仲が良いと思っていた男友達からデートに誘われると驚きますよね。もしかして、私のこと好きだったのかな?それとも、このデートには意味はないのかな?そんなことを考えて悩んでしまうでしょう。

では実際に男友達がデートに誘うのには、どんな意味があるのでしょうか?今回はその男性の心理を紹介していきます。

スポンサーリンク

1.男として見てほしい

あなたが男友達として見ていても、相手はあなたを友達とは思っていないかもしれません。きっと1人の女性として好意を持っているのでしょう。しかし、あなたが自分のことを男としてではなく、友達としてみていることを知っています。そこでデートに誘うことで、男としてみてもらおうと勝負にでたのです。

デートに誘うことで、自分の気持ちをアピール。そしてデートすることで男として意識してもらう。そうすることで、友達関係だった2人が男と女になります。お互いが異性として意識をします。それを狙っているのです。

思い切って勇気を出して、あなたをデートに誘ったのでしょう。きっとデートプランも考えてくれるはずです。これをきっかけに男として意識してみてもいいかもしれませんね。

2.告白をしよう

あなたは友達だと思って仲良くしている男性。実はあなたといい感じの仲だと思っているのかもしれません。「こんなに心を開いて仲良くしてくれるのだから、きっと両思いなんだろう。俺の告白を待っているのかもしれない。」このように感じているのです。

そこで男としてのけじめをつけるために、デートに誘って告白をしようと計画しているのです。デートのお誘いが何やら緊張感で溢れていたという場合。また、デートの場所も気合いが入っているという場合。

もしかしたら、そのデートのどこかで男友達から告白をされるかもしれません。あなたも心してデートに向かいましょう。

3.女性とデートしたい

男友達がデートに誘ってきたのは、他に誘う相手がいなかったからということもあります。

春にはお花見、夏にはお祭りや花火大会、秋には紅葉、冬にはクリスマス。各季節楽しいイベントはたくさんあります。しかし、恋人がいないと、この楽しいイベントを満喫することができません。そんな時に「女の子デートして、季節のイベント満喫したい」と思ったのかもしれません。

そして思いついたのが友達であるあなた。特に好きでもないし、意識しているわけでもない。でも気は合うし、気兼ねなく話せる。女の子だからデートしたらそれなりに楽しめるかな?という軽い気持ちです。

そんな女性とのデートを楽しみたいという気持ちから、友達であるあなたを誘ったのかもしれません。誘い方が軽かった場合は、深い意味のないデートと思った方が良いでしょう。

4.友達だから問題ない?

デートのお誘いはどのようにされましたか?「僕とデートしてください」と男性の方からデートという言葉を使ってきたか。もしくは「次の日曜一緒に映画みない?」とデートという言葉ではなく、お出掛けのお誘いがあったのか。

この2つでは、男性の心理も異なります。デートという言葉を使っているのであれば、男性の方もあなたとデートするということを意識しているでしょう。しかし、デートという言葉を使っていないのであれば、特にデートだとは思っていない可能性があります。

男同士で遊びに行く感覚で、女友達を遊びに誘っているのです。このデートという言葉が、男友達の口から出たかどうかは心理を見抜くポイントです。

5.もっと知りたい

今までは学校や職場で話したり、グループ数人で遊ぶ友達だったという場合。「この子はどんな子なんだろう。2人きりになるとどんな感じになるんだろう。」と興味が出ます。そこであなたをデートに誘ったのかもしれません。

つまりは、好きになったわけではないけれど気になっている。もっとあなたを知りたい。という心理からデートに誘っているのです。もちろん、興味がなければデートに誘いません。このデートをきっかけに恋愛に発展するということは十分にあり得ます。

もし、あなたも男友達のことを少しでも意識していたのであれば、このデートはチャンスです。一気に恋愛に発展するかもしれませんよ。

6.単に暇だから

その男友達は何も考えていません。心理も何もないのです。デートという意識もなければ、女の子を誘ったという感覚もありません。ただ単に、次の休みの予定がなかったので、隣にいたあなたに予定を聞いてみた。そしたら、あなたも空いていた。ただ、それだけのことかも・・。

