一緒に働いていて、うんざりするような人っていますよね。では、実際に一緒に働きたくないと思われる人には、どのような特徴があるのでしょうか?あなた自身は、そんな人にはなっていませんか?そこで今回は一緒に働きたくない人の特徴を紹介していきます。

スポンサーリンク

1.自分に甘く他人に厳しい

自分にも他人にも同じように厳しいなら納得できますが、自分に甘いくせに他人には厳しい人もいます。

  • 自分は平気で遅刻してくるのに、人の遅刻は1分も許さない
  • 自分はお喋りしているのに、人の無駄口は一言も許さない
  • 自分のミスは上手く誤魔化し、人のミスはことを荒立て指摘する

こんな人が職場にいては、働く気力すら失いそうですね。言っていることとやっていることが、まるで伴っていないのです。ましてやこんな上司がいたら、誰もついていかないでしょう。自分に甘く他人に厳しい人とは絶対に一緒に働きたくないですね。

2.人によって態度が違う

職場には様々なタイプ、そして様々な立場の人がいます。大切なのは誰と接するときも態度を変えることなく、礼儀正しく感謝の気持ちを持って接することです。しかし、それが誰にでもできるわけではありません。

中には、自分の損得ばかりを考えて人を識別している人もいるのです。

  • この上司には礼儀正しくする
  • この先輩は適当でいいや
  • このイケメン後輩には優しくしよう
  • この若い女子社員はこき使おう

相手によって、自分にどんな利益や不利益をもたらすのかを瞬時に判断するのです。そして利益センサーが反応した人には愛想を振りまき、そうでない人は邪険に扱います。その180度変わる態度は、対応される方も見ている方も嫌な気分にさせます。

こんな人と仕事をするのではストレスばかりが増える一方です。

3.自分のやり方絶対主義

仕事は勉強とは違います。必ず一つの正解があるわけではありません。頭がいいから、学歴があるから、できるというものでもありません。

100人いれば、100通りの考えがあり、それぞれのやり方があるでしょう。そこに絶対的な正解もなければ、絶対的な間違いもないのです。経験や知識を積んで学んでいくのが仕事です。しかし、頭でっかちになっている人は、自分のやり方が絶対だと信じています。

自分以外のやり方は間違っていると思っているため、常に見下して指摘してきます。「このやり方でないとダメだ」と主張を曲げないのです。

このように自分の仕事のやり方に自信を持ち、それを押し付けてくる人。また、他のやり方を全否定してくる人。こんな頭の固い自分絶対主義の人とは仕事したくないですね。

4.人の意見に流されすぎる

前項のように考えを曲げない頑固ものも一緒に働きたくないですが、正反対に何でもかんでも人に流されてしまう人も、一緒に働くとイライラしてしまい嫌になるタイプです。

このタイプの人は、仕事をしているのに全く自分の意見や信念がありません。右と言われれば右へ。左と言われれば左へ。言われたままに流されて、言われたままに動きます。

そこに自分の考えはないのです。これでは子どものおつかいと一緒です。ロボットでもできます。そんな人と働きたいと思う人はいないので、いつか会社のお荷物になってしまうでしょう。

社会に出て仕事をするからには、自分の意見と信念を持たなければいけません。それを人に言う必要も押し付ける必要もありませんが、自分の心にきちんと留めておくべきでしょう。

5.面倒なことからひたすら逃げる

仕事とは、好きなことだけできるわけではありません。むしろ好きでないことの方が圧倒的に多いかもしれません。辛いこと、嫌なこと、面倒なこと・・。

それらは必ず仕事をしていれば通る道です。しかし、面倒なことが起こりそうになると、ひたすら逃げ隠れするような人がいます。

  • 残業を頼まれそうになると、いつもどこかに身をひそめる
  • 難しいプロジェクトを任されると、他の仕事が手一杯だとアピールする
  • 接待の日はいつも仮病で欠席

そして自分のやりたいことにだけ、積極的に手を挙げ参加するのです。いいとこ取りですね。

誰かがいいとこ取りをしている影には、面倒な仕事をコツコツしている人がいます。それをまるで理解していません。そんな面倒なことから逃げるような、自己中心的な人は一緒に働きたくないと思われて当然です。

6.高圧的で威圧的

なぜか物事を高圧的で威圧的に話す人がいます。小さなことでも圧力を感じると毎日心の負担が大きくなり、ストレスを感じてしまうでしょう。何かにつけて圧力をかけて話す人はいませんか?

