あまりに積極的で強引な彼氏だと、一緒にいて疲れてしまいますが、反対におとなしくて消極的すぎる彼氏も、イライラして疲れてしまうことがあります。なんでうちの彼氏はこんなに消極的なの?どうしてそんなにイライラさせるの!と悩んでいませんか?

そこで今回はイライラさせるおとなしくて消極的な彼氏のあるあるを、いくつか紹介していきます。これを読めば、私の彼氏だけじゃなかった!と少し安心できるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

1.レストランで店員を呼べない

二人でレストランに行った時。さぁ、何を食べようかと二人でメニューを見ます。そして食べたい物が決まったら店員さんに「すみません」と声かけます。

この流れは普通なら当たり前のように、彼氏が声をかけてくれるはずです。しかし、おとなしくて消極的な彼氏だと、この声掛けができないのです。店員さんを呼ぶことが恥ずかしくてできず、いつも店員さんを呼ぶのは彼女。

周囲を見ても、男性が普通にやっていることを、彼女に任せてくるこの消極的な彼氏に、レストランで食事をするたびにイライラがつのります。ファミレスのような呼び出しボタンがあるところの方が、安心して食事を食べに行けるのかもしれませんね。

2.いつもデートのお誘いは女性から

おとなしくて消極的な彼氏。付き合うきっかけとなったのも、おそらく女性の方から告白をしたのではないでしょうか?好きという気持ちがあっても、勇気が出せずに告白できないので、痺れを切らした女性の方が告白なんてパターンも珍しくありません。

それは付き合い始めてからも同じです。電話するのも、LINEやメールをするのも、デートのお誘いをするのも、いつも女性からです。

  • 「次の日曜空いてる?」
  • 「あの映画観に行かない?」
  • 「今度旅行しない?」

本当は彼氏に計画して提案してほしいような内容ですが、いつもそれをするのは彼女・・。だんだん、それが慣れて当たり前になってしまいますが、やはり不満は募りイライラ・・。これも消極的な彼氏あるあるです。

3.優柔不断で何も決められない

おとなしくて消極的な彼氏は、そのほとんどが優柔不断です。決断力がなく、物事を決めることが苦手なのです。さっきまでYESだったことが、人の意見に流されて簡単にNOになってしまうこともよくあります。

そんな優柔不断で、自分の意見も持たずにフラフラしてしまう彼氏に、彼女は男らしさを感じることができずにイライラします。「男なら自分で決めたことを貫き通しなさいよ!自分の意志を持ちなさいよ!」なんて説教したことのある人も多いのではないでしょうか。

ついつい母親のように怒ってしまうのも、おとなしくて消極的な彼氏をもつ彼女のあるあるかもしれませんね。

4.ここぞという時に決めてくれない

どんなにおとなしくても、消極的でも、ここぞという場面で決めてくれれば、それでチャラになることってありますよね。

いつもは消極的だけれど、彼女の誕生日は特大のサプライズを用意して、男らしく決めてくれたり。また、彼女が弱っている時には、強く男らしく抱きしめてくれたり・・。そんな一面があるだけで、女性は普段どんなに消極的でも許せてしまうのです。

しかし、本当におとなしくて消極的な彼氏は、ここぞという時にも決めてくれません。「今日私の誕生日だよ?」と思わず彼女に言わせてしまうような・・そんな有様なのです。

普段はもちろん、決めてほしい時に決めてくれず、彼女はどこで彼氏のことを見直して良いのかわからないまま、イライラとした気持ちだけが残ることに・・。心当たりありませんか?

5.彼女の友達に会うことを嫌がる

あまり社交的ではない彼氏は、人見知りで初対面の人が苦手です。社交的な彼氏なら、彼女の友達ともすぐに仲良くなることができて、友達ぐるみや家族ぐるみで楽しく付き合っていくことができます。しかし、おとなしい彼氏は、彼女の友達に会うことを嫌がります。

「俺はいいや・・」と、いつも大勢で会うことを避けるだけでなく、参加したところで、ほとんど話さずに静かに黙っているだけ・・。もう少し社交的になって、色々な場所に付き合ってほしい彼女がイライラするのも頷けます。

6.すぐに「ごめん」と言う

付き合っていると、小さなことが理由で喧嘩してしまうことがあります。その喧嘩は、彼氏が悪い時もあれば、彼女が悪い時もあります。また、どちらも悪くはなく、ただ意見がすれ違ってしまう時もあるでしょう。

そんな時は、きちんと理由を明確にしたいですよね?そうでなければ、いつまで経っても同じことを繰り返します。しかし、おとなしくて消極的な彼氏は、例え彼女の方が99%悪いような場合でも、すぐに謝ってしまいます。

「ごめん」と言えば、何でも解決すると思っているのです。争いごとが好きでないのはいいことですが、そんなすぐに謝る彼氏に「何がごめんなの?」と聞くと何も答えられません。当然ですね。

理由もわからずに、喧嘩が嫌だからということだけで、すぐに自分から謝ってくる彼氏。こんな彼氏に喧嘩のたびにいつもイライラさせられるのも、あるあるの一つです。

7.とにかく目立たない

おとなしい。そして消極的。このような彼氏は、目立つことが好きではありません。目立たずに地味に平凡に生きていくことを願っているようなタイプです。

目立つ男性は、どこにいても目立ちます。職場の中でも、友達の中でも、街の中でも、なんとなく目につき人が集まってくるのです。しかし、おとなしくて消極的な彼氏はどこにいても目立ちません。職場でも地味な存在。友達の中でもおとなしい存在。そんなタイプです。

もちろん、目立つことが良いというわけではないですが、たまには積極的に前に出てほしいと思う場面があるのも事実です。時々、男性として少し物足りなく感じてしまうのも、目立たない彼氏を持つ彼女のあるあるですね。

8.人のことを悪く言わない

おとなしく消極的な彼氏にイライラしてしまうことも多いけれど、良いところもたくさんあります。きっとそれを知っているから、付き合い続けているのでしょう。

例えば、人のことを悪く言わない、消極的な男性は多いです。おとなしい彼氏は、客観的に人を見る癖があります。人のことを自分なりに分析しているのです。

きっと良い部分だけでなく、悪い部分も見えているはずです。しかし、人の悪いところを口に出すことは滅多にありません。その人の両面をしっかり把握して、いつも上手にフォローすることができます。そのため目立たないけれど、その場にいなくてはならない存在。あなたの彼氏も、そうではありませんか?

9.コツコツ積み上げる努力家

もう一つ良いところを紹介します。おとなしくて消極的な彼氏は努力家です。自分ではその努力を言いませんが、人一倍コツコツと小さな努力を積み上げています。自分に自信はない人が多いですが、それをカバーするためにいつも努力をしているのです。

うさぎとカメのカメのようなタイプといえるでしょう。きっと何年かたった後には、その小さな努力が大きなものに変わります。今はなんの成果がなくても、彼女として見守っていれば大きなことを起こすかもしれません。

少しずつ彼氏を成長させよう

おとなしくて消極的な彼氏を持つと、イライラすることは日常茶飯事です。ただ、良いところもありますよね?長所を伸ばして、短所を改善できるように、少しずつ成長させてあげてください。

興味がある方は、優柔不断な男の心理を利用して結婚しようと言わせる方法6つイケメンじゃない彼氏が最高にかっこよく見える瞬間10選も併せてご覧ください。

スポンサーリンク