっているのです。どうしていいのかわからないから優しくしているというだけなのに、それを自分のことが好きで優しくしていると思うのでしょう。

泣けば泣くだけ、自分は男性にモテているという過剰な意識が働いて、隙があれば男性の目を気にして泣いているのです。

5.言い返せないから泣いておこう

すぐ泣く女性には、都合が悪くなると泣き出す人も多くいます。責められて、言い返せなくなり、でも何もできないままでは悔しい。だから泣いておこう。このように泣くことで逃げているのです。

負けず嫌いでプライドが高いので、素直に謝ることもできないタイプなのでしょう。泣いておけば、何も言わなくてもすみます。泣いて無言を貫けば、なんとなく都合の悪さを隠すことができていると思っているのです。

本当はそれが大人として一番恥ずかしいことなのですが・・。それに気付くことができない子どもっぽい性格なのかもしれません。

6.ただ単に涙腺が弱い

すぐ泣く女性の中には、泣きたくないのに涙腺が弱くて涙が出てしまうという人もいます。精神が弱く、涙をこらえても自然と出てきてしまうのです。

このような人は自分がすぐに泣いてしまうことを理解していて、それに恥ずかしさや悔しさも感じています。どうにかして改善したいと思っています。それでも、なかなか涙腺をコントロールするのは難しく、心に衝撃があるたびに涙を流してしまうのです。

すぐ泣く女を見た男性の本音5つ

続いて、すぐに泣く女を見た時の男性の本音を紹介します。女性はすぐ泣く女が嫌いですが、男性はいったいどのように思っているのでしょうか?早速見ていきましょう。

1.抱きしめたい

ちょっと騙されやすい男性であれば、すぐ泣いてしまう女性を見てこう思うでしょう。「俺が守らなければ!」「抱きしめたい!」と。やはり泣いている女性は、か弱く見えます。その涙を自分が拭いてあげたいと、男性の守りたいという気持ちを掻き立てるのです。

こんな男性がいるから、すぐ泣く女性が減らないのでしょう。しかし、こう思ってしまう男性が多いのも事実です。

2.気持ち悪い

一方ですぐに泣く女性を理解できずに、気持ち悪さすら覚える男性もいます。少しのことで泣いている女性を見ると引いてしまい、気持ち悪いと嫌悪感を抱くのです。

このような男性は、泣いている女性に対しても厳しくものを言います。そしてこのような男性が好きになる女性は、人前ですぐに泣くことのない芯の強い女性なのです。すぐに泣く女性もこんな厳しい男性の前では、涙を見せることをためらうでしょう。

3.職場で泣く女は嫌い

すぐ泣くにしても、その場の空気を読むということ、そして場所や立場をわきまえるということはとても大切です。特に男性が嫌うのは、職場で泣く女性です。

職場は公の場です。女性といえ、それぞれの立場や役目があるでしょう。その職場でどんな理由であろうと涙を流し始める人は、好意的に受け止められません。

どんなに悲しいことがあっても、どんなに悔しいことがあっても、職場では涙をこらえるのが社会人です。我慢できないなら、人目につかないトイレで泣けばいいだけです。

仕事をしている人がいる中で、ボロボロ涙を流すなんてあり得ません。しかも、少しのことですぐ泣くのですから・・。呆れて物も言えないでしょう。そんな女性のことが嫌いという男性は多いです。

4.飲み会で泣く女はうざい

もう一つ場所と空気を考えるべきは飲み会です。よく泣き上戸で、お酒を飲むと泣き出す女性もいます。しかし、飲み会の楽しい場所で泣かれては、場がしらけるだけです。

本人はそれでスッキリ満足かもしれませんが、一緒にいる人にとっては不味いお酒となり、つまらない時間を過ごすことになるでしょう。そんな空気を読むことができずに、すぐに飲み会で泣く女性はうざいの一言なのです。そのうち飲み会の声がかからなくなることでしょう。

5.泣かれても困る

この本音は一番多いのではないでしょうか。女性に泣かれた時の本音は、ただただ困るということです。どんな場面で泣いているかわかりませんが、泣かれてしまってはそれ以上何も言えません。

また、周囲からは自分が泣かせたように思われてしまいます。そのため、どうして良いのかわからずに、ただオロオロとしてしまうのです。本当は泣いている女性を置いて逃げてしまいたいくらいでしょう。

できれば、もう関わりたくないと心底思っていても、仕方なく優しい言葉をかけて当たり障りなくやり過ごすのです。これが大多数の男性の本音でしょう。

放っておくのが一番

あなたの周りにすぐ泣く友達がいた場合、とても面倒に思うでしょう。それを見ているだけでイライラすることもあるはずです。そんな人は放っておくのが一番ですよ。

すぐ泣く女だということは噂になり、そのうち誰からも相手にされずに孤立するはずです。そうなるまでグッと堪えて放っておきましょう。

もっと、男の本音を知りたい方は、彼女の友達を紹介されたときの男の本音9つ彼女のすっぴんを見た時の男の本音あるある9選も併せてご覧ください。

スポンサーリンク