女の幸せって何だろう?そんなふうにふと考えてしまうことはありませんか?「結婚して子供を産んでこそ、女は幸せなのよ!」なんて言う人もいますが、果たして本当にそうなのでしょうか?

価値観は人それぞれなのだから、10人女性がいたら10通りの幸せがあるはずです。今回はいろんな種類の女の幸せを紹介していきます。

スポンサーリンク

1.妊娠や出産で人生観が変わる

「妊娠や出産を通して、世界が変わった!」そんなふうに感じる女性は少なくありません。当然ですが、妊娠というのは女性しか体験できないことです。妊娠している期間に思わぬ心や体の変化を経験して、生命の神秘を味わう女性も多いのです。

また、いざ子供が産まれると、「この子のためなら何でもする!」とさえ思う女性がほとんどです。それは理屈抜きの、母親としての本能かもしれません。

今までは夫や自分のことが一番だったのに、出産した途端に何よりも大切な存在ができる・・。こんな経験をした女性は、母親として強くなります。どんな女性にとっても、妊娠や出産は特別であり、幸せに溢れたものなのです。

2.子育てや家事に大忙し!主婦として頼りにされる

主婦には365日24時間休みがありません。ずっと夫や子供の世話をして、自分のことは後回し・・。「辛い!」と感じる女性も多いようですが、むしろ頼りにされるのが何よりも幸せだと感じる女性もいます。

「母性本能」という言葉があるとおり、女性はもともと世話好きな生き物です。自分のこと以上に人のために頑張れる。そんな毎日は幸せだし充実したものでもあります。

また、ある程度独身時代を楽しく過ごしたら、「これからは子供のために生きたい」と感じる女性も多いようです。ある程度歳をとったら「家族や次の世代に何かを残そう」と感じるのは、自然なことなのかもしれませんね。

3.仕事に邁進するバリキャリ人生

一昔前は、女性は結婚したら家庭に入るものだと思われていました。だけど現代社会においては、ひたすら自分のキャリアを磨いて、バリバリ働く優秀な女性も多いです。最近では政治やビジネスの世界で女性の活躍も増えてきましたよね。

「仕事ばかりだと婚期を逃す!」なんて考え方はすでに古いもの。最近では美人で育ちもいい上に、高学歴で高収入なんていうエリート女性もいます。

そんな中で、結婚して妊娠して、しっかり育休をとる。子育てが一段落したらまたバリバリ働く、なんていう女性も増えてきています。仕事もバリバリこなし、女としても母親としても輝く。そんなスーパーウーマンとして人生を謳歌する女性もいるのです。

4.玉の輿!高収入男性と結婚してセレブに

結婚で女の人生は変わると言います。もっと言えば、どんな結婚相手を選ぶかによって、人生は大きく左右されてしまうものです。今までは貧乏で苦労していたのに、高収入の男性と結婚した途端にセレブ生活・・。そんな逆転人生も存在するのです。

「玉の輿に乗りたい!」という女性は多いですが、セレブな男性に選ばれるのは難しいことです。特に高収入なエリート男性は、結婚相手として自分に釣り合うようなセレブで美人な女性を選ぶことが多いです。

ですので、そんな格差を超えて玉の輿に乗れるということは、よっぽど魅力的な女性であることが必須条件なんですね。また、出会いを引き寄せる強運も必要です。興味がある方は、年収1000万以上の男性と結婚するための最低条件7つを参考にしてみてください。

5.生涯現役!多くの男性との恋愛を楽しむ

中には、結婚せずに生涯独身を貫く女性もいます。独身女性には「売れ残り」という嫌なイメージがつきますが、本人は案外幸せだったりします。結婚して誰か1人に縛られることなく、死ぬまで多くの男性との恋愛を楽しむ・・。こんな人生も、悪くないものです。

一度結婚をしてしまうと、当然ですが夫以外の人と恋愛することはできません。だけど、一生恋のトキメキを味わえない人生なんて、なんだか味気ないですよね。ですので、結婚せずに一生恋をしている人生こそ、女の幸せだと考えることもできるのです。

6.卒業したら学生時代の彼氏と即結婚

適齢期になると、独身女性の誰もが一度は結婚に悩むものです。だけど世の中には、そんな悩みと無縁の男女もいます。

例えば、大学時代付き合っていた彼氏と、卒業した途端に結婚する。そして20代のうちに出産や育児を経験し、早々マンションか一戸建てを買う・・。そんな順調な人生もあるのです。

たとえ学生時代に彼氏がいても、一度社会に出ると別れるカップルのほうが断然多いです。社会人になってたくさんの出会いに恵まれると、お互い目が肥えてしまうのかもしれませんね。

だからこそ、学生時代の彼氏と結婚できるのはとても貴重なことなのです。中には、「中学時代から付き合っていた初彼と結婚した」なんて人もいたりもします。生涯1人の人と愛し合って結婚できるなんて、なんとも幸せな人生ですよね。

7.男女限らずたくさんの友達に愛される人生

いい人間関係が築けるかどうかで、幸福度は大きく左右されます。そのため、男女限らずたくさんの友達に愛されて、自然とまわりに人が集まってくる・・。そんな人生なら、心から幸せだと言えるはずです。

独身の女性なら特に、いい友達がたくさんいるというのはとても大切なことです。一方で、結婚すると女性は人間関係も大きく変化してしまうもの。結婚する前は友達がたくさんいたのに、結婚した途端に誰も誘ってくれなくなった・・。

そんな人生では寂しいですよね。やはりいつまでも、友情は大切にしたいものです。

8.ずっと独身で趣味や旅行を楽しむ

「女性は結婚して子供を産んでこそ幸せ」とはよく言いますが、実はそうとは限りません。結婚できたとしても、相手を間違えると毎日が地獄になることもあります。

また、性格的に結婚向きでない女性もいるのです。家事が好きでなかったり、他人と一緒に暮らすのが苦痛だったり・・。そういう場合は、結婚するとストレスに満ちた毎日になってしまいます。結婚すると自由がなくなるので、なおさら辛いですよね。

ですので、まわりに流されて無理して結婚するよりも、独身でいたほうが幸せな場合もあるのです。誰に遠慮することもなく、自由気ままに趣味や旅行を楽しむ・・。そんな人生も悪くありません。

9.子供や孫・友達に囲まれて賑やかな老後を過ごす

「終わりよければすべてよし」なんて言うように、老後が人生の幸せを左右する場合も多いです。いくら若い時は楽しくても、老後は孤独でお葬式にも誰も来てくれない・・。そんな人生よりは、子供や孫に囲まれて毎日賑やかに過ごすほうがいいですよね。

そう考えると、やはり結婚して子供を産んで、家族がいたほうが幸せと考える人も多いです。だけど、たとえ子供や孫ができても、家族が不仲で邪魔者扱いされる老人も少なくありません。そのため、一概にどっちがいいとは言えないですよね。

いずれにしても、老後に周りの人に大事にしてもらえるかどうかは、その人の人柄で左右されるものです。愛されるお婆ちゃんになって、楽しい老後を送りたいですね。

やっぱり幸せは人それぞれ違うもの

今回見てきたとおり、女性の幸せには、実に様々なものがあります。例えば、ある人にとっては結婚が幸せでも、ある人にとっては苦痛でしかない・・。そんなこともあるのです。人はそれぞれ違うのだから当然ですね。人の意見に惑わされず、自分なりの幸せを追求していけるように生きていきましょう。

興味がある方は、幸せな家庭の条件&幸せな家庭を築く方法8選女が知っておくべき男の幸せ8つも併せてご覧ください。

スポンサーリンク