別に夫婦仲は悪くないし、むしろ良好だとは思う。だけど何かが物足りない・・。そんなふうに感じることはありませんか?結婚して家族になったとは言っても、所詮は元他人同士。夫は近くて遠い存在でもあります。

そんな夫と絆を深めるためにはどうしたらいいのでしょうか?その方法を詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

1.喧嘩の後のフォローに力を入れる

喧嘩できるということは、本音でぶつかり合えるということ。ですので、喧嘩自体は悪いことではありません。ただ、喧嘩っしぱなしはいけません。

大切なのは、喧嘩した後のフォローです。まずはきちんと謝ること。そして自分にも非があると感じるなら、「これからは○○を直すね」と反省を伝えます。その反省点を口だけではなく、しっかり実行していくことが重要です。

喧嘩後のフォローが丁寧なら、夫も「俺も悪かった」と認めてくれるはず。そして、2人で反省したことをどんどん改善して、もっといい夫婦になる・・。この過程が夫婦の絆を深めます。

2.2人で難しいことにチャレンジ

夫婦が一番成長するのは、何か困難にぶち当たって、それを2人で乗り越えた時です。具体的には病気や誰かとの別れ、転職や親戚間のトラブルなどなど・・。だけど、そういう困難は敢えて引き起こせるものではないですよね。ということで、もっと小さなチャレンジをしてみましょう。

例えば、夫婦でマラソン大会に出てみたり、富士山登頂を目指したり。2人で家庭菜園の挑戦するなど、そんな些細なことでもいいのです。時に失敗する時もあると思いますが、その度に夫婦で相談して解決していく。それが2人の関係を成長させます。

3.夫に感謝できることリストを書く

夫婦の絆を深めるのに不可欠なのは、お互いへの感謝と尊敬の気持ちです。まずはあなたから、夫への感謝の気持ちを深めていきましょう。

「いつも夫には感謝している」という奥様も多いかとは思います。だけど、改めて紙に書き出してみると、また新たに気づくこともありますよ。「いつも家族のために働いてくれる」「家事を手伝ってくれる」などなど、思いつくところからなんでも書き出してみましょう。

感謝の気持ちを目に見えるかたちにしておくと、さらに夫への尊敬の気持ちが深まります。それが夫にも伝わると、さらに2人の関係は深まるはずです。

4.結婚記念日などイベントを大切にする

結婚生活が長くなると、だんだんイベントごとを手抜きしてしまう夫婦が多いです。独身時代の頃と違って情熱があるわけじゃないし、仕方がないですよね。だけど夫婦の絆を深めるためには、イベントごとを大切にしましょう。

中でも結婚記念日は一番大切です。1年に1回の結婚記念日は、夫婦として初心に戻るチャンス!この機会に結婚した当初のことを思い出してみましょう。最初は「こんな家庭を作りたい」「夫にこんなことをしてあげたい」そんなキラキラした希望があったはずです。

だけど、忙しい日常生活では、そういう気持ちをどうしても忘れがち。そのため、せめて記念日の時には、初心に戻ってみるのです。また、毎年ちゃんと振り返ることで、「夫婦としてこうやって一緒に歩んできたんだな」と感慨深くなるはずです。

5.妊活して子供を作る

「育児を通して、夫婦は親として成長していく」とよく言われます。子育てには困難がつきもの。最初からうまくやれる夫婦はいません。初めての育児に苦労しながらも、2人で力を合わせて頑張る。それが2人を夫婦として成熟させていくのです。

とは言っても、子供は作ろうと言ってすぐにできるものではありません。妊活のために、2人で協力するべきこともたくさん出てくるでしょう。

また、妊娠している期間にも、2人で育児のことをいろいろ勉強しておきたいですね。子作りや出産、育児の不安など、普段からなんでもお互い話しておくこと。それを丁寧に行えば、2人で力を合わせてやっていく体制ができていきます。

6.それぞれの親族と仲良くする

結婚とは、2人だけでするものではありません。夫の両親や自分の両親、義兄弟や親戚など、いろんな人が関わり合って家族になっていくのです。そのため、親族みんなと仲良くできれば、その分絆も深まります。

