本当に好きな人とは付き合えない。二番目に好きな人くらいがちょうど良い。よくこんな言葉を聞くことがあります。

本当に好きな人とは付き合えないなんてことはあるのでしょうか?実際はNOです。好きな人だからこそ陥る罠を回避すれば、片思いは成就するものなのです。

そこで今回は本当に好きな人とは付き合えないと勘違いしてしまう理由を紹介します。その勘違いをなくして、本当に好きな人との恋を実らせましょう。

スポンサーリンク

1.好き過ぎて本当の自分が出せない

本当に好きな人前で100%自分が出せる人はいないでしょう。好きだからこそ、本当の自分が出せなくなってしまいます。緊張や少しでも良く見られたいという意識から、ぎこちない自分になってしまうのです。

あなたの魅力はどんなところですか?いつもどんなところを好きになってもらいますか?

  • 明るくて笑顔が可愛いところ
  • なんでもストレートに口にするところ
  • 素直で無邪気な姿に癒される

それぞれ魅力があるでしょう。しかし、そんなあなたの本来持っている魅力も、好きな人の前では半分も出すことができません。あなたの魅力が好きな人には伝わらないのです。そのため、いつも片思いで終わってしまう・・。

これはあなた自身に魅力がないからではなく、好きな人に魅力を伝えていないから。頑張って本来の自分を見せられるようにしてみましょう。

2.本当に好きで嫉妬心が強くなる

好きであれば好きであるほどに、相手に介入したくなる気持ちが出てきます。付き合っているわけではないのに、嫉妬や独占欲が生まれてしまうのです。

好きな人が別の女性と楽しそうに話している。別の女性に優しくしている。そんな些細なことでも落ち込んだり、イライラとしてしまうのでしょう。そしてその嫉妬や独占欲は相手を傷つけるだけでなく、自分も傷つけてしまうのです。

そのため、好きな人に嫌な思いをさせたり、恋愛をしている自分自身にも嫌気がさしてきます。結果その恋愛は実ることがなく、嫌な気持ちのまま終わってしまうのです。

好きな人に対して嫉妬心がでるのは仕方のないことです。しかし、好きな人はあなたのものではありません。もっと気持ちに余裕を持って大らかな気持ちで恋愛をすれば、片思いを卒業できるかもしれません。

3.雲の上の人のように感じる

本当に好きな人。ずっと片思いをしている人。このような男性は、とても遠くにいるような気がしませんか?これが罠なのです。

好き過ぎるあまりに、相手を勝手に持ち上げ過ぎて、雲の上の存在のようにしてしまう・・。テレビに出ているアイドルを好きな気持ちと同じような感覚になってしまっているのです。これでは叶う恋も叶いません。

もっと相手を身近に感じてみましょう。あなたの好きな相手は、あなたと同じ世界に生きている人です。手を伸ばせば届く人です。ハードルを上げる必要なんてありません。

どこかで無理だというあなたの気持ちがある限りは、片思いから卒業することはできません。その気持ちを取り払ってみてください。

4.今まで両思いになったことがない

今までの人生で両思いを経験したことのない人は、自分が両思いになれるわけがないと決めつけてしまっているのかもしれません。つまりは自分に自信がないのです。好きな人ができた。でも私は片思いをするだけ。そう決めつけてしまい、何もしていないのではないでしょうか。

両思いになった経験がないと、両思いになることが奇跡のようなことに感じます。自分には一生無理な話だと感じます。しかし、そこで諦めるから、無理なままになってしまうのです。

誰にだって両思いになれるチャンスはあります。世の中のカップルは皆両思いになって付き合っている人ばかりなのです。諦めずに両思いになれる努力をしましょう。

5.二人きりを避けてしまう

本当に好きな人は、同じ空気を吸っているだけでドキドキしますね。同じ部屋にいるだけでもドキドキ。複数人で話していてもドキドキ。大勢で飲み会をしていてもドキドキ。常に心臓が反応してしまうのです。

そんな好きな人と二人きりになれる状況があった時、あなたはどんな行動をとりますか?チャンス!と思って二人きりの場所を楽しめる人は、両思いになれる人。しかし、ドキドキしすぎて二人きりになる状況を避けてしまう人は片思いのままの人です。

二人きりになれるなんてアピールチャンスです。ここをものにしなくては恋愛が前に進みません。しかし、好きなあまりにそのチャンスを毎回逃してしまうのですね。その結果、いつも本当に好きな人と付き合えないのです。

6.挙動不審になってしまう

好きでない男性と話す時は、いきいきと楽しそうに話しているあなた。同じように好きな人とも話せますか?なかなか難しいですよね。これが罠です。

他の人なら大丈夫なのに、好きな人を前にすると挙動不審になってしまう・・。目が泳いでわたわたとし、よくわからない言動を連発してしまいます。そんなあなたの姿には、男性も不思議そうに顔をしかめるでしょう。話も弾むことなく、終わってしまうのです。

好きな人の前で挙動不審になってしまう。これは大きなマイナスポイントです。ここを改善して自然に振る舞えるように特訓してみましょう。自然体のあなたが好きな人の前でもだせるようになれば、きっと好きな人と付き合えるようになるはずです。

7.自分の気持ちを表現できない

好きな人に振り向いてもらうためには、相手に自分の気持ちをアピールすることが必要です。告白するわけではなく、でも好きという気持ちをさりげなく伝えなければなりません。

相手の男性は「あれ?もしかして俺のこと好きなのかな?」と気持ちに気付き、そこから恋愛が始まります。しかし、本当に好きな人にはそのアピールがまるでできない・・。好きすぎて自分の気持ちを表現できず、相手に自分の気持ちを伝えれません。

むしろ避けたり、挙動不審になったりするので、相手は自分のことが嫌いなのかと勘違いしている場合もあるかもしれません。

やはり好きな人と付き合うためには、恋愛のテクニックも必要です。好き過ぎてそのテクニックを使えないのであれば本末転倒。好きな相手だからこそ恋愛のテクニックを使えるようにしていきましょう。

8.なんだか苦しくなる

本当に好きな人は、見ているだけで苦しくなることがあります。好きな気持ちが胸を締め付けているのか、叶わない恋愛に切なくなっているのか・・。

見ていても思い出しても涙が出てしまうこともあるでしょう。そして不思議なことに、本当に好きな人とは両思いになることも怖さを感じるのです。

もし付き合えた時に、本当の私を知って嫌われてしまったらどうしよう。付き合ってもすぐに振られてしまったら立ち直れない。周囲から不釣り合いだと言われたらどうしよう。そんな恐怖心まで出てきてしまうのです。

結果どんな形であれ、なんだか苦しいのが恋です。そんな本気な恋だからこそ、なかなか実らせることができないのかもしれません。

大切なのは気の持ちよう

本当に好きな人とは付き合えないと勘違いさせる理由を紹介しました。本当に好きな人とは付き合えないわけではありません。本当に好きだからこそ、付き合えない・・。そんな想いが幸せを邪魔しているのです。

大切なのは気持ちです。好きな人と付き合いたい。付き合う。その強い気持ちで恋愛をすれば、必ず好きな人との恋が実るはずです。自分を信じて強い気持ちを持ちましょう。

興味がある方は、好きな人と結婚できなかったから、二番目に好きな人と結婚?片思いの彼に猛アピール!好きな人に好かれる方法8選も併せてご覧ください。

スポンサーリンク