「お前と一緒にいると疲れる・・」そんなこと彼氏に言われたら、ショックでなかなか立ち直れませんよね。一体自分の何が彼氏を疲れさせているのか?悩んでしまうことだと思います。

そこで今回は彼氏を疲れさせる女の特徴を紹介します。何個当てはまっているかチェックしてみてください。

スポンサーリンク

1.わがまま

ちょっとだけわがままな女は、むしろ男に好かれます。自分の欲望に正直で、ほどよく男を振り回す子猫ちゃんみたいなところが、男心をくすぐるんですね。

だけど度を超えたわがままだと、相手を疲れさせるだけです。好かれるわがままと疲れさせるわがまま、その違いなんなのでしょうか?それは、彼氏に対する思いやりがあるかどうかです。

相手の気持ちや都合を全く考えず、自分の希望ばかり通そうとする。こんな彼女では、相手はうんざりしてしまいます。

2.感情の起伏が激しすぎ

嬉しい時に思い切りはしゃいだり、涙もろくて感動するとすぐ泣いてしまったり・・。そんな感情表現が豊かな女性は素敵ですよね。だけどその一方で、感情の起伏が激しすぎて相手を疲れさせることもあります。

何か嫌なことがあるとめそめそ泣いたり、すぐ「もう死にたい!」と鬱っぽくなったり。気に入らないことがあると、怒ってものを投げたり彼氏に暴力をふるったり・・。

このように激しすぎる彼女だと、彼氏は嫌になってしまいます。「さっきまで機嫌良さそうだったのに、なんでいきなりキレだしたの?」と、相手のことが全くつかめずに恐怖すら感じてしまうのです。

3.いちいち言うことが重い

重たい女性は男から敬遠されがちです。そのため、彼女が重たい感じだと、彼氏としては軽く引いてしまいます。

「ずっと一緒にいようね」と明るい感じで言われれば、愛情を感じて嬉しいです。だけど、「死ぬまで一緒にいてね」「あなたがいないと生きていけない」などなど、意味は同じですが、彼氏が受ける印象は大きく変わります。

重たいことを度々言われると、なんだか彼女に依存されている感じがして、彼氏は逃げ出したくなってしまうのです。愛情を伝えたい時は、「1人でも生きていけるけど、あなたといるともっと楽しい」そんな軽やかなニュアンスで伝えられると良いでしょう。

4.頻繁すぎるLINE&返事を強要

あまりにも頻繁すぎるLINEは、彼氏を疲れさせます。大人の恋愛で大切なのは、ほどよい距離感。四六時中彼女からLINEが来ると、彼氏はなんだか束縛されている感じがして疲れてしまいます。

もっと最悪なのは、返事を強要することです。お互い仕事中なのに一方的に送ってきて、少し返事してないだけで「なんで返さないの?」「昼休みに返せるでしょ?」「もう仕事終わったんでしょ?」と追求してくる・・。こんな彼女にはどん引きです。

多少返事が遅くても、「仕事や飲み会で忙しいのかも」と相手の立場になることが大切です。また、LINEをたくさん送るよりは、普段は連絡はあっさり目でデートの時にたっぷり愛情表現するほうが効果的です。

基本的に、彼氏が連絡してこない限りこちらからもしない。そのくらい距離感があるほうが、彼氏に飽きられずに恋が長続きしますよ。

5.常に一緒にいたがる

なるべくあっさりした関係性のほうが恋は長続きします。反対に、常に一緒にいたがるなど、あまりにもべったり寄りかかられると、彼氏は疲れてしまいますし、あなたにすぐ飽きます。呼ばれなくても勝手に家に来てべたべたされると、特別感が薄れてしまいますよね。

それに人によっては、「彼女のことも好きだけど、1人でいる時間や友達と遊ぶ時間も大切だ!」と考えるものです。彼氏といい関係を築くためには、お互いの趣味や友達にかける時間も必要ですよ。

