できれば夫婦円満で家族仲良く暮らしたいものです。だけど、時には意見がぶつかり合って、喧嘩になってしまうこともありますよね。それぞれ違う考え方を持っているのだから、それは仕方のないことです。

でも、あまりにも夫婦喧嘩が頻繁だと、子供に悪い影響が出ないか心配になりますよね。今回は夫婦喧嘩が子供に与える影響を詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

1.母親のストレスが子供に感染する

親が頻繁に喧嘩をしている。子供にとっては、それだけで大きなストレスです。やはり、子供としては、「親にはいつも仲良くしていてほしい」と無意識的に願っているものなのです。

また、特に母親の気分は子供に大きく影響します。子供は母親と一緒にいる時間が長いので良い気持ちだけでなく、悪い気持ちまで共有してしまうんですね。

夫婦喧嘩のせいで、母親が常に不機嫌だったり、精神的に不安定。そんな母親の機嫌は、子供の精神にダイレクトに影響を与えます。その結果、子供までストレスが多くて精神的に不安定になってしまうのです。

2.親を尊敬しなくなる

喧嘩をしている時は、ついつい夫を罵ってしまうこともあるでしょう。ひどい時は、「役立たず」「だからあなたはダメなのよ」など、人格を否定してしまったり・・。中には、子供に向かって「お父さんってダメだよね」と愚痴ってしまう母親もいるものです。

そんな中で、子供は素直に「お父さんってダメな人なんだ」「お母さんはお父さんを嫌いなんだ」と受け取ってしまいます。子供心に、母親が父親を見下していると感じるわけですね。

そんな思いは成長するにつれ、エスカレートすることもあります。母親と一緒になって父親を見下したり、親を尊敬しなくなったり。これは子供の人格形成に悪い影響を与える可能性があります。

3.まっすぐ下校したくなくなる

子供の心は思った以上に繊細で敏感です。両親が喧嘩しているのを見て、何日も「また喧嘩していたらどうしよう・・」と心配してしまう。その結果、両親の喧嘩を見るのが嫌で、学校からなかなか家に帰りたがらない・・なんていうこともあるのです。

子供は自分の気持ちを言葉にするのが下手です。その気持ちをうまく両親に伝えられず、1人で抱え込んで悩む・・。早くそれに気がついてあげないと、さらに深く悩んでしまう可能性があります。

子供の帰りが遅かったり、どこか友達の家に入り浸っていたり。それは子供がストレスを感じているサインかもしれません。「早く帰ってきてよ!」と責めることなく、優しく話を聞いてあげるようにしましょう。

4.「いつか離婚するかも?」常に不安

お父さんとお母さんが喧嘩ばかりしていて仲が悪そう。そんな状況を目の当たりにして、「いつかお父さんが家を出て行っちゃうんじゃないか?」「お母さんがいなくなるんじゃないか?」子供はそんな不安を胸に抱きます。

子供は基本的に、お父さんのこともお母さんのことも大好きです。そんな2人が仲違いしていて、どっちの味方についたらいいのかわからない。2人とも好きだから仲良くしてほしいのに、いがみ合っていることが多い・・。

そんな状況で、「お父さんかお母さんと離れることになったらどうしよう」という心配は、子供に強い不安を与えます。

5.人と関わるのが下手になる

家庭環境というのは、子供の人格形成に大きな影響を与えます。特にそれは対人関係の面で色濃く出るものです。愛されて円満に育った子供は、人を信頼していい関係を築ける大人になる可能性が高いです。逆に、親とのコミュニケーションがうまくいかないと、高確率で人と関わるのが下手になります。

夫婦喧嘩が多くて夫婦仲が悪い場合、子供は常に親の顔色を伺うようになります。「またお父さんが怒鳴るんじゃないか?」「お母さんの機嫌が悪くならないか?」といつもびくびくしています。

ひどい時には、「僕のせいでお父さんとお母さんが仲が悪いのかも・・」と自分を責めることもあるのです。その結果、周りの人をあまり信用できなかったり、人からどう思われているかばかり気にしてしまったり・・。

このように、何かと対人関係の不安が大きくなります。そしてコミュニケーション下手な大人に育つ可能性が高いのです。

6.夫婦喧嘩がトラウマになって結婚したくなくなる

家庭環境は、子供の将来の価値観に大きな影響を与えます。具体的には、家族円満な家庭で育った子供は、大人になると「家族って温かくていいな。早く家庭を築いて親に孫を抱かせたい」なんて願うようになります。

逆に、夫婦喧嘩ばかりで親が不仲だった子供の場合。大人になっても、「家庭を持っても幸せになれないんだな」という思いが強く残ります。その結果、「自分は結婚なんてしたくない」と考えてしまう可能性も高いのです。

7.愛情不足で精神的に不安定な人間に育つ

子供がまっすぐ育つためには、親からのたっぷりの愛情が不可欠です。だけど夫婦喧嘩ばかりしていると、その愛情がうまく伝わらないこともあります。

喧嘩ばかりの夫との関係に悩み、子供にあまり意識が向かなくなることはありませんか?また、夫婦不仲で家族のコミュニケーションが減ってしまうと、愛情を伝える機会もその分少なくなってしまいます。

愛情不足だったり、家族関係がうまくいっていない環境で育った場合、子供は精神的に不安定になりやすいです。それは大人になってからも続きます。

8.子供も将来夫婦喧嘩の多い家庭を築く

子は親を見て育つと言います。親の良いところも受け継ぎますが、悪い部分も似てしまうことが多いのです。特に将来子供が結婚した時に、自分の親と同じような家庭環境を築くことが多いです。つまり、夫婦仲が悪い環境で育った子供は、将来結婚した時も、やはり喧嘩の多い家庭になると言えるでしょう。

いつも両親が喧嘩をしている姿を見ていると、子供は夫婦円満な家庭のイメージを抱くことができません。「自分の結婚相手にはこういう風に接するものなんだ」と無意識に刷り込まれてしまうんですね。

親が「喧嘩するほど仲がいい」というノリの夫婦喧嘩をしているのなら、問題はないのかもしれません。だけど、お互いを軽蔑して罵り合うような喧嘩なら、それが子供にまで連鎖してしまい、子供が幸せな家庭を築けない可能性が高いです。

9.「また親が喧嘩するかも」といつも心配になる

男の人から怒鳴られたりすると、大人でもとても怖く感じますよね。これは子供なら尚更です。特に仲良くしていてほしいはずのお父さんとお母さんが喧嘩で怒鳴り合っている。または、冷戦状態で家の空気が常にぴりぴりしている。それだけで、敏感な子供の心は傷つきます。

夫婦喧嘩が頻繁だと、喧嘩していない時でさえも子供は不安に感じます。「今は仲良くしているけれど、また喧嘩したらどうしよう・・」それだけで大きな不安を感じてしまうのです。これは子供の精神衛生上とても良くありません。

子供時代はいかにのびのび楽しく過ごせるかが、子供の発育にかかっています。なるべく喧嘩をせずに、ストレスなく育ててあげてください。

夫婦の関係は子供の発育に影響する

夫婦の関係が悪いと子供の心の成長に悪い影響を及ぼします。やはり子供の成長のためには、夫婦がなるべく良い関係でいることが大切なのです。夫に何か言いたいことがあっても、子供の前では感情的にならないようにしましょう。

母親が不倫しているのを知ったときの子供の気持ち6つ

2016.04.04

夫婦喧嘩を上手に終わらせるための仲直り方法9つ

2016.03.08

スポンサーリンク