できる範囲で、夫の両親ともいい関係を築きましょう。そして夫にも、あなたの実家になるべく遊びに来てもらうのです。息子や娘が頻繁に遊びに来てくれたら、両親は嬉しくなります。「家族みんなで幸せになろう」という意識が夫婦の絆を深めるのです。

ただ、嫁姑関係など、どうしても折り合いが合わないこともあります。嫌いな人とは、無理して積極的に付き合う必要はありません。それでも最低限の歩み寄りの気持ちが大切です。

7.毎日顔を向き合わせて話す時間を作る

毎日寝食をともにしている夫。話くらいいつでもできると思いますよね。だけど、夫婦でゆっくり話す時間って意外とないものです。

朝は忙しくて、ばたばたしながらお互い出かけていく。夜もテレビを観ながらの晩ご飯だったり、あいた時間はお互い背を向けてスマホをいじっていたり。

何かしながら一緒にいるのではなく、お互いきちんと向き合う時間を作りましょう。夫婦の絆を深めるには、毎日少しでもいいからじっくり会話することです。

8.お互いの世界を尊重する

夫婦の絆を深めるために不可欠なのは、相手を理解し合うことです。だけど男と女というのは、ただでさえわかり合えないもの。

例えば、夫の帰りが遅い時も、「飲み会なんて行かないで、早く帰ってきてよ!」と要求する妻に対して、「これも仕事なんだよ・・」と主張する夫。お互いの趣味に関しても、なんだかわかり合えなかったり・・。これでは平行線のままです。

大切なのは、相手の世界を尊重することです。夫の帰りが遅い時は、「仕事も飲み会も、家族のために頑張ってくれてるんだよね」と感謝する。また、夫の趣味の世界にも、「普段頑張ってるんだから、息抜きは必要だよね」と理解してあげる。このような態度が、お互いへの尊敬を育てるのです。

9.「ありがとう」「ごめんなさい」は必ず伝える

夫婦生活の中で、「ありがとう」と「ごめんなさい」は一番忘れてはいけない言葉です。でも、思っていても、なかなか伝えられない時もあるかと思います。夫婦の絆を深いものにするためには、この感謝と謝罪の言葉はしっかり伝えていくようにしましょう。

お互いに甘えがちな夫婦だからこそ、「親しき仲にも礼儀あり」です。身内だからと言って、なあなあになってしまっては関係がだらけてしまいます。敢えて夫への「礼儀」を意識することで、心が強く結びついていられるのです。

挨拶や感謝の言葉は、そんな礼儀の一番基本的なところ。忘れないようにしたいですね。

10.ネガティブなことは言わない

育ってきた環境が違う男女が同じ屋根の下で暮らすのは、意外と大変なことです。毎日一緒にいると、何かしら不満も出てきますよね。でも、その不満をそのままぶつけてしまっては、関係にヒビが入るだけです。

何か腹が立つことがあっても、多少は目をつぶる心の広さを持ちましょう。「どうしても直してほしい!」ということがあったら、あまりネガティブな言い方にならないように気をつけます。「こんなことしないで!」と責めるのではなく、「できたら、こうしてくれた嬉しいな」と柔らかくお願いするのです。

ネガティブワードはやめて、ポジティブなことばかり言うようにすると、家の雰囲気が明るくなりますよ。そうすれば、お互い良い関係が築きやすくなります。

小さなことの積み重ねが夫婦の絆を深める

「夫婦の絆を深めよう」と考えると、なんだかものすごく頑張らないといけない感じがしますよね。だけど、結婚生活は毎日途切れなく続いていくもの。無理して頑張ってしまうと、なかなか続きません。毎日無理なくできる小さなことから始めてみましょう。

興味がある方は、いつまでも仲良しでいたい!夫婦円満の秘訣8つ不仲ではないのに夫婦の会話がない原因と対策法8つも併せてご覧ください。

スポンサーリンク