「来週日曜バイトなくなったんだよね。何しようかな。」

「私も来週日曜バイトないんだよね。」

「まじ?じゃあどっか行く?」

こんなやりとりで決まったデートであれば、最初から誘うつもりはなく、予定が合ったので暇だし誘ったということでしょう。もしデートに行くにしても期待せず、友達と遊ぶ感覚で向かった方がいいですね。

7.行きたい場所がある

行きたいけれど1人で行くには気まずい場所ってありますよね。

  • 新しくできたレストランやカフェ
  • イベント
  • 美術館や博物館

行けなくはないけれど、このような場所に男性1人で行くというのは勇気のいることです。このような行きたいけれど、1人では行けない場所がある人は、気軽に誘える女友達に声をかけます。

「美味しいパンケーキのお店見つけたんだけど、男1人じゃ行けなくて。ついてきてくれない?」なんて誘いの時には、行けないことを口実にあなたをデートに誘っている場合と、本当にただ行きたいからついてきてほしい場合があります。

この見極めは難しいですが、実際にデートしてみて、本当にパンケーキだけ食べてバイバイするようであれば行きたかっただけでしょう。パンケーキを食べて、街をぶらぶらして映画まで行くのであれば、パンケーキは誘う口実だったということです。

目的を達成するだけなのかどうか・・。デートしてみて男性の心理を探ってみましょう。

8.もしかして良い関係になれるかも

男性には必ず下心というものがあります。いくらあなたが男友達と思っていても、相手はあなたを女としてみています。デートに誘って、あわよくば夜も一緒に過ごせるかも?なんて下心を持っている人もいるのです。

彼女がいない男性は、女性との関係を本能で求めています。今自分にもっとも身近にいる女性がその関係になれる相手だと思っているのでしょう。友達であるあなたをデートに誘い、一緒にお酒を飲んで、そのままエッチなことができたらいいな・・なんて企みがあるのです。

デートのお誘いが夜からでお酒の席である場合は、下心があるかもしれません。デートするのであれば注意してください。

9.誰かいい女の子紹介してもらおう

彼女がほしいけれど、あなたのことは友達と認識していて、女性としてはみていない場合。デートに誘っておいて、実はいい女の子を紹介してもらおうなんて思惑の人もいます。

仲の良い女友達であれば、自分の理想を告げておけば誰かヒットする人を紹介してもらえると思っているのです。そのためには、まず女友達との関係を深めて自分の理想を伝えなければなりません。そのためにデートに誘ってきたのです。

デートしたものの、他の女性の話ばかりするようであれば紹介してほしいというアピールです。ここは潔くあなたの友達を紹介し、交換条件にあなたも素敵な男性を紹介してもらいましょう。

10.なんか勢いで誘った

友達として話していて、盛り上がった時。例えば、好きな食べ物や趣味が同じだった場合に、その場の雰囲気で勢いでデートに誘っていることもあります。

  • 「ラーメン好きなの?俺もすごい好き!新しくできたところあるから、次の休み行かない?」
  • 「アニメ映画いいよね!じゃあ次の休み○○観に行こうよ。」

話が盛り上がった流れで誘われたデートの場合には、勢いだけで誘っています。深い気持ちはなく、もしかしたら誘ったことすら忘れているかもしれません。

こんな時には、改めてLINEやメールで「前に言っていたやつ、ほんとに次の休み行くの?」と確認をとってみましょう。そこで具体的な話になるか、はぐらかされるかで男性の心理もみえてくるでしょう。

嫌いではないというだけ

デートに誘われたからといって、脈ありというわけではありません。ただ、あなたを嫌いではないということだけは確かです。あまり先走りせずに、相手の様子を伺いながらデートを楽しめばいいでしょう。もし、相手がその気なら、必ず何らかのアクションを起こすはずです。

興味がある方は、家飲み前に絶対確認!男友達と宅飲みをする際の注意点9つこれで診断してみよう!モテ期がくる時の前兆10選も併せてご覧ください。

スポンサーリンク