素敵な友達は、人生を輝かせる大切な存在です。だけど、時には「友達いらない!」と思ってしまう時もありますよね。また、中には特別なことはなくても、常に友達をいらないと思っている人もいるのです。

今回は友達がいらないと思ってしまう瞬間と、そう思う人の心理を紹介します。

スポンサーリンク

友達なんていらないと思うとき4つ

仲良しだったはずなのに、ちょっとしたきっかけで「もう友達いらない!」と思ってしまう・・。それは一体どんなときなのでしょうか?

1.嫉妬したりされたりで疲れた

嫉妬は人間の感情の中で、とても強いものです。そのため、嫉妬によって人間関係がこじれるのもよくあることなのです。例えば、ありがちなのは、以下のようなパターンです。

  • イケメンの彼氏ができた途端、まわりの友達が冷たくなる
  • 結婚をしたら、なぜだか独身の友達が離れていった
  • みんなに妊娠報告をしたら、不妊に悩む友達がよそよそしくなった

例えば、自分も彼氏がいたり結婚して幸せなら、周りの人を妬むことはありません。だけど、「なかなか結婚できない・・」なんて悩んでいる時に、人から幸せな報告を受けたら・・。心から祝ってあげられなかったり、つい羨ましくなってしまいますよね。

誰かのことを嫉妬してしまったり、逆に嫉妬されて嫌な思いをしたり・・。そんな経験を経て、「もう人間関係が嫌!友達としばらく関わりたくない!」と思ってしまう女性も多いのです。

2.まわりの友達がどんどん結婚&出産

学生時代や独身の頃はとても仲がよかったのに、友達が結婚や出産をしたら急に疎遠になる。女の友情にはよくあることです。家族ができると自由に出歩けないし、旦那さんがいる友達はなんだか気軽に誘いづらいですよね。

また、既婚や子持ちの友達と会っても、話題は結婚生活や育児のことばかり。最初は黙って聞いていたけれど、だんだんノロケばかりで聞くのが辛くなってきた。ある時は、夫や子どもの愚痴を言っているけれど、なんだか幸せ自慢に聞こえてきたり・・。

結婚適齢期の女性だと、家庭をもって幸せな友達に対して、「いつになったら結婚できるの?」なんて思うことも・・。彼氏に振られた直後など、「しばらく幸せそうな友達に会いたくない!」なんて思ってしまうのは、よくあることなのです。

3.SNSで友達の幸せ自慢を見てしまった

現代人が友達と繋がる便利なツール、SNS。時には、タイムラインを見ていてモヤッとすることはありませんか?友達が海外旅行やパーティで楽しむ写真をアップしていていると、なんだか羨ましくなったり、知人の結婚や出産の報告を見て少し妬ましくなったり。

みんなが充実した生活を送っているのを見て、「私は旅行なんていく暇がない」「結婚どころか彼氏すらいない」なんてモヤモヤしてしまう女性は多いものです。

他人の情報がすぐに入ってきてしまうからこそ、ストレスにもなるんですね。その結果、「もうみんなの近況なんて見たくない!友達なんていらない」と思ってしまうのです。

4.さりげなくマウンティングされた

女性は和を大切にする生き物です。ですので、嫌いな相手にも愛想笑いで接したり、そんなに仲良くない相手でも仲良しを演じたり・・。表裏がある部分もあるんですね。そんな中で、いい友達のふりをして、さりげなくマウンティングする女性も少なくありません。

例えば、「○○ちゃんって仕事をバリバリ頑張っててかっこいいよね!」なんて他人を褒めつつ、「私なんて仕事も何にもできないから・・。この間、彼氏にプロポーズされて、”結婚したら専業主婦でいいからね”なんて言われちゃった」と言ってくる女性。

これは相手を褒めているふりをしながらも、「経済的に余裕のある彼氏にプロポーズされた、女の子らしい自分」をアピールしているのです。社会人としてはダメでも、女としては格上の自分を主張したいのが本音なのです。

こんなことをさりげなくやってしまう女性は意外と多くないですか?そんなマウンティングにモヤモヤして、「友達がめんどくさい」と思うことも当然あります。

興味がある方は、マウンティングする女の心理と対処法7つも併せてご覧ください。

常に友達がいらない人の心理4つ

中には、特にきっかけがなくても、常に「友達はいらない!」と考える人もいます。そこには一体どんな心理があるのでしょうか?

