特に仲が悪いわけではないんだけれど、なせだか夫婦の会話がない。そう悩んでいる奥様は意外と多いです。今から会話がなくて、老後は一体どうなってしまうんだろう・・。何だか不安になってしまいますよね。

そんな悩める奥様のために、今回は夫婦の会話がない原因と、それを解消するための対策法を紹介します。

スポンサーリンク

夫婦の会話がない原因3つ

最初は仲良しな夫婦だったのに、気がついたら会話がなくなっていた・・。何故そうなってしまったのでしょうか?まずは夫婦の会話がない原因について解説していきます。

1.マンネリでお互いが空気のような存在

夫婦の会話がなくなる一番多い原因は、なんといってもマンネリです。独身の頃はどんなに仲良しでも、結婚して毎日夫と一緒にいるとトキメキもなくなってしまいますよね。それは誰にでも起こりうることです。

だけど、そのマンネリをそのまま放置していると、さらに会話がなくなるだけです。結婚しても新鮮な関係を保つためには、何かしら工夫や努力が必要なのです。

マンネリが定着して会話がすっかりなくなった夫婦は、そんな工夫や努力が少し足りないのかもしれません。受け身にならず、しっかり関係性を築いていくことが大切です。

2.生活パターンが固定化している

独身時代は、クリスマスや誕生日などイベントごとに旅行に行ったり、週末がくる度に外食したり、デートスポットに出かけたり・・。わりと自由に恋愛を楽しんでいた女性も多いかと思います。だけど、結婚するとそうもいきませんよね。

何度も外食したり、お出かけしていては貯金もできません。そのため、結婚して以来休日は出かけたりせず、せいぜい近所のスーパーばかり。このように生活パターンが決まってしまっている夫婦も多いです。

2人で家にいる時も、だらだらTVを見たり、スマホをいじっていたり・・。毎日同じことの繰り返しでは、会話は生まれません。生活のマンネリは、そのまま夫婦のマンネリに繋がるのです。

3.安心しきっている

夫婦の会話がない原因は、悪いことばかりではありません。お互いを深く知っているからこそ、言葉が必要ないという側面もありますよね。よく言えば、信頼関係が出来上がっている証拠とも言えます。

だけどそれは同時に、「今のままでも相手の気持ちは離れていかないだろう」という慢心にも繋がります。一度結婚してしまったら、独身時代みたいに頑張らなくても、相手の気持ちを繋ぎ止めておける。悪い意味での安心ですね。

つまり、安心しきっているせいで、「相手を楽しませよう」「相手のことをもっと知ろう」という努力の気持ちがなくなるのです。その結果、「ちゃんとコミュニケーションをとろう」という意識もなくなり、会話も途絶えてしまうのです。

夫婦の会話がないことへの対策法5つ

どうすれば、また楽しく会話を弾ませることができるのでしょうか?その具体的な対策法を紹介します。

1.新しいことにチャレンジする

もうお互い会話も少なくなって、関係がマンネリ・・。それを変えるためには、2人の間に何か新しい風を吹き込むことです。具体的には、夫婦で未体験のことにチャレンジしてみることをお勧めします。

  • 何かスポーツや登山などのアウトドア
  • お互いに興味のある習い事

このような初めて体験することには、何かしら驚きがあります。そして驚いた時には、必ず会話が生まれるはずです。

見たことのない景色を見て「綺麗だね!」と言い合ったり、習い事にチャレンジして「難しいね」と2人で悩んだり・・。そんなふうに感情を共有することが大切なのです。

2人でいろんなことにチャレンジし続ける夫婦は、いつまでも良い関係を保てます。ぜひ、興味のあることに二人で積極的にチャレンジしてみましょう。

2.感謝の気持ちを表現する

結婚してしばらくすると、会話がある程度減るのも当然のことです。お互いを知り尽くしていたり、何も言わなくても気分を察することもできるので、「言葉にするまでもない」ということも増えていきます。

身も蓋もないようですが、会話が少なくても夫婦仲が悪くないなら、それは大きな問題ではないのかもしれません。ただ、一番よくないのは、夫に感謝への感謝の気持ちを忘れてしまったり、「ありがとう」と言う回数が少なくなっていくこと。

逆に、お互いに感謝や尊敬の気持ちさえ持っていれば、会話が少なくても良い関係は築けるはずです。そのため、夫への感謝の気持ちは頻繁に伝えていきましょう。

  • 「いつも家族のために頑張って働いてくれてありがとうね」
  • 「家事をやってくれてありがとう」

このように理由を具体的に口にして、感謝を伝えてみてください。「ありがとう」の言葉で、会話の量よりも質を高めていく方法です。

3.妊活して子供を作るorペットを飼う

夫婦2人でいると会話がないなら、家族を増やすことが効果的です。つまり、妊活して子供を作るのです。とは言っても、子供は簡単に授かるものでもないし、「まだ子供がほしいタイミングじゃない!」という夫婦もいるかもしれません。

そんな時は、子供ではなくペットをお迎えしてみてはいかがでしょうか?「子はかすがい」とは言いますが、ペットも夫婦の関係をよくしてくれる潤滑剤です。ペットが家に来たら、必ずペットに関する話題が増えます。

犬や猫は禁止のマンションでも、鳥や小動物ならオッケーなケースもあります。動物が好きな方は、夫に提案してみてはいかがでしょうか?

4.聞き上手に徹する

「会話を盛り上げよう!」と意気込めば意気込むほど、なかなか会話は弾まないものです。実は会話を生むのに一番簡単で、なおかつ効果的なのは聞き役に徹することです。

「今日は仕事は忙しかった?」「週末はどこに出かけようか?」などなど・・。質問を投げかければ、大抵夫は普通に返してくれるはずです。そこから、さらにいい質問をして上手に会話を広げてみてください。

「今日は忙しかったよ」と帰ってきたら、「そっか、忙しかったんだ」とまず夫の気持ちを受け止めてあげる。その上で、「今はどんな仕事してるの?」「ストレスたまっちゃうよね。仕事が落ち着いたら、何かしたいことある?」などなど、さらに話を深めていくのです。

ただ、中には「家でまで仕事の話をしたくない・・」という男性もいます。夫の反応を敏感に察しつつ、上手な質問をして話を引き出していきましょう。

5.夫にマッサージしてあげる

会話がない時に、いきなり「しゃべろう!」と思っても、ぎこちなくなりがちです。そんな時は、スキンシップから始めてみてはいかがでしょうか?とは言っても、今更いちゃいちゃしたりするのは照れくさいですよね。

そこで、夫に「毎日疲れてるだろうから、マッサージしてあげるね」と提案しましょう。マッサージをされて嫌がる人はまずいません。また、あなたからの労りの気持ちが伝われば、夫も喜んでくれるはず。

お互いにマッサージし合う時間は、とてもいいコミュニケーションの時間になります。また、「もう少し強いほうがいい?」「肩こってるね!仕事が忙しいの?」など、会話に繋げるきっかけにもなるはずです。

毎日の小さな努力が夫婦の会話を生む

夫婦に会話を取り戻す・・。そう考えると、なんだか難しいことのように思えるかもしれません。だけど実際は、毎日の小さな積み重ねが夫婦の会話を生むのです。結婚生活は長く続くものだからこそ、あまり無理せず楽しく努力していきたいですね。

興味がある方は、旦那が妻を嫌いになる理由&夫婦仲を改善する方法10選いつまでも仲良しでいたい!夫婦円満の秘訣8つも併せてご覧ください。

スポンサーリンク