あなたの周りには、おせっかいな人はいますか?おせっかいな人が近くにいると、とにかく手や口を出してきます。まるで自分の子どものように監視をしてるみたいで、うんざりしてしまいますよね。

おせっかいな人に悩まされている人は、なぜこんなことをするのか不思議なはずです。そこで今回はおせっかいな人の心理とうざいエピソードを紹介します。

スポンサーリンク

おせっかいな人の心理6つ

おせっかいな人は、どのような心理で人に世話ばかり焼いているのでしょうか?まずは、その心理を紹介していきます。

1.人の役に立ちたい

おせっかいな人は、人の役に立ちたいという思いが人一倍強い人です。そこには相手の都合や気持ちはお構いなし。自分ができることや知っていることであれば、反射的に口を出しておせっかいをしてしまうのです。

  • 自分がこれをしたら、きっとあの人は喜ぶだろう
  • 今私が手伝った方が、あの人は助かるだろう
  • これを言ってあげた方が、あの人のためになるだろう

このように相手の気持ちを自分の都合の良いように捉えて、相手のためにおせっかいをしては、人の役に立てたことを誇りに思っているのです。

2.他人からの評価を上げたい

おせっかいな人は、自分のことをおせっかいだと思っていません。前項でも紹介したように、人の役に立つためにしていることです。つまりは、人の役に立つ存在であると自分では思っているのです。

おせっかいをすればするほど、他人からの自分の評価が上がっていると勘違いしているのですから困ったものです。

  • 今日はこれを手伝って、後輩からの評価を上げよう
  • 間違いを探して報告して、上司からの評価を上げよう
  • 知っている育児の知識を広めて、ママ友からの評価を上げよう

やればやるほど困らせているのに・・。自分では、やればやるほどに評価を上げていると感じているのです。

3.自己欲を満たしたい

おせっかいな人は、ほんとは人に興味なんてない場合が多いです。ただ自分の欲を満たすためだけに、おせっかいな行動をしているケースもあるのです。

何もしないで過ぎる一日は、無意味で自分の存在意義がわからなくなりますね。誰にも必要とされていないような孤独な気持ちや、何もできないダメな気持ちに陥ることもあります。

しかし、人のために何かをした日や、役に立った日、「ありがとう」と言われた日は、自分の存在意義を確かめることができます。自分がいることで、誰かが助かっている!そう思うことで、自己欲を満たすことができるのです。

そんな自己欲を満たすために、無理にでもおせっかいをしている人もいます。

4.人と関わりを持ちたい

人におせっかいをすることで、人との関わりを保っている人もいます。他に関わり方がわからない不器用な人なのでしょう。

  • 人と関わりを持ちたい
  • 仲良くなりたい
  • 慕われたい
  • 仲間に入りたい

そんな気持ちがあるのですが、上手くコミュニケーションがとれず、どのように接して良いのかわからない・・。そこで頑張って距離を縮めようと、できることをしていたら、それが結果的におせっかいになってしまっていたのです。

知らず知らずのうちにおせっかいな人となり、人と距離を縮めるつもりが遠ざけられてしまうことに・・。

5.自分の方が上だと主張したい

おせっかいな人は、何かを教えたり世話を焼きます。つまりはお母さんが子どもにしているようなことを他人にもしてしまうのです。おせっかいになるのは、どこかでその人を見下しているからなのかもしれません。

  • 自分の方が知っている
  • 自分の方が経験している
  • 自分の方が学んでいる

そんな自分の方が上にいるということを主張するために、おせっかいなことをしているのです。おせっかいをした相手が尊敬の眼差しで見てくれることを望んでいるのかもしれません。

6.自尊心を高めたい

一方でおせっかいな人は、自分に自信がない人も多いです。自分に自信がないからこそ、人にお世話をすることで自信をつけています。自尊心を高めるために、人におせっかいなことをするのです。

  • 「すごいね」
  • 「さすがだね」
  • 「助かったよ」

このような言葉で自分を保っているのかもしれません。たった一言で良い気持ちになれるために、また懲りずにおせっかいをしてしまうのです。

おせっかいな人のうざいエピソード3つ

続いて、おせっかいな人にされたうざいエピソードを紹介します。

1.いちいち恋愛に口出しする

恋愛は基本的に自分と相手の二人の物語です。それでも、どうしようもなく悩んだ時や辛い時は、周囲の助けを借りることになります。そんなときも、自分で相談相手を慎重に選ぶはずです。

そんなデリケートな人の恋愛について、頼んでないのに口出ししてくるおせっかいな人がいます。

  • 「○○くん、昨日あの子と仲良くしていたよ。あの子は小悪魔女子だから気をつけないとね」
  • 「あの後どうなったの?なんか○○くん悩んでいるみたいな顔していたからさ」
  • 「一応○○くんにあなたのことアピールしておいたから安心していいよ」

ことある事に、人の恋愛に口出してきては、余計なお世話ばかりやいてきます。誰もが少しそっとしておいてほしいと思うでしょう。恋愛に関しておせっかいされるのは、本当にいい迷惑ですね。

2.育児に関してうるさいことばかり言う

育児に関しては、その母親やその家庭によって様々な方針があります。そんな育児に関して他人に口出しされたり、手を出されるのはとてもうざいですね。

  • 「うちの子は○歳の頃には、もうオムツしていなかったわ。あなたの子も、そろそろオムツはやめた方がいいわよ。その方法はね・・」
  • 「なんだか食事中も落ち着きがないのね。もう少しきちんと怒った方が、子どもの将来のためになるわよ」
  • 「あなたが通っている幼稚園あんまり評判良くないみたい。評判のいい幼稚園のパンフレット持ってきたから参考にしてみて!」

家族でもないのに、こんなことばかり言われたらどう思いますか?余計なお世話だよ!うざい!と強く感じストレスになること間違いなしです。しかし、おせっかいな人は良いことをしていると思っているため、口を出すことをやめません。

3.職場でいちいち仕事のおせっかいをする

社会人になれば、自分の仕事は自分で処理したいと思います。それでも立ち止まった時は、誰かに相談し助けを求めることでしょう。しかし、おせっかいな人は助けを求められる前から、余計なおせっかいばかりしたがります。

黙々と仕事をしていると、いきなり「その仕事こうした方が効率いいよ」と口出してくる・・。こんなシーンは、よくありますね。「その仕事終わったら一度見せてね」これくらいの一言で済ませて、見守ってくれる人の方が好まれます。

いちいちおせっかいをする人は、悪い人ではないけれど、うざい人だと敬遠されてしまう良い例です。

おせっかいな人は自己中心的

これを読んでわかるように、おせっかいな人は基本的に自分のことばかり考えている自己中心的な人とも言えます。あまりにひどい時は、適当に流して上手くあしらっても良いでしょう。

それでも、おせっかいで困る人には、断る勇気を持つことも大切です。おせっかいだと気付いていない人には、おせっかいだと気付かせてあげる。これもある意味優しさですし、今後のお互いのためにもなりますよ。

興味がある方は、同性の友達がいない女&女に嫌われる女の特徴18選他人に干渉する人の心理と対処法10選も併せてご覧ください。

スポンサーリンク