彼氏の友達に告白をされてしまった!そんな時、誰もがその対処に悩むでしょう。彼氏に言うべき?今後どう付き合うべき?そんなことが頭をグルグル回ります。

実際に彼氏の友達から告白をされたら、どうすればいいのか?今回はその適切な対処法を紹介します。

スポンサーリンク

1.丁重に断る

まず適切な対処法として、当たり障りなく丁重に断ることです。曖昧な態度をとったり、騒ぎ立てたり、怒り出すようなことはせずに、言われたその場でハッキリとお断りをしましょう。

告白をしてきた男性が、どんな気持ちで告白をしてきたのかはわかりません。遊びなのか本気なのかもわかりません。しかし、自分の友達の彼女であることは知っていて、告白をしてきてる事実に変わりありません。どんな気持ちであっても、友達を裏切っているのです。

「ごめんなさい。お付き合いできません。」この一言をキッパリ伝えて、頭を下げてその場をすぐに立ち去ってください。もし、どうようして断れなかった場合も、LINEで一言断りの連絡を入れてサッパリと終わらせましょう。

2.今の彼氏が大切と告げる

彼氏の友達に告白された時は、自分が「あなたの友達の彼女」であることを主張した方がいいでしょう。友達の彼女に告白することを何とも思っていないのかもしれません。もしくは遊び半分に試しているだけかもしれません。

「私は今の彼氏のことが大切。彼氏以外のことは考えられない。」そう伝えてください。告白した方も、改めて自分のものにはならない人に告白してしまったと、再確認することができるでしょう。それを教えてあげてください。

3.彼氏には言わない

ここで悩むのが、彼氏の友達に告白されたことを彼氏に言うべきか?言わないべきか?ということでしょう。黙っているのは心苦しいです。しかし、事実を伝えれば彼氏の気持ちを傷つけることにもなり、友達との関係も壊してしまいます。

まずは彼氏とその友達との関係を考えてみてください。彼氏が信頼している大切な友達であれば、言うのは控えましょう。彼氏を傷つけてまで言うことではありません。裏切りを教える必要はないのです。

隠しているのは後ろめたいかもしれませんが、告白をされたことはあなたの心の中にしまっておくのが良いでしょう。別に、あなたは何も悪いことをしていないのですから。

4.しつこい場合は彼氏に告げる

彼氏を傷つけないために隠しているのに、相手の男性がしつこい・・。この場合、話が変わってきます。

  • 告白を断っても、連絡をしつこくしてくる
  • 待ち伏せをして会おうとする
  • 再度告白をしてくる

ここまでしてきたら、彼氏に黙っているわけにはいきません。彼氏に事実を告げましょう。

「実はあなたの友達に少し前に告白されて、お断りしたの。でも、その後も少ししつこくて困っている。こんなこと言って傷つけたくなかったんだけど、もう黙っていられなくて・・」

そう素直にあなたの気持ちを伝えてみてください。きっと 彼氏もわかってくれるはずです。そして今後の対処法を一緒に考えてくれるでしょう。

5.「本当に友達?」と説教する

友達の彼女と知ってて告白をしてくるなんて、正直どんな神経をしているのか疑いますね。友達を傷つけてまで告白をするなんて、なんて自己中心なんだろうと感じるでしょう。そんな男性には、YES or NOではなく説教で対処してください。

「私はあなたの友達の彼女なの。それを知ってて、なんで告白するの?友達に黙って彼女に告白するなんてそれって本気なの?どういうつもり?」

正直な気持ちをぶつけてください。告白した彼氏も拍子抜けして、思わず腰が引けてしまうはずです。もう何も言えなくなるでしょう。

6.関係によっては彼氏に言う

先ほどの対処法で、彼氏とその友達との関係を考えてみるとお話しました。その上で彼氏が信頼している友達であれば、自分の心に留めておくべきです。しかし、そうでなかった場合は、告白されたことをすぐに彼氏に伝えましょう。

友達と言っても、そこまで連絡をとる仲ではないこともあります。友達の友達だったり、ただの同級生だったり、職場の仲間だったりと、友達も幅広いです。もし友達関係が浅いのであれば、彼氏に告げた方がお互いのためです。

「実は、○○くんに告白されたの。もちろん断ったけど。一応伝えておこうと思って。」そう一言伝えておくと良いでしょう。その上で、友達をどう思うか?どう関係を続けていくか?彼氏の判断にゆだねましょう。

7.何も聞かなかったことにする

彼氏の友達に告白されてしまうなんて、考えただけで恐ろしいシチュエーションですね。彼氏へ何て言う?今後相手とどう接する?周りの反応は?考えることがいっぱいです。悩みの種がつきません。

ということで、もうなかったことにして開き直りましょう。聞かなかったことにしましょう。リセットです。つまり、彼氏に言う必要はありません。今後の付き合いを考える必要もありません。周りの反応を気にすることもありません。

今までと何も変わらなくて良いのです。そうして自分を誤魔化して、なかったことにするのも一つの方法です。

8.彼氏の友達としての付き合いを断つ

彼氏の友達として、今まで少なからず付き合いもあったことでしょう。しかし、告白をされてしまっては、今までのように接するのは大変です。

いっそのこと付き合いを断ちましょう。あなたの友達だったわけでありません。彼氏の友達です。その付き合いをやめたからといって、そこまで大きな影響はありません。

今まで彼氏の友達とも一緒に遊んで交流をしていたという人も、これを機に彼氏の友達がいる時は会うのを控えましょう。

9.先手を打つ

相手は友達の彼女と知ってて告白するような男性です。これ以上近づかれないように、こちらから先手を打つのもありです。具体的には、仲の良い女友達に相談するだけで構いません。そうすれば、勝手に噂は広まります。

「○○くんって凄い女好きで、友達の彼女にも手を出すんだよ。」そんな情報が相手の耳に入れば、これ以上アクションを起こすことはなくなるでしょう。

ただ、この対処法を使う前には、まずは彼氏に相談することが必須です。その後に、周りの人を巻き込んでバリアを張ることを忘れないように。

10.共通の男友達に助けてもらう

告白を断ったのにアピールをやめない。かと言って、彼氏に話す勇気もない・・。そんな時は、告白した相手と彼氏の共通の男友達に相談するのも一つの方法です。

まずは信頼できそうな人をピックアップ。そして事実を全て伝えて助けを求めましょう。すぐに告白した相手にこれ以上手を出さないように伝えてくれるはずです。

この手順を踏めば、例え彼氏にばれたとしても、相談した男友達が庇ってくれるでしょう。あなたの被害は最小限に抑えられるはずです。

とりあえず落ち着く

興奮してパニックになると適切に対処できなくなります。間違った選択をしてしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれかねません。急に告白されたら動揺すると思いますが、まずは落ち着いてください。それが最も大切なことですよ。

興味がある方は、男性が友達の彼女を羨ましいと思う瞬間11選男の本音教えます!男が女友達に下心を抱く瞬間7つも併せてご覧ください。

スポンサーリンク