彼はまだ彼氏じゃないとわかっているのに、嫉妬がやめられなくて苦しい。彼に嫌われたくないと思いながら自然と嫌われるような束縛を仕掛けていたりしませんか?

あなたの切ない気持ちとは裏腹に、彼にプレッシャーや不安を与えるような言動を繰り返していては、ただの重い女になってしまいます。嫉妬を克服し、片思い期間を穏やかな気持ちで過ごす素敵な女子になるためのとっておきの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

1.彼のことを自分よりたくさん知っている人がいて苦しい

片思いでありがちな悩みの一つが、彼の周りの人に対する嫉妬です。彼の古い友人や仲の良い親友は誰よりも彼の側にいたいと願うあなたにとって、仲良くなりたいのに邪魔をする人物だとか自分よりも彼のことを良く知っていて苦しいと思うことがあるでしょう。

しかし、健全な人間関係は例え恋人同士だとしても世界に二人きりというわけにはいきません。仕事や学校生活、家族関係など人間はたくさんの人間に囲まれて生活するのが普通です。お互いしか見えない関係というのは単に依存し合っているだけなのではないでしょうか。

彼が素晴らしくあなたにとって魅力的なのは、彼らがいてくれたおかげなのです。彼らがいてくれて成長してこられたからこそ、彼は今日も健康に生きてこられてあなたにとって素敵な男性でいてくれます。

ですから、嫉妬をするのではなく感謝を心がけるようにしましょう。周りの人々が彼をよく知っていることに動揺する必要は無く、それは普通のことです。

あなたにも今まで自分を助けてくれた人たちがいるように、彼にも必要な人たちなのです。

2.彼が他の女性に楽しそうに微笑んでいると苦しい

頭でわかっているけどやられると辛いのがこの行動です。ついつい妬いてしまいますが、あなたはまだ片思いの状態であり、彼の彼女ではないことを思い出しましょう。

理性を働かせ、事実を基に考えることは嫉妬する気持ちを追いやるのに効果的です。クールダウンして落ち着きを取り戻しましょう。

そもそも男性というものは、女性に比べて異性への個体にこだわりがない人たちなのです。近所のおばあちゃんや小さい子供にでも褒められれば喜びます。一方女性は、自分にとって重要であると感じられる人間関係の間でしか喜ばないようになっています。嫌いなひとから褒められてもなんとも思わないのです。

ですから、彼には何の悪気もありませんし、ターゲットを絞っていようといまいとこの問題はいつもついてくるのです。

男として嬉しかっただけに過ぎないと考えて、スルーしてしまうのが良い方法だと思います。片思いの関係のままで彼に寂しいだとかあの人の側で笑っていて苦しいと気持ちを打ち明けても、重たいだけではないでしょうか。

3.彼にお似合いの女性を見ると苦しい

美貌や学歴が優れている人の隣に美女や才女を目にすると、ものすごく苦しい気持ちになることがあります。自分の関係と対比してあちらのほうがうまくいきそうだとか、自分はだめだから仕方がないと、モヤモヤした気持ちになってしまうこともあります。

相手の女性が女から見てもかわいらしく、親切だったりするとさらに強く劣等感を感じます。これは嫉妬です。心の中にある彼とは釣り合わないのじゃないかという不安が彼女を通して見えるのです。

自分にとってドキドキするほど素敵な人を選ぶのはいいのですが、緊張するほど素敵だとか何も言えない何も話せないレベルになると好きと憧れを混同していないか確かめる必要があります。自分が不安を感じないくらい努力すると同時に、彼の気持ちが重要なのであって誰が魅力的でも関係ないと割り切る強い心が重要なのです。

片思いとしては不利な状況ですが、彼女の良いところを吸収して自分もレベルアップしてやるわ!という意気込みでひそかに努力をするのが良いでしょう。

4.SNSでコメントや反応をチェックしすぎて苦しい

SNSで片思いの彼のアカウントを四六時中チェックしたり、友人等と遊んだ写真から人間関係や行動をいちいちチェックしたり、誰がどんなコメントをつけているかをくまなく調べて憂鬱になるのは嫉妬でしょうか?ずばり、それは嫉妬です。

あなたは「他の人と楽しくしているのね。私といる時とは大違いだわ」と大好きな彼に対してさえ辛辣な気持ちを向けてしまうこともあります。

見るなといっても見てしまうでしょうから、このような時には自分も予定を入れて打ちこめるものを見つけてください。あなた自身、寂しい気持ちがするでしょうが、そこは自分なりにストレスを解消するため行動を起こしましょう。映画でも旅行でもなんでも良いのです。

ネットはいつでもチェックできてしまうので自分の生活のリズムが乱される事が多いです。それで情緒不安定になり、彼を傷つけては本末転倒ではありませんか?自分のペースを守り情報を適度に無視し、しっかりと区切りをつけることで、彼と一緒にいる時間を楽しむことができるのです。

いつでも彼を画面から見つめて注意散漫でいるのは今すぐやめましょう。あなたのためになりません。

5.通行人をカワイイと目で追うだけで苦しい

男性どうしのコミュニケーションの中では、誰が一番カワイイかという話題で盛り上がったりします。そのような時、突き上げるような怒りや嫉妬や悲しみを覚えたことがあるでしょう。特に自分の好きな人が率先して「あの子カワイイ」と言っているところを見てしまったときなんて、言葉にならに感情が込み上げてきて、冷静ではいられなくなってしまうでしょう。

もし彼があなたの気持ちに気づいているなら、目の前でそのような発言をしないように気を配ってくれることもあります。しかし、今は片思いの身ですからそれを知る由もありません。彼は友人とあのアイドルや女優がカワイイという感覚で話をしているのであって、あなたを特別傷つけようとしたのではないことを十分に理解してください。

こういう時は、彼は単にその話で周囲の人とコミュニケーションをとりたかっただけなのだ!と考えて忘れてしまうのがいいでしょう。ここで、彼の好みに合わせて外見を変えようとする人もいますが、あなたはあなたらしくいるほうがいいと思います。

自分の気持ちに溺れない大人の女性になろう

嫉妬は相手の行動が原因に見えますが、自分の劣等感や考え方、現状の認識の仕方が原因で揺り起こされているものも多くあります。

感情的になってしまったら理性を働かせ、ストレスを解放するためのリラックスできる行動をとり、冷静に考えることが大切です。衝動的に相手に感情をぶつけずに処理することでお互い平和に過ごすことができるでしょう。

自分の気持ちに溺れずに、相手と良い関係が築けるよう心がけることを決して忘れないでください。

スポンサーリンク