彼に告白をして、気持ちを伝えたい!だけど、怖くて言えない・・。その気持ち、よくわかります。大好きだからこそ、怖くなるんですよね。一体、どうしたら彼に気持ちを伝えることができるのでしょうか?今回は告白できない理由と勇気の出し方を紹介します。

スポンサーリンク

告白できない理由4つ

大好きな人に気持ちを伝えたい。それなのに、なぜ言えないの?その理由をまず確認していきましょう。

1.悪い結果ばかり考えている

「もし振られたらどうしよう?」そんなふうに、悪い結果ばかり考えていませんか?または、告白した時に困惑する彼の顔をリアルに想像してしまったり・・。このような悪いイメージばかり持っていると、なかなか告白できません。

勇気を出すためには、「きっといい結果になる!」と希望を持って臨むことです。もしくは、「別に彼にどう思われてもいいから、とにかく伝えよう!」そうやって結果を手放してしまう方法もあります。

とにかく、彼がなんと返事するのかと結果にばかり執着しないようにしましょう。「伝えられればそれでいい」と思えれば、勇気も出るはずです。

2.まだ告白する段階じゃない

告白する勇気が出ないというよりは、心のどこかで「まだ告白しない方がいいような気がする・・」と思っていませんか?それは今告白しても、成功率は低いかもという気持ちの表れともいえます。

ただ闇雲に結果を怖がることと、「まだしないほうがいいかも・・」と冷静に判断すること。これは似ているようで違います。「まだ告白する時期じゃない」と思えるなら、それは「もっと彼と仲良くなれてからの方が、告白が成功するかも」ということのサインなのです。

勇気が出ないだけなのか、タイミングを見計らっているだけなのか。自分の心に耳を傾けて、しっかり考えてみましょう。

3.自分に自信がない

日本の女性はなかなか謙虚な人が多いです。とても可愛くて魅力的なのに、「私なんて可愛くないよ!」と卑下してしまう人がほとんどです。自分の魅力は自覚しにくいものですよね。

告白できないのは、そんな自信のなさが原因なのかもしれません。だけど、卑屈な態度で告白しても、彼の心には響きません。自信なさげな営業マンからは、誰も商品を買いたがらないのと同じです。

ぜひ、「私は魅力的なんだ」と自分に言い聞かせてください。そして女磨きに励んで、自分に自信をつけましょう。きっと告白する勇気が出てくるはずです。

4.今の関係を壊したくない

彼と友達としていい関係が築けている場合。「今の関係を壊したくない!」と思うと、告白するのも怖くなってしまいますよね。

確かに一度告白してしまうと、もう友達には戻れない男女がほとんどです。もし振られたら、お互い意識してしまって、絶対普通の態度じゃいられませんよね。

告白というのは、今の関係を壊すかもしれないリスキーなものです。「もう友達でいられなくてもいいから、とにかく気持ちを伝えたい!」そういう覚悟が決まった時に、告白したほうがよいでしょう。

告白する勇気の出し方6つ

どうしても怖くて告白できない・・。そんな時は、どうしたらいいのでしょうか?ここからは勇気の出し方を紹介します。

1.メリットとデメリットを比べる

告白した時としなかった時。それぞれのメリットとデメリットを冷静に比べてみましょう。

告白すれば彼と付き合えるかもしれないけれど、もし振られたら友達じゃいられなくなるかも・・。逆に、もし告白しなければ、今のままの関係でいられる。でも彼女になれないし、他の女性に彼をとられてしまうかも・・。

比べてみたら、どんな感じがしますか?勇気を出さなければ、彼との関係は何も変わりません。でも、何もしないで他の女性にとられた時、後悔しないと言えますか?それを想像したら、きっと勇気が出てくるはずです。

2.もっと仲良くなって告白の成功率を上げる

告白する勇気が出ないなら、「今告白すれば絶対成功する!」と思えるまで成功率を高めることです。具体的には、彼にもっとアプローチをして親密になりましょう。

なんとなく、まだ告白していないけど、付き合うまで秒読みな雰囲気ってありますよね。友達以上恋人未満の段階ですね。彼とそこまでいけることを優先してください。

まずは彼をデートに誘って、お互いをもっとよく知りましょう。そして、あなたからの好意を少しずつ小出しにしてください。脈ありなら、彼もきっとそれに答えてくれるはず。「今ならいける!」と思えれば、勇気も自然と沸いてきますよ。

3.言葉ではなく態度で伝える

「好き!」と言う勇気がないなら、言葉ではなくて態度で示してみてはいかがでしょうか。彼を2人きりでデートに誘って、次のことを試してみてください。

  • じっと彼を見つめてみる
  • そっと彼の肩に寄りかかる
  • 手を繋いでみる

ものすごく鈍感な男性でない限り、これだけすれば、あなたの気持ちは伝わるはず。それにこんなさりげない行動なら、万が一振られる時も、気まずくありません。

もし彼にも気持ちがあれば、手を握り返してくれるはずです。もしダメなら、何も言わずにそっと体を離してくるはず。あなた自身は、その後は何事もなかったかのように振る舞えばいいだけです。

4.「話したいことがあるの」で様子見

どうしても勇気が出ない時は、告白する前に彼の気持ちを探ってみましょう。具体的にはLINEで、「話したいことがあるの」と意味深に彼に送ってみるのです。

彼から即座に返信がきて、「え?話したいことってなに?」と食いついてくる。もしくは、「俺も話したいことがあるんだ」と返ってくる。これは脈ありの可能性が高いです。

逆に、既読スルーされたり、しばらく返信が返ってこない。もしくは「忙しいから」とはぐらかす・・。これは、あなたの好意に薄々気がついていて、気まずく感じているのかもしれません。

このように、まず様子見をして脈ありだったら自然と勇気も出るはずです。彼が素っ気ない態度をとるなら、まだ告白は待ったほうがよさそうです。

5.友達に背中を押してもらう

恋愛の悩みを抱えている時、頼りになるのは女友達です。「告白したいんだけど、勇気が出ないの!」と甘えてみましょう。

友達は客観的にあなたのことを見ているからこそ、的確なアドバイスをくれるはず。もし2人がいい感じだと思ったら、「きっとうまくいくよ」と背中を押してくれます。ぜひ、信頼できる友達に相談してみましょう。

ここで注意したいのは、口が軽い友達に相談してしまうと、告白する前に彼にバラしてしまうかもしれません。相談する相手は慎重に選んでくださいね。

6.言わせる方向に仕向ける

いろいろやってみたけれど、どうしても告白する勇気が出ない!そんな時は、彼から告白してくれるように仕向けるしかありません。

時間をかけて彼と仲良くなって、好意を態度で匂わせましょう。2人の関係がいい感じになってきたら、彼をデートに誘って告白しやすい雰囲気を作るのです。

やはり女性から勇気を出して言うよりも、男性から言わせた方が恋愛は成就しやすいです。まっすぐぶつかっていくだけでなく、ちょっと駆け引きするような・・。そんなずるさがあっても、いいかもしれませんね。

悔いを残さないように!

大好きな人に告白するって、ものすごく勇気のいることです。だけど、怖がって伝えないままでいると、「あの時言えばよかった・・」と一生悔いが残るかもしれません。そうならないように、今回紹介したことを参考して勇気を出してください。

興味がある方は、片思いの相手からYESを引き出す告白の仕方9選成功率を上げるLINEでの告白の仕方9選も併せてご覧ください。

スポンサーリンク