いつもイライラしていて、いるだけで場の空気がピリピリしてしまう・・。そんな人、あなたの周りにもいませんか?心に余裕がない人って、近くにいるだけでなんだかストレスが溜まってしまいますよね。

いつもカリカリしている人と、今後どのように付き合っていけばいいのか悩ましいものです。この記事で一緒に、心に余裕がない人について考えていきましょう。

スポンサーリンク

心に余裕がない人の特徴5つ

心に余裕がない人は、一体どのような特徴を持っているのでしょうか?まず確認していきましょう。

1.まわりを気遣う余裕がない

心に余裕がない人は、常に自分のことでいっぱいいっぱいです。ですので、他人のことを思いやったり気遣う余裕がありません。

気遣いがない人からは、どんどん人が離れていきます。心に余裕がない人は自分がなぜ嫌われているかわからず、他人に執着してさらに嫌われる・・。まさしく悪循環なんですね。

自分が嫌われている原因を自覚して反省できれば、少しは人間関係もよくなるはず。だけど心に余裕がない人は、そんなことを考える心のゆとりがありません。その結果、「なんで私を嫌うの!」とキレたり、好意を押しつけたり・・。人の気持ちを思いやれず、さらに空回りしてしまうのです。

2.自分の話しかしない

心に余裕がない人ほど、「私に注目してほしい!」という気持ちが強いです。いわゆる自己承認欲求というやつですね。毎日不満ばかりだし、自分にも自信がない・・。そんな気持ちがあると、自分の話ばかりしてしまう人が多いです。

心に余裕がない人は、他人に対して関心を抱く余裕もありません。とにかく自分を認めてもらいたい一心なので、話題がいつも自慢話だったり、自己主張ばかりしてしまうのです。

そして彼らは自分のアピールに必死すぎて、他人に嫌な思いをさせていることに気がつきません。「相手が退屈するから、人の話もちゃんと聞こう」そう考える余裕すらないんですね。

3.人の幸せを喜べない

失恋したり、仕事がうまくいっていなかったり・・。自分の心に余裕がない時は、人の幸せを素直に祝福するのは難しいですよね。彼氏にふられた直後に友達から結婚報告を受けて、心から「おめでとう」を言える人は少ないかと思います。

同じように、心に余裕がない人は、常に人生に不満を抱いていたり、イライラしているので、人の幸せを喜ぶことができません。「私はこんなに辛いのに、あの子ばかり幸せでずるい!」と妬んでしまうのです。

4.いつも何かに依存している

心に余裕がない人は、常に不安や不満を抱えています。そして、それを何かに依存することで誤魔化そうとします。

例えば友達がいなくて働くことも嫌いな女性は、彼氏にべったりで恋愛依存気味だったり。寂しさのあまり、暇な時間は常にSNSを覗いているスマホ依存だったり・・。

何かに多少依存するのは、誰にでもあることです。だけど心に余裕がない人は、自分をコントロールすることができないので、日常生活に支障をきたすくらいにどっぷりハマってしまうのです。

5.イライラを他人にぶつける

普通の人なら、イライラや怒りなど、ネガティブな感情はなるべく隠そうとしますよね。常識的な感覚があれば、「カリカリすると場の空気が悪くなる」「暗い顔をしていたら周り人を心配させちゃう」など、人の気持ちを思いやることができるはずです。

一方で、心に余裕がない人は、他人のことはお構いなしです。常に自分の気持ちでいっぱいいっぱいなので、イライラも悲しみも、すべて隠さず他人にぶつけてしまいます。

また、自分の感情をうまくコントロールできないので、イライラを上手に発散することができないんですね。自分の心が思い通りにならない苛立ちを、さらに他人にぶつけてしまうのです。

心に余裕がない人への上手な対応5つ

あなたの周りにも、心に余裕がない人が1人はいるはずです。そんな人と上手に付き合っていくには、どうしたらいいのでしょうか?適切な対応を紹介します。

1.話を聞いて認めてあげる

心に余裕がない人は、基本的に心が満たされない人が多いです。いつも寂しい思いをしていたり、イライラして欲求不満を抱えていたり・・。そんな気持ちが余裕のない態度に繋がって、さらに人を遠ざけてしまいます。

彼らは常に「人に認めてもらいたい!」「話を聞いてもらいたい!」と感じています。ですので、ちゃんと向き合って、話をじっくり聞いてあげる。そしてたまには褒めたり「頑張ってるんだね」と認めてあげる。そうすれば、心に余裕のない人も少し落ち着くはずです。

2.仲良くなりすぎないよう注意

心に余裕がない人を敵に回すのは危険です。ですので、ほどほどに嫌われないようにするのが大切。だけど、仲良くなりすぎるのも注意が必要です。

心に余裕がない人は、いつもカリカリしているので友達があまりいません。そんな中で優しくしてくれる人がいたら、不必要に懐かれてしまいます。

一度仲良くなると、依存されて嫌な思いをする可能性もあります。ですので、つかず離れずの距離を保つようにしましょう。可能であれば、なるべく関わらないようにするのがオススメです。

3.愚痴や人の悪口はさらっと流す

心に余裕がない人は、とにかくネガティブな話題が多いです。毎日のように愚痴を聞かされたり、延々と誰かの悪口を言っていたり・・。こんな会話に付き合っていると、あなたまで精神的に病んでしまいます。

ネガティブな話題が出たら、とにかくさらっと流すようにしましょう。ここで「そんなこと言わないほうがいいよ」なんて反論してしまうと怒りを買います。ですので、「へー」「そうなんだー」と適当な返事で流すことです。

また、「そっか。ところで昨日テレビで見たんだけどさー」なんて、強引に別の話題にしてしまうのもオススメですよ。心に余裕がない人も、「この人に話してもちゃんと聞いてくれない」と思えば、絡んでくることも減るはずです。

4.結婚話や彼氏などのプライベートの話をあまりしない

心に余裕がない人は、他人の幸せを喜べる余裕がありません。それどころか、幸せな人を勝手に妬んで恨みがちです。ですので、彼らの前ではあまり幸せな話題を出さないのがベターです。

婚約をしたとか、彼氏が優しくてイケメンだとか・・。そういう話題は、嫉妬を買う原因になります。ですので、なるべくプライベートな話をしないようにしましょう。

恋愛や結婚以外にも、家族や学歴、仕事の話など、思わぬ話題で「それって自慢?」と誤解される可能性もあります。心に余裕がない人の前では、とにかく話題選びに慎重になるべきです。

5.何を言われても気にしない

心に余裕がない人は、他人を攻撃してくることも少なくありません。相手は悪くないのに、ちょっと気に入らないというだけで、きつく叱ってきたり、辛く当たられたり・・。

そんな時に、「私何か悪いことしちゃったかな?」なんて反省するのは無意味なことです。心に余裕がない人の怒りは、八つ当たりのようなものです。ですので、あなたが自分を責める必要はまったくありません。

とは言っても、きついことを言われるのは辛いですよね。ですので、心に余裕がない人には近づかないのが一番です。どうしても関わらないといけない時には、何を言われてもさらっと流す心の強さを持ちましょう。

心に余裕のない人を反面教師にしよう!

心に余裕がなくいつもイライラしていて、やたら攻撃してくる・・。こんな人と一緒にいると、気分が悪くなりますよね。だけど、誰でも心に余裕がなくなることはあるものです。いつもカリカリしている人を反面教師にして、なるべく心のゆとりを持っていきましょう!

よかったら、めんどくさい友達の恋愛相談に疲れたときの対処法10選女同士の付き合いがめんどくさいと思う8つの瞬間も併せてご覧ください。

スポンサーリンク