なんとなく彼氏が自分のことを、「幸せにしたい」と思ってくれていたらいいな・・。こんな願望を持っている女性は沢山いるでしょう。しかし、幸せにしたいと思われるにはどうすればいいのか、いまいち分からないものです。

そこで今回は彼氏が彼女を幸せにしたいと思う心理とシチュエーションを紹介します。彼氏に大切にされたい女性必見です!

スポンサーリンク

彼氏が彼女を幸せにしたいと思う心理5つ

彼氏が彼女のことを強く思う理由は何なのか?詳しく解説していきます。

1.彼女の喜んだ顔が見たい

男性は大好きな人の笑顔を見るだけで幸せになれます。では、彼女を笑顔にするためにはどうしたらいいのか?それは彼女を幸せにすることです。

人は幸せな時に自然と笑顔になります。別に何か大きな幸せが舞い込んでくる必要はありません。日常に転がっている小さな幸せで、人は充分笑顔になれます。男性にとっては、大好きな彼女の笑顔がそれに当たるのです。

自分が幸せになるために、大切な人の笑顔が見たい!そのために、彼女を幸せにする必要がある。そんな心理が働いているのです。

2.運命の人だと勝手に盛り上がる

人は運命じみたものを感じると、その人と出会えたことに感謝します。そして、「奇跡的に出会えた運命の人を幸せにしなくては!」と思うのです。人は希少性の高いものほど、大切にしようとしますからね。

これは一種の錯覚なのかもしれません。しかし、恋人を幸せにしようとする動機としては十分です。運命というものを信じやすく、ロマンチストな男性ほど、この心理が強く働きます。

このタイプの男性は、付き合ってしばらくは「彼女を幸せにしたい!」というモチベーションが非常に高いです。しかし、時間が経つと急速に冷めてしまう傾向があります。自分に酔った熱しやすく冷めやすい男性と言えるでしょう。

3.失いたくないから

日頃からお世話になっている人には、感謝の気持ちがあると同時に、「相手を失いたくない」と思うのが普通です。これは別に男女の関係だからといって変わるものではありません。

失いたくない気持ちがあれば、相手に気に入られるために、「もっと彼女のために何かしたい!」「彼女が喜ぶにはどうしたらいいのか?」と考えます。この傾向は自分に自信がない男性ほど強いです。

「もし振られたら、もうこんなイイ女とは付き合えないかも・・」そんな相手を失いたくない気持ちが大きければ大きいほど、その思いも強くなります。

4.愛を再確認したとき

愛情を注いでくれる人に対して、自分も愛情を注ぐ。それが人間というものです。しかし、恋愛は難しいもので、相手の気持ちを素直に受け止められなかったり、当たり前のことだと軽んじたり・・。これは男女共に言えることです。

自分が好きだからといって上手くいくものではありません。気持ちがすれ違い、想いが空回りしてしまった経験は誰しもあるでしょう。だからこそ、相手に気持ちが伝わったり、愛されていることを噛みしめることができたときに、大きな安心感を得ることができます。

愛を再確認して幸福感に包まれる・・。そんなときに、心の奥底から沸々と「この子を幸せにしたい!」という感情が込み上げてくるのです。

5.同情心から

男性の中には、同情心から「彼女を幸せにしたい!」と思う人もいます。同情心から幸せにしたいと思うなんて、話が飛躍しているように感じるかもしれません。しかし、弱いものを守るヒーローみたいな存在になりたい男性は意外と多いです。

彼女が悩みを抱えていたり、不幸な境遇だったり・・。そんな状況を自分の力で変えたいと強く思う。この原動力は同情心に他なりません。この傾向は、自分が大好きなナルシストほど強いです。

自分は白馬の王子様のつもりで、彼女のことを可哀想な存在だと見下し、手を差し伸べている自分に酔いしれる。こんな有難迷惑なことはありません。

彼女を幸せにしたいシチュエーション4つ

彼氏が彼女を幸せにしたいと思う心理はいかがでしたか?それでは、次はシチュエーションを見ていきましょう。

1.結婚を意識した時

男性は彼女と結婚を意識した時に、幸せにしたいと思います。結婚を意識しているのですから、一緒にやっていく自信があるのでしょう。そして、結婚するからには、「彼女を幸せにしたい」と決意を新たにするのです。

  • 友達の結婚式に参列
  • 友達の子供を見た時
  • 友達が幸せな家庭を築いている

こんな場面を見て、結婚を意識し始める男性は多いです。そこには不幸な未来が想像できないような雰囲気があります。そのため、「自分も早くあんな風になりたい」と思うのです。

もちろん、この気持ちがいつまでも続くとは限りません。現に結婚の話が出てから破局するカップルもいますからね。しかし、少なくとも結婚を意識した時に「幸せにしたい!」と思うのは事実です。

2.プレゼントの受け渡し

男性はプレゼントの受け渡しの際にも、彼女を幸せにしたいと思うことがあります。本人が強く意識しているわけではありませんが、自然と心の底から込み上げてきます。

彼女を幸せにしたい心理でも紹介したように、男性は自分が幸福感を感じるために、大切な彼女を笑顔にしようという心理が働きます。何をプレゼントするのか考えて渡すまでは、まさに彼女を幸せにしたいと思ってしまうシチュエーションなのです。

また、自分を喜ばせようとプレゼントを用意してくれた彼女の愛を再確認して、「幸せにしたい!」とも思います。こちらも絶好のシチュエーションと言えるでしょう。

3.彼女が落ち込んでいる時

弱っている女性を守ってあげたい!幸せにしたい!と思ってしまうのが男性です。それが理由かは分かりませんが、幸の薄い女性が意外とモテるなんてことも珍しくありません。

これと同じようなことなのでしょうが、男性は彼女が落ち込んでいる時こそ、幸せにしたいと思います。

  • 仕事で失敗して落ち込んでいる
  • 人間関係に疲れて落ち込んでいる
  • 体調が悪い時

誰でもこんな時はあります。そして、そんな弱っている姿を見て、「俺が幸せにしないと!」なんて思うのです。彼氏に弱い部分を見せたくないという女性もいますが、それでは損をしてしまいます。もっと頼っていいのです。

4.ふとした瞬間

彼女を幸せにしたいのは、何も特別なことをしているからとは限りません。ふとした瞬間にも彼女を幸せにしたいと思う時があるのです。

  • 横にいるだけで
  • 料理を作ってくれる彼女を見て
  • ドライブしている時に

このような何気ない日常にも、彼女を幸せにしたいシチュエーションは潜んでいます。もちろん、そう思ってもらうには日頃の積み重ねが大切です。あなたは何もなくても幸せに思ってもらえるように、彼氏に接していますか?一度じっくり考えてみてください。

まずは自分から

付き合っているからといって、「あなたのことを幸せにしたい!」と彼氏が勝手に思ってくれるなんてことはありません。まずは自分から彼氏に対して、幸せに感じてくれるように努力することが大切です。そうすれば、彼の気持ちにも変化が表れるはずです。

興味がある方は、彼女といると幸せだと男が感じる瞬間9つ幸せになりたい!幸せな人の特徴&幸せになる方法9選も併せてご覧ください。

スポンサーリンク