1.女同士の友情がめんどくさい

「女同士の友情ってめんどくさい」そう考える人は少なくありません。表面上は仲良くしているけれど、実は陰では悪口・噂話ざんまい。誰かにイケメンな彼氏ができたり、結婚しただけで、裏では嫉妬の嵐・・。女の世界ではよくあることです。

もちろん、すべての女性がそんな腹黒さを持っているわけではありません。だけど、男同士のさらっとした友情と違って、どうしてもドロドロしやすいのが女性同士の人間関係です。

「友達がいらない!」と考えている女性は、過去に何か嫌な思いをしたことがあるのかもしれませんね。

2.彼氏や家族と一緒にいるだけで十分

「友情よりも恋愛のほうが大切!」そう考える女性は、友達はいなくても彼氏さえいれば十分なのかもしれません。女性はどうしても、恋をしていると彼氏が生活の中心になりがちですからね。

また、結婚すると家庭のことで手一杯になってしまうものです。共働きの場合、仕事や家事で忙しくてなかなか暇もないものです。独身時代と違って、仕事が終わったらまっすぐ家に帰らないといけません。いざ子どもが生まれてしまえば、自分の時間なんて皆無になります。

その結果、友達がいらないというよりも、友達と会っている余裕がなくなってしまうものです。なんとなく独身時代の友達と疎遠になったけれど、家族がいるから寂しくもないし、「友達がいなくてもまぁいいか・・」と感じる女性もいるんですね。

3.友達よりも趣味や仕事の仲間が大切

学生時代に比べて、大人になるとなかなか友達ができづらくなると言います。社会人になると本音での付き合いは減り、社交辞令ばかりになります。そのため、よっぽど気が合う相手でないと、気を遣ってしまってめんどくさいという側面もあるのです。

その点、趣味や仕事で繋がっている仲間というのは絆が強いです。もともとは何の接点もない他人だったけれど、趣味や仕事という共通点を通して一緒に行動する。曖昧な友情よりもよっぽど確かなものかもしれません。

ですので、「趣味や仕事の仲間さえいれば、中途半端な友達は必要ない」なんて考えている女性もいるのです。なんとなく一緒にいるよりも、他人と力を合わせて何かを成し遂げたい!と考えているのかもしれませんね。

4.1人でなんでもできる

世の中には「基本的に1人でなんでもできる!」という女性もいます。1人ランチや1人は当たり前。1人焼き肉や1人カラオケ、1人旅でも十分楽しめる!こんな女性なら、友達がいなくても平気です。

1度1人の気楽さを知ってしまうと、人に合わせるのがかえって面倒に感じるものです。例えば、友達と一緒に旅行する時は、相手の都合を聞いて休みをとったり、旅行プランの希望を聞いて観光スポットを調べて、2人分の飛行機やホテルの予約をとる・・。お金のやりとりも案外煩わしいものです。

だけど、1人ならそんな手間から解放されます。「人に気を遣うのめんどくさい。それなら友達はいらなくていい!」と感じてしまう女性もいるのです。

友達は多くなくていい

友達がいると、いいこともたくさんありますが、時には煩わしくなってしまう時もありますよね。世の中にはいろいろな人がいるので、時に嫌な思いをするのも仕方がないことです。本当に気が合う友達と仲良くして、それ以外とは程よい距離感を保った方がいいのかもしれませんね。

興味がある方は、あなたの周りにもいる?うざい女友達あるある8選もしかして嫌われてる?女友達が嫌いな人に示すサイン9つも併せてご覧ください。

スポンサーリンク