6.バリバリ働いて稼ぎまくる!彼女が優秀すぎる

知的だったり、仕事に一生懸命だったり。そんな女性は男に愛されます。だけど、あまりにも高学歴だったり高収入だったりすると、かえって男は気疲れしてしまいます。

なんだかんだ言っても、男性はプライドが高い生き物。付き合っている彼女よりも、少し上に立っていたいのです。そのため、彼女が自分よりもあまりに優秀だと少し引いてしまうのです。

最初は向上心が強い彼女に引かれていたけれど、バリバリ働いて自分より出世してしまった・・。男のプライドがへし折られ、なんだか彼女と一緒にいるのが疲れてきた。恋愛にはよくあるパターンです。

7.結婚のプレッシャーがすごい

結婚適齢期の男性なら、「今の彼女といつか結婚したいな」という気持ちがどこかにあるはず。そんな時に、彼女から「いつ結婚するつもりなの?」と急かされる。これでは結婚への淡い希望も消えてなくなります。

そして男はプレッシャーに弱い生き物です。結婚を迫られるだけで、ものすごく追いつめられている気がして、すぐに逃げ出したくなってしまうのです。

「早く結婚して!」というプレッシャーは、彼氏の気持ちを無視した自己中なものです。結婚に焦りすぎると相手のことを思いやれなくなり、結果的に彼氏を疲れさせてしまいます。

8.人の話を全く聞かない&一方的にしゃべりすぎ

会話というのはコミュニケーションの基本です。それなのに、なんだか話がかみ合わなくて、言葉のキャッチボールが成り立っていない・・。こんな人と一緒にいると、男女関係なくどっと疲れを感じるものです。

人の話を聞く余裕がないということは、相手を受け止める余裕がないということです。そこには、「相手が会話を楽しめているかな?」という思いやりもありません。また、自分の話ばかりの女性は、自己主張が強すぎて相手を疲れさせてしまうのです。

彼氏に対しては、どうしても甘えが出て、自分の話ばかりしてしまう女性もいるかもしれません。だけど、実は彼氏が「俺の話も聞いてくれよ!」とうんざりしている可能性もあります。

9.うるさい&常にテンションが高い

男性は確かに明るく元気な女性が大好きです。だけど、それにも限度があります。常にハイテンションで甲高い声でぎゃーぎゃー騒ぐ。こんな調子では、疲れさせるだけでなく、なんだか品がなく見えます。

彼氏が元気いっぱいな時にははしゃぎ、まったりしたい時にはスローダウンできる。そんなふうに、彼氏のテンションに合わせることが大切ですね。

10.愚痴&悪口が多い

仕事で悩んでいる時に、彼氏にぽろっと愚痴を言う。それくらいなら、むしろ可愛いものです。だけど、会う度に延々愚痴りまくったり、職場の同僚や友達の悪口三昧だったり・・。これでは彼氏はうんざりしてしまいます。

基本的に、男は明るい女性が大好きです。ですので、彼女にはネガティブなことや人の悪口を言ってほしくないんですね。普段は彼氏自身も仕事でストレスが溜まるからこそ、デートの時くらいは明るく優しい彼女に癒されたいのです。

お互い普通に生きていれば、何かしら愚痴や不満は出てくるものです。だけどデートの度に暗い話をしていては、彼氏の気持ちまでどんよりさせてしまいます。愚痴を聞いてもらうのは、どうしてもしんどい時だけのほうが無難です。

普段は明るいけれど、たまに愚痴を吐いて甘えてくれる彼女なら、彼氏も愛おしく感じるはずですよ。

疲れさせる女ではなく癒す女を目指そう

いかがでしたでしょうか?この記事が、「私のここが彼氏を疲れさせているんだ!」と気がつくヒントになれば幸いです。自分の何が悪いかに気がつければ、もう問題は半分解決したようなものです。

彼氏といつまでも仲良しでいるために、彼氏を疲れさせる女は卒業して、逆に彼氏を癒せる女性になりたいですね!彼氏を癒したい女性必見!男性の癒し方10選一緒にいて疲れる友達の特徴6つも参考にしてみてください。

スポンサーリンク