  • 「あなたそんなことも知らないの?」
  • 「そんなミスして、あなたやる気ないわけ?」
  • 「何しにここに来てるの?」

小さなミスでも、ずっとこのようなことを威圧的に言われてしまうと心が立ち直れません。もちろん、メリハリがあって重大なミスをしてお叱りを受けるのであれば良いのですが、いちいち威圧的にものを言われると嫌ですね。

7.男だから女だからを主張

職場では男女平等を掲げているところも多いですが、それでもまだ男と女を武器にしている人や差別している人が多くいます。

  • 女を武器にして仕事をしているような人
  • 男を盾にして偉そうに威張り散らしている人

女だから男だからという理由だけで、許されたり許されないことがあるのはおかしいですよね。

もちろん、男女それぞれの役割はあり、完全平等な社会は難しいかもしれませんが、それでも性別だけを主張して何かを訴え、手に入れようとするような人とは一緒に働きたくないですね。

8.人の粗ばかり探す

人の粗は割と見えやすいものです。欠点のない人はいないので、どんなに完璧で仕事ができる人でも粗を探せば見つかります。もちろん、その人の悪いところを指摘して正していくことは大切です。しかし、人の粗ばかり探す人は嫌われます。

良いところを見ようとせずに、その裏側や足元ばかりを見て、どこかに落ち度はないかとチェックばかりしている・・。まるで暇で仕事のない人がやることです。

  • ここが良い。でも、ここが足りない。
  • ここが素晴らしい。でも、ここが欠点。

そうやっていいところと悪いところが見えてこそ、人に寛容になれたり、尊敬することができるのです。粗探しばかりしている人と一緒にいると、自分がダメな人間に思えてくるでしょう。そんな人とは誰も一緒に働きたくなくて当然です。

9.仕事しない

もう論外ともいえますが、仕事をしない人とは働きたくないですね。いわゆる給料泥棒です。仕事内容にもよりますが、のらりくらりと仕事を交わして、人の半分以下の仕事しかしていない人がいます。

それでも自分はやっている感をだして、できている風に振る舞います。給料は同等なのですから、倍働いている人からするとたまったものではありません。

「たいした仕事もしていないくせに、偉そうにするな!この給料泥棒!」と叫んでしまいたくなるでしょう。でも、そんな気持ちが届くことはありません。

10.とにかくミスが多い

悪気はないのですが、やたらとミスをする人がいます。これが違うミスなら良いのですが、いつも同じようなミスを連発。その度に反省し落ち込み、気をつけると心に誓っているようなのですが、また同じミス。

このミスをフォローするのは本人だけではありません。その部署、その会社でフォローするものです。毎回同じようなことでフォローしているのでは、周囲の人が疲れ果ててしまいます。

悪気がなくてもミスはミス。同じ失敗を繰り返してしまう人とは、一緒に働きたくないのです。

11.言い訳ばかりする

人には素直な人と素直でない人がいます。これは性格なので仕方ないですが、仕事をしているのであれば何事も素直になるべきです。

納得いかないことも、ミスして反論したいことも、自分なりの解釈も色々とあるでしょう。しかし、その度に反論して言い訳ばかりする人は、一緒に働きたくないと思われてしまいます。指摘されたこと、起こってしまったことは、まずは素直に認めましょう。

12.すぐ泣くすぐ怒る

まるで子どものように職場ですぐに泣き、すぐに怒る人がいます。感情を抑えることのできない人なのでしょう。悔しいことや悲しいことがあれば、ボロボロと泣き始めます。嫌なこと納得いかないことがあれば、イライラします。ムカつくことがあれば、怒り出します。

職場は家庭ではありません。一緒にいるのは家族でも友達でもなく、上司や先輩、後輩です。そんな中で、自分の感情の思うままに泣いたり怒ったりされては、仕事がやりにくくて仕方がないですね。そんな子供っぽい人と働きたい人なんているわけありません。

あなたの周りにもいますか?

あなたの周りには、こんな特徴を持った人はいますか?またあなたはそうなっていませんか?職場とは仕事の場です。メリハリつけて、協力しあって仕事ができると良いですね。

興味がある方は、ここが人と違う!職場で好かれる仕事ができる女性の特徴8つ職場やバイトにいるタメ口年下女性の対処法10選も併せてご覧ください。

スポンサーリンク