カップルの連絡の手段といえば、今やLINEが主流となっています。会えない時にはLINEを使って二人の距離を縮めているカップルも多いでしょう。しかし、LINEは使い方によっては、二人の距離を遠く離してしてまうものになることも・・。

では、長続きするカップルのLINEには何か共通点があるのでしょうか?今回は長続きするカップルのLINEの共通点を紹介します。

スポンサーリンク

1.文章が簡潔

長続きするカップルのLINEは、驚くほどに短く簡潔な文章で会話をしています。いちいちLINEをする時に、長々と文章を作っているのではだんだん面倒になります。特に男性はその思いが強いでしょう。

  • 「今起きた!」「おはよー!」
  • 「今から飲み会!」「いってらっしゃーい!」

このようにお互い一言だけ言葉を送り合う内容がほとんどで、余分な言葉はありません。なんだか淡泊すぎない?なんて思うかもしれませんが、これが長続きする秘訣です。

短い文章でもお互いわかり合い、信頼し合えていることで、窮屈な思いも面倒な思いもすることはありません。こんな一言のLINEを送り合うことが、愛情を保ちながら長続きさせるためには必要なのです。

2.スタンプだけで会話が成立する

LINEの特徴や魅力といえば、多種多様なスタンプがあることです。元々LINEの機能の中に入っているスタンプもありますが、その他にもダウンロードをすれば数百種類のスタンプがありますね。

このようなスタンプを有効活用しているカップルは、長続きするカップルと言えるでしょう。文字をうたなくても、スタンプだけで会話ができてしまうようなカップル=意思疎通ができているということです。

  • 「遅刻しそう」→クマが走っているスタンプ
  • 「ごめんね」→クマが泣きながら謝っているスタンプ

この二つのスタンプが彼氏から送られてきます。

  • 「怒っている」→うさぎが怒っているスタンプ
  • 「早くこい!」→うさぎが怒って手招きしているスタンプ

彼女はこの二つのスタンプで返事をします。

遅刻している彼氏に彼女は怒っているのですが、スタンプで会話をするとなんだか笑える会話になります。これを文字にすると喧嘩に発展してしまうかもしれませんからね。

スタンプで上手く会話ができるカップルは、なんでもユーモアに変えて楽しく過ごすことができるので長続きするのです。

3.既読スルーは気にしない

LINEといえば、送った文章を読んだか確認できる「既読」機能があります。既読の文字がついたのに返事がないことを既読スルーと言い、文章を読んだのに無視をされたと受け取る人も中にはいるのです。

長続きするカップルは、この既読スルーを気にしません。いちいち、「既読になってるのに、なんで返事くれないの?」なんて返事を催促するようなことはありません。むしろ、「読んだ」のであればそれで良かったと思うくらいです。

お互い連絡したい時にする!このような重荷にならない関係を作ることができれば、きっとそれが長く続く秘訣なのです。

4.LINEの機能を最大限に使用する

LINEは文字やスタンプで会話をすることで人気に火がつきましたが、今は他にも様々な機能があります。LINEに写真や動画を送ることもできますし、二人のアルバムを作成することもできます。

また、LINEでも声でメッセージを届けるボイス機能や、LINE無料通話機能もあります。長続きするカップルは、このようなLINEの機能も二人で活用しているのです。

ただ文字だけでやりとりするのではなく、それ以外の楽しいことも共有しているので相手のことをわかり合える関係が築いていけるのです。

5.スタンプで笑い合える

会えない時でも、くだらないことで笑い合える関係というのは素敵ですね。そんな時間があれば、会えなくても相手を近くに感じ癒されます。LINEをしていて思わずクスッと笑ってしまうことはありませんか?それは面白いスタンプを見た時ではないでしょうか。

先ほども紹介したように、今は多種多様なスタンプが数百種類と出ています。可愛いだけではなく、おじさんやお坊さんの不思議な言葉のついたスタンプもあります。そんなスタンプを二人でダウンロードし、無意味に送り合って笑い合っているのです。

特に用事はないけれど、スタンプを送って笑わせる。そんなことをしている二人は、離れていても楽しく相手を感じることができ、長続きするカップルとなるのです

6.大事な時にはきちんと文章を作る

先ほど紹介したように、長続きするカップルのLINEは短く簡潔です。しかし、これは通常の二人の時であれば・・という話!長続きするカップルは、その時の状況に応じてLINEの使い方を考えることができます。

例えば喧嘩してしまって、相手に自分の気持ちを伝えたい時。直接会って伝えたり電話すると上手く言えないことも、文字にすると伝わる時もあります。LINEで長く丁寧な文章をきちんと作り、一生懸命に自分の気持ちを文字にして相手に送るのです。

そのメリハリがあるからこそ、長く続くカップルとなることができるのです。

7.可愛く愛情も伝え合う

LINEで毎日のように「私のこと好き?」「大好きだよ」「どれくらい好き?」「宇宙で一番好きだよ」なんて会話をしていては疲れてしまうかもしれません。このような会話は付き合いたての数ヶ月のみで十分ですね。

だからといって、まったく愛情表現がないのもいけません。付き合いが長くなるとお互い相手への気持ちを伝えなくなってしまいがちですが、それをサラリと可愛く伝えることができるカップルこそが長続きするのです。

ポイントはサラリと可愛くです。例えば「おやすみ」と送った後に、スタンプでうさぎさんが投げキッスをしているようなスタンプを送ったり、会話の中に「会いたい」「好き」というセリフのついたスタンプを送るだけでも良いのです。

このように重くなく可愛く愛情を伝え合えるカップルは、長く続くのです。

8.挨拶は欠かさない

LINEは用件のみを送るというカップルは多いです。特に用事がないと連絡がなくなってしまう!こんなカップルもいますからね。しかし、それでは長く付き合っていくのは難しいでしょう。

「およはう」「いってきます」「ただいま」「おやすみ」これらを一緒にいなくても当たり前のように相手に送れるカップルは、もう自分の生活に恋人の存在がいるのが当たり前なのでしょう。そう思えるカップルが長続きするのは当然のことかもしれませんね。

9.思ったことはストレートに伝える

普段言えないようなことも、LINEだからこそ言えるということもあります。なんでもかんでも言えば良いというわけではありませんが、かといってなんでもかんでも我慢すれば良いというわけでもありません。我慢していると、いつかそれが大きな不満になってしまいますからね。

長続きするカップルは思ったことをLINEでストレートに伝えることができます。LINEだからこそ言える、そして解決できることをわかっているのです。きちんと伝えて解決することで、二人はまた一つ絆を深めていく・・。これが長続きするためには大切なことかもしれませんね。

LINEに縛られないことが大切

長続きするカップルのLINEの共通点を紹介しました。LINEは便利な連絡ツールです。だからこそ、このLINEに縛られないようにしなくてはいけません。あくまでも、一つの連絡手段として上手く二人の仲を深めていけると良いですね。

興味がある方は、彼氏が彼女とのLINEをめんどくさいと感じるとき10選お前ウザい!LINEで嫌われるしつこい女の6つの事例も併せてご覧ください。

スポンサーリンク