お互いのことを全然干渉しない夫婦やカップルっていますよね。それで本当に関係が上手くいくのか疑問に思ってしまいますが、干渉しないことで上手くいっている夫婦やカップルがいるのも事実です。そこにはどんなメリット、デメリットがあるのか気になるところです。

そこで今回は干渉しない夫婦やカップルのメリットとデメリットを紹介します。

スポンサーリンク

干渉しないメリット5つ

干渉しないメリットは何があるのでしょう。早速見ていきましょう。

1.行動が制限されない

干渉しない最大のメリットは、行動が制限されないことです。パートナーがいると、どうしても自由に行動できません。しかし、お互いに干渉しないのですから、いつでもどこでも好きに行けます。

  • クラス会
  • 忘年会・新年会
  • 異性がいる飲み会

これらは束縛が激しいパートナがいると、行けないこともあるでしょう。「久しぶりに会うんだからいいでしょ」「みんな来るから行きたい」なんてお願いしても、融通の利かないパートナーなら許してくれません。後でみんなからどんな様子だったのか聞くしかできないのです。

一方、干渉しないカップルならこんなことはありません。会いたい人、行きたいところに自由に行けます。このように、行動が制限されないことで、我慢しなくていいことは大きなメリットです。

2.お金が自由に使える

お互いにお金が自由に使えることも、干渉しないメリットと言えるでしょう。特に結婚しているとお金は自由に使えません。そのため、干渉されないと、より自由を感じることができます。

最近では、お互いのお金を干渉しないように、財布を別にしている夫婦もいます。自分の稼いだ分なら、ちょっと高い買い物をしても、ちょっとリッチな旅行に行っても文句を言われません。

もちろん、お互いが自由にお金を使ってしまえば、問題は出てきます。そのため、自由と言えども計画的にお金を使っていく必要はあります。しかし、それでも相手に管理されているより気が楽なのです。

3.相手のしていることが気にならなくなる

干渉しないと相手のしていることが気にならなくなるのもメリットと言えるでしょう。付き合いが長くなってくると、相手の嫌なところが見えてきます。しかし、干渉しなくなると、嫌なところも見て見ぬ振りができるようになります。

そもそも、相手が自分の思うとおりにいかないから気になるのです。始めから、「自由にしていいよ」と思えるようになれば、何をやっていても気にならなくなります。すると、相手にイライラする必要なんてありませんからね。

このように干渉しないことで、パートナーのやることにいちいち目くじらを立てなくても済むのです。

4.ケンカが少なくなる

干渉しないようになるとケンカが少なくなるでしょう。干渉しないカップルは相手に文句を言っても、ケンカになるだけと分かっているので余計なことは言いません。そのため、ケンカが起こりにくくなるのです。

ケンカの原因なんて、余計な一言や些細なことがきっかけだったりします。それを避ければケンカなんて、そうは起こりませんからね。このように干渉しないことで、ケンカが少なくなるのもメリットと言えるでしょう。

5.自分のペースで過ごせる

干渉されなければ自分のペースで過ごせます。そのため、精神的に楽です。恋愛はお互いのことを干渉しすぎてしまうから、相手のことで悩んだり、辛かったりするのです。干渉しないことで、そんなことはなくなります。

相手は相手、自分は自分と思えば、常に自分のペースで生活できます。これは結婚していたとしても大切なことです。相手にペースを乱されてしまうと、いいことなんてありませんからね。

そして自分のペースで過ごせることで、余計なストレスが溜まらなくなります。ストレスがなければ、余裕が生まれますよね。すると、相手に対して優しくなれたり、何気ないことで感謝できるようになるのです。

干渉しないデメリット5つ

お互いに干渉しないと、いろいろなメリットがありましたね。しかし、いい面があれば悪い面もあるものです。次はデメリットをチェックしていきましょう。

1.相手に無関心になる

干渉しないと相手に無関心になってしまうかもしれません。お互いに干渉しないようにすることに慣れてしまうと、相手が何をしていても気にはなりません。それだけならいいのですが、そのうちに何をしていても興味がなくなってしまいます。

そうなってしまえば、もはや愛情が残っているのか?という関係ですよね。愛の対義語を無関心と言ったりすることもありますが、干渉しないことでそうなってしまう場合があるのです。

相手に対して干渉しないと言えば聞こえはいいですが、それを通り越して、いつの間にか無関心になってしまったら、それこそ本末転倒ですからね。

2.たまにかまって欲しくなる

いくら干渉しないと言っても、たまにはかまって欲しくなる時もあるでしょう。しかし、普段干渉しないことが当たり前になっているので、望んでいる時だけ都合よくかまってくれることはありません。

かまって欲しいなんて言ってしまえば、それこそ、「急にどうした?」「なんか気持ち悪い・・」なんて言われかねませんからね。このように甘えたい!かまって欲しい!なんて思っても、我慢しなくてはいけないのが干渉しない関係のデメリットです。

3.干渉したいこともできなくなる

干渉しないカップルはこの関係が心地よくて上手くいっているのでしょう。そのため、「干渉しないこと」が暗黙のルールになってしまいます。すると、干渉したいこともできなくなってしまいます。

  • 将来のお金のこと
  • 子供の育て方
  • 休日の過ごし方

いくら干渉しないと言っても、これらはきちんとしておきたいものです。しかし、「干渉しないこと」が暗黙のルールになっていると、こんなことすら言い出しにくくなってしまいます。

もちろん、大事なことはしっかり話し合える関係なら問題ありません。ただ、どれが大事な問題なのかは人によって違います。そこの認識がずれていると苦労してしまうのです。

4.会話がなくなる

干渉しない関係なら、余計なことは口出ししないのが鉄則です。干渉しないレベルにもよりますが、お互いのプライベートには、なるべく口を突っ込まないようにしているでしょう。そのため、普通のカップルよりも確実に会話が減ってしまいます。

そうしていると、段々会話がなくなっていきます。会話はもっとも重要なコミュニケーションです。それがなくなってしまうと、後に大きな問題が生まれるでしょう。

5.一緒にいる意味を考えてしまう

あまりに干渉しない関係だと、一緒にいる意味を考えてしまうデメリットもあります。時には、ぶつかることで関係を深めることもありますよね。しかし、干渉しないと衝突しないまま関係が続いてしまいます。

また、干渉しないことですれ違いも多くなります。相手が今どこで何をやっているのか、知らないなんてこともあるでしょう。よく考えると相手のことを全然知らないなんてことも。すると、相手のことを本当に理解しているのか自信がなくなるのです。

自信がなくなれば、「お互いに本音が言えているのかな?」なんて疑問も湧いてきます。そうなってしまえば、「このまま、一緒にいてもいいのかな?」「一緒にいる意味はあるのかな?」とネガティブになってしまうでしょう。

干渉しないことと興味を持たないことは別

干渉しないことと、興味を持たないことは全く違います。無関心にならないように、しっかり相手のことに興味を持ちつつ、干渉しないことがいい関係に繋がるのです。

興味がある方は、新婚生活がつまらないと感じる理由と対処法8選彼氏が彼女から言われて嬉しい言葉13選も併せてご覧ください。

スポンサーリンク